2009年9月15日火曜日

大橋悦夫さんサイト「シゴタノ!」読書塾vol.5


「スピードハックス」などの御著書で有名な大橋悦夫さんのサイトシゴタノ!」は、仕事を楽しくするための情報がぎっしりつまっています。

マイミクさんの御紹介で、そのサイト内に「読書塾」という書評のコンテストがあることを知り、応募してみました。


先日、結果発表があり、このブログに書いた書評をノミネートに選んでいただくことができました
↓(下の方の全ノミネートエントリーに「判断力を磨くために読む本2冊(せのび道)」とあります。)


http://cyblog.jp/modules/weblogs/2327



そして、賞をとられた方との差を比較してみると、私の足りない点がよくわかりました。

素晴らしい作品や文章をよく観察してみることで上達の秘訣を得ることができました。

自分の書評との差は何か、という視点で読んでみて、その差を埋めるような努力をすることも大切だと思いました。

◆柔らかい文章


◆ストーリー性


◆すとんと心に落ちる


この3点は、読み手の立場に立つと大切な要素だということに気づきました。



私の文章は、硬すぎて、受験の小論文のようなきらいがあります。。。


もっといろんな文体を書いてみたいと思うきっかけになりました。



ビジネス書を読む時も、頭でなくて、心で感じるように、意識してみたいと思います。

0 件のコメント: