2009年8月2日日曜日

「人生を変える朝活!」常見陽平著

昨日、アウトプット勉強会のメンバーでランチをさせていただいた際、「朝食会」についての話題が出ました。

日経ビジネスアソシエなどで、都心部の若きビジネスマンが朝食の機会を使って、情報交換、日経新聞の読み方、交流会を行っているという記事を目にしており、健康的で、時間の使い方が上手だな、と思っていました。

名古屋でも、ビジネスマンのおしゃれな朝食会が発足していますので、今後私も参加して、朝から頭を活性化したいと思います。


まずは、朝の時間の使い方について色々なヒントを得よう手にした本が、就職ジャーナリストの常見陽平さんの御著書、「人生を変える朝活」です。

人生を変える朝活!

その中から、日々の朝生活に取り入れたいと思ったことをピックアップします。

①音楽を聴く

→私の母は、私が小学生のころからずっと、朝食時間にクラシック音楽のラジオをかけていました。単に落ち着く音楽だからという理由だと思います。決して気取った朝食というわけではありません。

納豆の入った味噌汁などを飲んでいたので。ただ、子ども心に、「なんだかいい気分」だったのと、「とても安らいだ時間」だったことは確かです。ただでさえバタバタする時間帯に、クラシック音楽でテンポを整えるのは情操教育にも功を奏していたと思います。

②朝活仲間を見つける

→しんどいことには「強制力」をかけることが大切だと思います。

コツコツ続けるのも、一人でやっていては楽しくないし、「皆頑張っているから私も頑張ろう」という、エネルギーの相乗効果の中に自分を参加させていくことが大切です。

単に早起きしているというだけでなく、朝活動をしている仲間、を探すのがポイントだと思います。月1回ほどの食事会で、朝を有意義にすごす方法などアイデアを出し合ったり、報告できれば最高ですね!

③朝ビュッフェミーティング

名古屋のモーニングには、コーヒー代でパンが食べ放題など、日本一安くて充実したメニューがあります。都心部では、高級ホテルの朝ビュッフェ(約3000円位)で優雅にビジネスミーティングをしている方々もいるそうです。一年に一度くらいは、気分を高めるためにも「高級ホテルのモーニングビュッフェ」もいいかもしれません!よい仕事をしたくなる気分が充満しそうです。

④朝セミナー

朝食会で色々なテーマや議題が出たら、講師を招くか、メンバーが講師となって、レクチャー形式をとってみるというのも面白いですね。講義やプレゼンの練習にもなりますし、朝からひとつのテーマについてのひとまとまりの情報を得られる、という意味でも、参加者すべてにとって成長のきっかけになるとお思います。

本書には、朝時間を有効活用することのメリットとして

・可処分時間の増加

・身体と心の健康

・スキルアップ

・効率アップ

が掲げられています。


朝を充実させることが人生の充実につながる、といえます。

実際、朝の時間に実践してみてよかったのが、英語の本の音読です。夜の時間帯の頭だと、日本語の本は娯楽的に読めても、英語の本だと+αのエネルギーが必要になってくるので、どうしてもスピードが遅くなります。朝から英語の本を音読するのは、発声練習にもなります。

また、休日の朝9時には、スーパーで一週間分の買い出しもします。何度も買いに行って無駄な出費をするのを防げますし、朝市なども行われていて、新鮮な野菜を買うこともできます。

ネットで食料品を買う方が本当は時間の節約的にはいいのかもしれません。勝間さんがお勧めの「オイシックス」などもとてもいいシステムだと思います。

今のところ私にとっては、新商品や物価変動を発見する楽しさと、スーパーの二階にある本屋さんに行くのが目的で、スーパー通いはやめられません!

夏は暑くてすぐに起きられるいい機会なので、少しづつ、マイ朝活を増やしていこうと思います!

0 件のコメント: