2009年9月19日土曜日

出逢いの大学

今日のランチの待ち合わせは11時にしてあったので、JR高島屋の三省堂書店のビジネス書のコーナーへ。

10時からオープンしているので、休日は待ち合わせ前にここで色々な本を探すのもよさそうです。


ビジネス書でも、自分のテーマに合っていて、内容が充実している本を探すのがうまくなってきました。
読んでいて、テンションが上がる部分が多い本は、自分にとっての旬な本です。

今日気になったのは、千葉智之さんの「出逢いの大学」。


出逢いの大学





私は、色々な勉強会に参加して、「いかに自分が井の中の蛙だったか」に気付きました



また、出会う方の一言一言に、学びのヒントがあり、家に帰ってから調べて、新しい知識として身につけたりできることができること自体が楽しいです。

また、自分が得意な分野で、もう当たり前のようになってしまったことについて話すと、知らなかった人が驚いて、その情報を何かに役立ててくれる、という循環が面白いと実感しています。



この本は基本的に、「人脈を広げるための本」なのですが、私の様に、「学び」を色々な方と交換して、「自分が愚かな人間になるのを防ぎたい、向上心のある人達と一緒に成長したい」という目的で色々な勉強会に参加している人にも、お勧めです。

私がこの本を読んで得た学び、発想は、

◆勉強会を主催したほうが、色々な人と話をするチャンスができる、コミュニケーションが開通しやすい。

◆メンバーが同じでも、テーマや目的を変えてみると、面白い話がいろいろ出てくるかも(高校の同級生の意外な得意分野に今頃気づいたこともあります。。。)。

◆「皆こんなことは知っているに違いない」などと、遠慮せず、色々な話をしてみると、質問が来て、話が膨らんでいく。



◆印象の薄い人にならないよう、自分の特徴を正確に伝える
→自分の情報が相手に伝わらないと、本質的な会話ができないと思います。自分が何に興味をもっていて、何者なのかを端的にまっすぐ伝えなければならないと思います。



人との出逢いが増えれば、学びが無限大に広がる。まさに「出逢い大学」ですね。

2 件のコメント:

chibatomo さんのコメント...

初めまして千葉智之です。
本読んでくれてありがとうございます!
前向きに共感してもらえたら嬉しいです。
ありがとうございました!

BUSHIDOU さんのコメント...

感激です!千葉智之さん、ご訪問ありがとうございます。

著者の方からコメントをいただけるなんて、夢のようで、クラクラしています。

勉強会によく出席している私にとっては、共感できる部分、発想が刺激される部分が非常に多かったです。

メルマガもすぐに申し込みました!

名古屋にもぜひ、遊びに来てください。読書好きの仲間でお待ちしております!