2009年8月29日土曜日

穀菜膳を習って、10年後のからだをつくる!




穀菜膳とは、現代栄養学、中医学(薬膳)理論 マクロビオティック(正食)の三つを 上手に融合させた食事法です。1月に料理講座があるので、申し込みをしました。


いま、口にしたものが、10年後のあなたを作る」と『世界一の美女を作るダイエット』の著者、エリカ・アンギャルさんも言っていますが、

今、口に入れるものを積極的に決断して、10年後の身体の機能を正常に保ちたいものです。


これから私もどんどん年を取り、おばあさんになるわけですから、少しでも「溌剌」とした毎日を送りたいので、「好きなもの」に偏らず、「バランスの良い食事を」「美味しく調理して」身体を作っていこうと思います。


写真は、家でよく炊いている、十五穀米です。


以前はewoman主催の佐々木かをりさんがお薦めされていた、「玄米」を少しだけ混ぜていましたが、飽きたら、混ぜる穀物を変えると楽しい。


ちなみに、15種類の穀物とは、


発芽玄米

黒米

もち米

そば米

黒豆

小豆

もちあわ

もちきび

大麦

はとムギ

黒ゴマ

白ゴマ

アマランサス

とうもろこし

ホワイトソルガム

です。

ハウス食品から出ている「香ばし十五穀」という商品で、非常に美味しい。なかなか飽きません。


黒いものを食べるといいそうなので、黒ゴマ、黒米、ひじき、のりなども毎日の生活に取り入れていきます。

2 件のコメント:

友 さんのコメント...

すばらしい心がけだと思います

玄米というものは、実はとても美味しいですよね
塩ジャケや梅干しといったシンプルなものとの
組み合わせで、さらにそれが際立つように思われます

『世界一の美女を作るダイエット」の内容で
いまだに一つ疑問なことがあります
おやつとしてナッツ・アーモンドが勧められてあったのですが、ひじょーな高カロリーand高脂肪なのです
5~6粒ではおさまらないあたしがいけないんでしょうか・・・

BUSHIDOU さんのコメント...

確かに、玄米には素朴なおかずが一番合いますねー。

ごはんを美味しくいただくために、おかずがあるっていう原点、日本に生まれてヨカッター!!!

しかも「こうばしさ」って、塩気で引き立つんですね!初めて気付きました。


塩キャラメルが流行るのも納得。



Almond、5~6粒ならいいほうですよ。私、百均で買ったナッツを一日で一袋空けてました。カロリー以前に、でっかいニキビができます。

ドライフルーツも、砂糖付けのものがあるので、気をつけなくてはなりません。