2008年12月8日月曜日

アウトプットしながら成長していこう~参加賞を受賞して~

読書進化論~人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか~ (小学館101新書) (小学館101新書)

小学館101新書から出版されました勝間和代著「読書進化論」の読書感想文キャンペーンの受賞者(大賞1名、セレクト賞5名、参加賞20名)の発表がありました。

私がこの本を手にしたきっかけは、家族からのプレゼントで、それだけでも十分に大切な一冊でした。

その上、本の内容や、読書進化論の特設ホームページから、出版社さん、著者さん、印刷やデザインなどの形にしてくださる方、書店員さん他、一冊の本にかかわる人の「顔」や「想い」を知る体験が出来るなど、開かれた媒体となっており、読み手が積極的にかかわることが出来る可能性を感じることができました。

読み手が参加できる読書感想文キャンぺーンは、作り手の方に「こんな風に読みました、いい本を創ってくだってありがとうございました。」というメッセージを送ることができる機会でもあり、応募できること自体で十分満足していました。

今回、思いがけなく参加賞をいただけたことで、本当にうれしく思います

キャンペーンの内容、各受賞者の作品は下記のサイトから見ることができます。

小学館「読書進化論」のサイト


勝間和代さんの公式ブログ「私的なことがらを記録しよう!!」


勝間和代さんのブログ「勝間和代のBOOK LOVERS」


自分が本から受け取ったメッセージを自分の中だけに留めておくのではなく、「こんな風に役立ちました」「こう理解しました」とちゃんと表現していくことで、少しでも社会や自分が進化するきっかけになれば、「せのび道」は幸せです。

0 件のコメント: