2009年4月29日水曜日

フレームワークのある読書

勝間和代さんの「読書進化論」で学んだ、フレームワークのある読書。

自分なりのテーマを持ってから本を読んだり、書かれている内容をフレームワークに従って分類し、理解やアウトプットを迅速に簡単にすることを心がけています。

今読んでいるのは、次回の名古屋アウトプット研究会の課題本、トマス・フリードマンの「グリーン革命」
です。

グリーン革命(上)



グリーン革命(下)



「グリーン革命」は地球上に起こっている3つの巨大な現状について5つの問題を警告しています。

世界は、温暖化し、フラット化し、過密化しているというイメージをはっきり描くことができる本です。

オバマ大統領も熟読したといわれるだけあって、政策面での提言も多いです。
大学によっては、ハードな原書を1冊読んでプレゼン、という訓練をした方もいらっしゃると思いますが、
まさに社会人版ゼミ!

自分なりの解釈やまとめ、付随事項について、研究発表できるレベルになりたいと思います。

本を読んでアウトプットをする機会を多くし、より有効なフレームワークの使い方を実践したいと思います。

0 件のコメント: