2009年10月5日月曜日

英語のリスニング対策

英語の資格試験で、ネックになるのは、「ヒアリング」。


一度聞いただけでは、意味がつかめない、聞きもらしてしまう

という人が大半だと思います。

そんなときは、国内ニュースを英語で聞くことをお勧めします


NHKの19時か21時のニュースを「英語」に切り替えて、聞き流すだけ。
もともと朝刊を読んで内容を知っているニュースなので、背景が感覚的にわかっている内容がほとんどです。


二ヶ国語放送の同時通訳さんの話す英語は、すごいスピード。ネイティブのナチュラルスピードよりも早いんじゃないかと思うくらいです。


しかし、聞き流しているだけなのに、画像効果と背景知識のおかげで、「ちゃんと意味が分かる」ような気がしてくるのです。


そうなると、「わ、聞きとれた」という単純な喜びにつながり、自信がつきます!


リスニングの苦手意識が吹っ飛んで、楽しくなる方法です。


色々なニュースに感度が高まり、一石二鳥。


ぜひ一度やってみてください。


NHKの「ニュースで英会話」もおすすめ↓
http://cgi2.nhk.or.jp/e-news/index.cgi

0 件のコメント: