2009年9月12日土曜日

日弁連法律事務職員認定試験に合格しました!

昨日、日弁連の第1回事務職員能力認定試験の合格者発表がありました。



結果は、合格。



まずはひと段落です。



非常に難解な問題が多かったせいか、合格基準点は60点満点中38点となっていました。

私の成績は、成績表が届くまでわからないのですが、間違った問題をちゃんと見直したいと思います。



合格したら率直に述べようと思っていたのですが、この試験、



◆試験としての理念

◆事務職員が何を知っていなくてはいけないのか



の焦点が大きくぶれていたように思います。第1回目なので、製作者側も試行錯誤だったのかもしれません。



今まで、TOEIC、簿記、秘書検定、FP、日経テストなど数々の試験を受験してきましたが、

よい試験は、難解であっても、よく考えて丁寧に作られており、実力も反映されるようにできています。



しかし、今回の日弁連の認定試験は、悪問が多かったと思います。選択肢の中に答えが二つあるものもいくつか存在しました。





マニアックな知識を知っているかいないかを問う問題は、クイズの域を出ません。



もっと基礎知識を元に解ける発展問題を作るべきです。





辛口になっていますが、試験問題をつくる人は、誠実に丁寧に作らないと、真剣に試験に挑んでいる人に失礼になってしまうのではないかと思いました。



色々な試験を受けてみて、やはり英検や簿記、センター試験、大学入試問題などはよくできているな、と改めて思います。



英検1級は難関ですが、素晴らしい試験だと思いますので、地道にチャレンジしていきたいと思います。





2 件のコメント:

momo さんのコメント...

すごーい!

来年の試験に向けて、研修をしています。
たしかに事務職員へ求めることが、毎回講師によって違うので、内容もレベルも、ブレブレですよね。

うちの事務所は、弁護士が1人で、戸籍の取寄せや、郵便物を出したりほとんど全部自分でします。

事務員は、法律のことは知る必要がないと言われます。
裁判所や弁護士会、法務局へのオツカイもしたことがありません。

言われた仕事をするだけで、お茶くみなどの接客、コピー、最低限の一般事務をするだけです。7年勤めていますが、偶然みつけた研修に参加しているのですが、内容にギョッとしています。

事務員でも「マイ6法全書」を持って仕事をするべきだなんて言われますが、私は触ったこともありません…。

BUSHIDOU さんのコメント...

momoさん、はじめまして。

本当に色々な事務所がありますよね。

私は、上司が求める範囲だけで行うのが「作業」、それ以上の価値を出そうと主体的に行い、結果を出すのが「仕事」という風にとらえています。


積極的に研修を受け、合格目指して頑張ってくださいね(六法は、引き方がわかれば、使いこなすことができます)!