2009年2月28日土曜日

引越しの季節

最近、引っ越し関係のトラックをよく見かけます。
新聞にも暮らしの知恵のコーナーなどで、「引越し」がテーマになっていたりします。

朝日新聞の「あなたの安心」から役立つ知識をまとめてみました。

見積もり編
・見積もりは6社ほどとる。最高値と最安値はさけて、下から2、3、4番目あたりを選ぶ。
・営業担当の訪問見積もりを依頼。内訳を明確に(解約時の金額を明確にするためでもある)してもらい、営業担当者に確実につながる連絡先、営業所を明示してもらう(責任を明確に)。
内金や手つけは絶対に生じない
・引越し料金の内訳は、基準運賃(車両、運転手)、実費(作用因、梱包材)、付帯サービス(エアコン、ピアノなどの特殊家具運搬)に分けられる。
・見積もり時に約款をこうしてもらう。
・約束事は書面に残す

引っ越し時編
粗大ゴミは自治体に連絡が一番安上がり。
段ボールは一人で運べる大きさ
本は箱の容量の7割
箱は品物と搬入先の部屋を明記・通し番号を振るのも良い。
搬入は手伝わない。万が一の時保障が利かなくなる
以前の住宅への置き忘れと、トラックへの置き忘れには注意

トラブル編
・キャンセルは当日で基本運賃の2割。前日の連絡で1割以内。
・雑な扱いはその場で注意。しっかり監視

0 件のコメント: