2009年8月5日水曜日

照屋華子さんの「ロジカルライティング」再読!

ロジカル・ライティング (BEST SOLUTION―LOGICAL COMMUNICATION SKILL TRAINING)
先日、照屋華子さんの「ロジカルライティング講座」を受講して、ビジネス文書の基礎を学んだのですが、このブログ、ロジカルになっているのかな。

思いつくままにかいているので、ちょっと反省です。

「毎日実践して、筋力トレーニングのように力をつけていって下さい。」と照屋さんが講義の最後に言われましたし、毎日ロジカル度を意識して書かないとと、身につかないことは明白です。

照屋さんの講座を受講して、最も印象に残ったのは、「書く前に、読み手にどういうアクションをしてほしいのか明確にしなければならない」という第1ステップでした。

このブログは読み手の方にどういうアクションをしてほしくて書いているのか?

をまず自分で明白にしないといけないわけです。

自分を成長させたいと思っている人とやる気を共有したり、自分がヒントを得たことを読み手の方に役立ててもらいたい

というのが私の想いなので、「やる気を共有してもらえる」ように、「すぐに役立つように」具体的に書くのが筋なのでした。

そのために意識し続けるべき点は、

◆説明の切り口を文頭で明示
→何について述べているのか、文頭ですぐ分かるようにしておく。
◆具体的に表現する
→具体的に何をして、どうなったのかを述べる。
◆簡潔に表現する
→一文を短くする。読み手に負担をかけない。

文章の構成が、ひと目でわかるように意識したいです。

教科書的な一冊は、手元に置いてことあるごとに読み返すと、身が引き締まります。

周りに行動力のある人がもっともっと増えると楽しいので、起爆剤になるようなブログを書くぞ!

0 件のコメント: