2009年2月21日土曜日

勝間和代著「断る力」を読んで、自分軸の大切さに目覚める。


「自分軸」

勝間和代さん著「断る力」を読んで、これがなければ、何も断れないのだと教えられた。

主体的に生きる、自分の得意分野に集中する、得意分野を持ちよって、社会全体の生産性を高める。
自分の人生も他人の人生も大切にする生き方ができるのが理想だ。

そのためにはまず自分軸ありき。そして選択と集中のために「やらないこと」を明確にする。

それが出来て初めて、断る力は発揮される。

主体性をどんどん高めていきたい。

私はこう思う。私はこうしたい。常に常に頭で確認。

そして、断るときは相手を思いやって、自分にできることで十二分に補う。

そんなことが毎日スマートにできる30代をめざそう。

0 件のコメント: