2009年4月29日水曜日

SWOT分析

マーケッティングで用いられる分析法の1つであるSWOT。

要因を内部的なもの、外部的なものにわけます。

S strength・・・ 強み
W weakness ・・・弱み
O opportunity ・・・機会
T threat ・・・脅威

人生戦略を考えるにあたり、この手法を用いて、今後の目標を具体化させてみたいと思います。

人材の市場価値を採用側に立って考えてみると、どのようなスキルが必要か見えてくるはずです。

まず、私が採用側だったら、以下の点を重視すると思います。

・心身ともにタフであること
・自ら仕事を創り出せること
・人とのコミュニケーションがスムーズなこと
・すぐに処理する、動けること
・人として健全な生活を送っていること
・社会情勢、常識となる知識を持っていること
・視野が広いこと

これらは、30代の社会人としては当然身についていなければならない要素だと思います。それに加えて、強みを持たなければ、自分の市場価値を上げることはできないと思います。

また、どのような市場で自分を売りたいのか、というターゲットが明確でないと、強みも磨けなければ、弱みをカバーすることもできないと思いました。

事務職を長く続けてきた私にとって、「営業力」「プレゼン力」「企画力」などは、場数が圧倒的に足りないです。

しかし、日々の業務で磨くことは可能だと思っています。

例えば、来客への接し方は営業力のひとつです。
プレゼン力は上司への報告の仕方や、マニュアル作成などの「みせ方」等、受け手がふに落ちるような
形を常に続けることで磨かれると思います。
企画力は、職場の環境改善や、効率アップのアイデアの創出など。

要するに、心がけひとつで職場はレッスンの場になります。
しかし、これを「実績」として他者に語るには弱い気がします。

職場内で出来なければ、サークルやコミュニティで役割を買って出ることも必要だと思いました。

分析の手法を用いると、今まで自分がじっくり考えてこなかった事柄について、改めて問い直すことができるのがよいと思いました。

0 件のコメント: