2009年3月6日金曜日

もっと!ヨクバリージョ~朝日新聞名古屋版~

朝日新聞の女性記者の方々が立ち上げられた「ヨクバリージョ」企画は、中部の女性たちに素敵な旋風を起こしてくれています。

今日の朝日新聞朝刊(名古屋版)にも、ヨクバリージョのシンポジウムで出演される輝く女性のクローズアップ記事が掲載されました。

「私ならでは」の提案や工夫を少しだけ盛り込むよう心がけました。その結果仕事の幅が広がった気がします。
と語られるのは、INAXの「EPOCH女性活躍推進室」室長、桑原靖子さん。

記事の最後に、女性が陥りがちな考え方をズバリ指摘し、ビジネスのルールを端的にアドバイス下さっています。以下記事より抜粋します。

女性の場合、「こんなに困っているのに・・・」と他人に依存した訴え方が多い。解決したければ「こんな支援があれば頑張れる」と相手に目的が伝わり気持ちよく動ける話し方を。それがルールです。

付加価値を生む心がけ、
周りの人が気持ちよく動ける工夫

頭も心もしっかり使ってこそ、できることだと感じました。

0 件のコメント: