2009年9月18日金曜日

TUTAYAビジネスカレッジ

今日は仕事帰りに、TUTAYAへ寄ってきました。

脳が良くなる耳勉強法
そこで、最近書店で気になっていた本、上田渉著「脳が良くなる耳勉強法」のセミナーDVDを発見!

http://www.discas.net/netdvd/newRelease.do;jsessionid=666E8360C50DD753F5A58D819EBFBD5E?subGenreID=00024&genreID=00008&pT=0


以前、マイミクさんのブログで、「TUTAYAビジネスカレッジ」をご紹介いただき、自宅でセミナーが聞けるなんて、いいなあ、と思っていたところでした。



PCにてさっそく視聴です。

職場の上司も、司法試験の勉強のために、カセットテープで講義をきいていたそうですし、勝間さんも公認会計士試験のためにカセット学習をうまく使われていたということですから、「耳学習」の効果は期待できます。


耳や音声を使った学習法で衝撃的だったのが、

マルチタスク(本を読みながら、別のオーディオブックを聴く)・・・・気楽にやっていると、自分にとって気になる情報の方に意識が傾く。

意識的音韻表象法・・・・頭の中で音声にして「叫ぶ」と、記憶に定着しやすい。読むのではなく、「頭の中で大きな声で叫ぶ」というのがポイント。

音声合成法・・・自分の好きな声を使って、頭の中で文章を流す(例えば、英語の本を読むなら、オバマ大統領の声が頭の中で流れるようにする)。

それにしても、耳学って工夫次第で、とても有効活用できると確信。日本語の朗読だと、飛ばしたいところが出てきそうですが、外国語のリスニングは、音声すべてに学習効果があるので、全く無駄がないと思います。

英語のリスニングの時間をもっと増やそうと思います。こうやってブログを書いている時も、流しっぱなしにしよう。

そうそう、節約のために、1dayレンタルしてしまったので、明日の午前10時までにTUTAYAに返さなくちゃ。

0 件のコメント: