2009年8月29日土曜日

国際弁護士八代英輝さん講演に行ってきました!


昨日の藤原紀香さんに引き続き、今日も著名人の講演へ。
日曜朝10時から放送の、爆笑問題が司会をしている番組「サンデージャポン(通称サンジャポ)」でお馴染みの、国際弁護士八代英輝さんが日経新聞名古屋支社セミナールームに来てくださいました。

タイトルは「新たなるフィールドへの挑戦」。

裁判官、弁護士、コロンビア大学留学、ニューヨーク州弁護士資格取得、という、ハードルが高い職業をほぼ4年ごとに歩んでこられた八代さんは、TVで拝見する洗練されたスマートな印象そのままで、さらに素顔に迫るほど、

とてつもない努力の人

だと実感しました。

司法試験、八代さんが受験した当時は、合格者が約1パーセント。数百人が座っている大教室で受験しても、この中から一人も受からないかもしれない、という状況の中、3回目で合格されたそうです。

一日17時間という勉強を続けられたそうですが、私の上司である弁護士も一日12時間勉強していた、と聞いており、まずは、その勉強時間に耐えられるほどの人間でなければ、成し遂げられない関門です。

合格後、八代さんは、当初は裁判官を経験されていますが、「裁判官は、司法試験に受かった中でも、成績が良い人じゃないとなれない」と私の上司である弁護士が言っていました。

法曹三者のうち、裁判官は、なりたいからといってなれるわけではないのですが、八代さんは謙虚に、まずは「組織で働こうと思った」とおっしゃっていました。

米国留学はなんと、自費留学されたそうです

東京の巨大ローファームでは、毎年入所数年目の人を、事務所が出費して留学させる制度がありますが、八代さんは、もっと庶民的な事務所で働いており、覚悟をきめて、まだ日本では未開の分野であった、米国の「エンターテイメント法」を学びに行かれたそうです。

コロンビア大学のロースクールに自費留学で、自分で申し込んで合格するレベルは、「国費留学」や「毎年、事務所から推薦枠がある」人のレベルとは比べ物にならないと思います。しかも、大学時代の成績も判定に関係があるので、ほぼオールAだったのではないでしょうか。

不断の努力、毎日の自己研鑽。プロフェッショナルのレベルは生半可ではありません。


私が敬服するのは、普通の人の20倍努力しても、20倍の収入や地位を得られるわけではない、ある意味報われないにも関わらず、自己研鑽を徹底して続けられる人の心の強さです。

八代さんは本日発売の「エフェクティブ・タイムマネージメント」という御著書の中でも勉強法に触れられているそうですが、今日の講演で学んだ、勉強法をいくつか紹介します。



◆まずは徹底して、正確に暗記すること。

◆1に問題の分析力、2に基礎的なことを理解しているか、3がプラスアルファの応用力。1と2ができずに、いきなり3は出来ない。

◆図や映像をフォトリーディングし、頭の中で正確に再現できるようにしておく。

◆レベルの高い試験では、勉強量だけは負けないようにしておく。


また、新しいフィールドへ挑戦するきっかけは、「単にあきっぽいから」とおっしゃっていましたが、おそらく、あっという間に一つの分野をマスターされたしまうからだと思います。


日々、知識欲を深め、映画やドラマなどを見るなどして、「別の視点」を得ることが新たな興味を生むきっかけになるともおっしゃっていました。


信じられないほど努力をしている人を目の前にして、私も人生に不完全燃焼感を残したくない、と思いました。少しでも近づけるように毎日勉強、自己研鑽を続けようと思います。

5 件のコメント:

友 さんのコメント...

例にもれず、彼も相当な努力家なのですね

英検1級をめざすBUSHIDOUさんには、よい刺激でしたしょうか

レベルの高い試験では、勉強量だけは負けないように
しておく
はッ・・・
それが出来ないのが凡人なんですよ〜〜〜

出来ない→していない→する気がない→本気じゃない
本気になれ!!!
ってことです←自分に言ってます

BUSHIDOU さんのコメント...

友さん、こんばんは!

八代さんはお人形さんのように目がぱっちりしていて、びっくりしましたよ。睫毛の量が凄すぎ。。。

「本気」って、これが一番難しいんですよねー!
なんかやる気になったと思ったら、すぐに別のことがしたくなったり、情熱なんてそうそう続くもんじゃないんですよね、そもそも。

一番いいのは、「勉強癖」をつけて、三度の食事みたいにしてしまうのがベストなのかな~

友 さんのコメント...

本気になれないのならば
それまでの人生

そこで終わりたくありません←自分に
言ってます

友 さんのコメント...

BUSHIDOUさんはアクティブなので
no problemだと思います

BUSHIDOU さんのコメント...

私の場合、父が50代で他界したこ
ともあり、多分、人生の「タイムリミット」
を知らず知らずのうちに意識してるのかも。。。

ぼーっとしている時間も大事なんですが、

10代、20代で結構時間を有効利用できなかった後悔みたいなのが、あります。

偉人や世界記録保持者になるのは難しいですが、強く生きていきたい!

友さんの好きな分野、また教えてください☆