2009年9月10日木曜日

名古屋アウトプット勉強会「ドラッカーを読む」

昨日は、名古屋アウトプット勉強会へ行ってまいりました。

読書会は、参加すればするほど面白さが増す、スルメみたいなものです。

最近やっと皆さんの話をじっくり聞ける余裕が出てきました。はじめの頃は、自分のアウトプットの前は緊張しまくりでしたから。



本を読んでアウトプットするにも、段階が色々あって、

印象的だった部分を揚げる

自分の仕事や経験にあてはめて、具体例を語る

本と自分の経験から、「まさに真実である」という根拠を示す

聴いている人のためになるようなエッセンスをアウトプットする

今回の課題本はP・ドラッカーの「プロフェッショナルの条件」。
ドラッカーの言葉を借りれば、「貢献」に重きをおいたアウトプットが最高レベルだといえると思います。


参加者の方々の個性的な経験談は聞いていて面白かったですね。

結論を先に言って、そのあとに自分の経験談で説得力を持たせるアウトプットをされていた方が非常に印象的でした。


さらに、ドラッカーの「時間管理」の項目に、何に時間を使ったか記録する、という方法論があり、すでにそれをエクセルを使って実践されていた方がいらっしゃいました。

その方は、マインドマップやフォトリーディングの技術も実践で磨かれていて、最小限の出費で最大限の情報やスキルを身につける方法など、まさに「レバレッジ」なビジネススキルUPを楽しんでいて、とても素敵な方でした。


読書会は、常にスキルアップを目指し、それを楽しんでいる魅力的な女性が参加しているので、刺激し合うことができます。もっと早く出会いたかったなーと思わされる方々ばかり。



私たちのチームのファシリテーターさんは、質問の内容が絶妙で、話の本質を聞き出すことが大変上手な方でした。話を聞きながら、それをもっと深めるための質問をしてくださるんです。

すごい!!!傾聴+αの技術!

私の課題は、もっと皆の顔を見て話をすることかな

どうしてもメモを見て話してしまいますねー。

しっかりと前を向いて、生き生きと体験談を語られるか方が一番輝くプレゼンターだと、聞いていて思いました。


二次会も、勉強の仕方などの話で大いに盛り上がりました。


次回は、「考える技術、書く技術」という知的生産のビジネススキルの根本にかかわる内容を扱った本が課題本です。


いままでは、大体水曜日に開催されてきたのですが、次回は金曜日開催、とフレキシブルになり、色々な方が参加しやすくなっていると思います。


仲良くなった方々と、また勉強会やミニ読書会などを開いてみたいです。

2 件のコメント:

シオ爺 さんのコメント...

昨日はどうも~、ってか帰り際しかお話出来なったですが・・・(^_-)-☆

次回は2次会でお話できるかな?

その時はお酒も入っているでしょうし、“シオ爺”いや“エロ爺”の本領発揮でしょうな(笑)

ヨロシク~(●^o^●)

BUSHIDOU さんのコメント...

シオ爺さん、やっほー☆

きゃはは、面白すぎ。


昨日すごくいいお友達ができましたので
、そのお二人も今度紹介させていただき
ますね( ^^) _U~~


お楽しみに~(^^♪