2009年5月27日水曜日

「女装する女」著者 湯山玲子さんのイベント 


なんとパワフル!チャーミングで、かつ知的なキーワードをちりばめた面白すぎるトーク。



新潮新書から出版されている「女装する女」の著者、アートディレクターの湯山玲子さんの女性としての魅力が、これでもか、というほどあふれかえった会場でした。




このイベントは、5月24日(日)に名古屋アウトプット勉強会と月曜文学サロン合同で開かれました。



会場は、鶴舞のクラブ「RADIX」。実は私、クラブなんて言う場所は生まれて初めて行きました。



湯山さんが、ニューヨークのクラブカルチャーにはまって、ご著書も書かれている関係でクラブが会場になったようですが、「クラブで読書をする」という、全く正反対の要素を組み合わせが意外にマッチ。


読書が絵になるのは、図書館や牧歌的な草原やホテルのプールサイドだけでなく、「ダンス系」のシーンにもあることを発見。


テンションの高いものと、内省的なものをバランスよく組み合わせることの面白さを知りました

湯山さんは、くりっとした瞳が好奇心の旺盛さを物語って行って、すべてにたいして愛情深く、型にとらわれずに本物を追求し、楽しんでいることがわかる女性でした。

ニューヨークのクラブ音楽は、「音質、音圧が全く別物で、カラヤンみたいなDJがいる」とか、ひとりフレンチ、女ひとり寿司、など、思い切った体験の中で皮膚で感じた方が発せられる言葉は、グル―ブ感一杯で、常に新鮮でした。


私も、湯山さんのように新鮮なフレーズがポンポン出てくる人になりたいと思いました。

そのためには、人がしていない、わくわくするような冒険的体験をもっと増やさなくては。

やはり、好奇心ですね!










0 件のコメント: