2010年1月1日金曜日

家計簿で行動経済学~「支出」の記録に「その時の気持ち」も記録~!


(図:ACPホームページより)

私は、今年、経済の勉強をスタートさせます。

経済学は、文学部出身の女子である私には、正直とっつきにくい分野です。

そこでまずは、人間の「心理」にスポットを当てた行動経済学を、
身近なところから理解していこうと思います。

「経済は人の心と結びつくもの」

という考えのもと、毎日、自分の経済活動(出費)を観察し、金額だけでなく、

気持ちの記録をしようと思っています。


◆なぜそれを選んだのか

◆その支出は、「消費」か「投資」か

◆なぜその量を買ったのか

◆どのように買ったか(現金、カード、割引券、商品券など)

◆その金額について思うこと

◆なぜそこで買ったのか

◆買ってよかったか

というような質問に答える形で記入していきます。

自分の支出の傾向をデータ化して、自分の癖を良く理解できれば、賢い経済活動ができますし、

売り手が、買い手のどういう心理をついてくるのかも少しづつ見えてくると思います。

※行動経済学の本で、一番おすすめなのは、

予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

私は原書と訳本両方持っています。また読み直してみるつもりです。
また、NHKの番組「出社が楽しい経済学」は毎回非常にわかりやすくて面白いので、
再放送も是非チェックしてみてください。
書籍も出ています。

出社が楽しい経済学

出社が楽しい経済学 2

マンガでわかる! 出社が楽しい経済学 (別冊宝島 1606 スタディー)

そして、基本的ではありますが、日経新聞の流し読みは、感覚を身につけるためにもおすすめ。
私は株もやっていませんし、ドルや国際市場に影響されない仕事をしているので、
読み方が甘いのですが、そういう場合でも、「環境関連」とか「年金」など、テーマを持って読むと
面白くなってくると思います。

2 件のコメント:

Sherrick さんのコメント...

BUSHIDOU さん

あけましておめでとうございます。
いつも新しくオンとオフの両方で役立つ情報を参考にさせて頂いております。もしよろしければ、私のブログ「無計画な英語学習記2」にリンクを貼らせて頂きたいのですが、いかがでしょうか?(そのブログでは、CNNのVIDEOのディクテーションをしており、1日の訪問者数10人程度で英語学習者が多いブログです。)

今後とも幅広い分野の情報を楽しみにしております。

BUSHIDOU さんのコメント...

Sherrickさん,

御丁寧にご連絡ありがとうございます。

当ブログは基本的にリンクフリーです。

これまで英語学習についての記事が少なくて、すみません。

これを機会に今年は英語関連の記事も増やす

予定です。どうぞよろしくお願いします。