2009年8月17日月曜日

人と交流することの意味

読書会、勉強会に参加するようになって、一番磨かれたことは「チューニング力(調和力)です。

自分の考え、自分の感性、自分の服装が時代の流れからずれていないか確認しながら、周りの方々と調和するように自分をチューニングしていく感覚が少しづつ身について来ました。

調和する過程では、自分の個性に気づいたり、自分の考え方の偏りを見直したりできます。

いったん社外のコミュニケーションに飛び込むと、職場の中だけの世界では、世間からずれていってしまうことを実感します。

人は限られた空間、時間の中で生きているので、一生かかっても「世間知らず」からは逃れられないと思うのです。だからこそ、その度合いを少しでも少なくするような体験、対話をしたいです。なぜなら、強く、凛々しく、たくましく生きたいし、同時代に生きる人々と様々な出来事、文化を共有したいからです。

積極的に様々な人の輪に参加していくことは、自分を成長させる上で、とても重要なこと。


もっと自分の枠の中から出ていこう、という気持ちが強くなりました。

0 件のコメント: