2009年7月26日日曜日

日弁連 法律事務職員検定試験を受験しました



法律事務所職員として10年以上勤務しているのですが、このたび日弁連が初めて「能力検定試験」を実施したので、受験してきました。会場を見渡す限り、愛知県弁護士会での受験者は150名以上いたようです。




第1回試験というのは、前例がない分、難易度や問題傾向がつかみにくく、実施者側も受験者側も真剣勝負です。




それにしても、かなり六法を引きましたので、難易度は高いと思います。試験終了後、ベテラン事務員さんからも「難しかったー」という声が漏れていました。


4択の選択肢に2つ、正解かと迷うものが入っていると、知識が急にあやふやになってしまいますね。


法律事務の実務から見ても、必要不可欠とはいいがたい知識を問う問題も沢山ありましたので、基本を知るだけでなく、応用もきかせるレベルまで勉強しておかないと、受験時間ぎりぎりの答案になってしまう内容でした。


合格基準点によっては、合格者数はぐっとヘるかも。9月の発表まで落ち付きません。

0 件のコメント: