2009年8月9日日曜日

上手な叱り方

コーチングスキルを身につけるのも今後の課題です。

交流分析協会の鷲津先生のコラムに、上手な人の叱り方が掲載されていました。

失敗したことを一方的に責めたりせず、「私にはこう見えたけど、どうだろう」と逃げ道を残してあげること。

まさに目から鱗。

これは、上司から部下に対してだけではなく、部下から上司にも用いることができると思いました。

例えば、「今のご指摘は、誤解が混じっていると思いました。具体的にはこういう点です。いかがでしょうか」と冷静に述べることで、一方的に感情的に怒る上司に対応することができると思います。

マイナスのストロークは一方的にぶつけない、これは鉄則だと思いました。相手の話を聞く、というコミュニケーション型の指導方法がお互い一番成長できると思います。

0 件のコメント: