2010年1月23日土曜日

プレゼンテーションの講座に行ってきたよ!


今日は、つながれっと名古屋(公共機関)で、「プレゼンテーション講座」を、
10時から16時まで、みっちりと受講してきました。
受講料はなんと600円。研修会社の専門の講師の方が教えて下さるので、
理論的かつハイレベルな内容です。
講座の内容を簡潔にまとめると、
☆よいプレゼンテーションができる3つの方法
①準備段階で、“プレゼン後に聴衆にどうなって欲しいのか”の明確なイメージを描く
②“4つのフレームワーク”を駆使する
③“表現力”を磨く
という様に、ポイントが絞られており、これらさえ用意しておけば、
自信を持ってプレゼンテーションが出来るというものでした。
プレゼンを磨きたい方は、是非この3つの見直しをしてみて下さい
①では、聴衆が、プレゼンを聴き終わった後に“どんな気持ちになっていて、
どんな感想を話して、どんな顔になっているか”まで、徹底的にイメージして行きます。
②は、話の構成を組み立てるときに使える、4つの基本的なフレームワークです。
◆過去・現在・未来という時系列で話す・・・自己紹介向き。
具体的には、経歴、今この場に来て思うこと、今後の活動の予定、
という形で自己紹介をすると、興味を持ってもらいやすいそうです。
単に家族構成だけ述べたり、趣味や職場名だけを述べるのではなく、
時系列でストーリー仕立てにすることがポイント!
◆PREP法・・・提案、説明、面接向き
point(結論)、reason(理由)、example(具体例)、point(結論)
これは、論理的な構造の基本です。
大学では、英語の小論文はこのフレームワークで書かなければなりませんでした。
英検の小論文もこの論理構造を使えば、大丈夫です。
◆TNSF法・・・提案、指示、指導向き
title(題名:~について)、now(現状)、step(改善のための段階的方法論)、future(未来像)
この方法は、現状を改善するための提案に使うことが出来るのですが、
ポイントは2つ。
ポイント1:現状を述べるときは、否定的に話さないこと。なぜなら、現状を作り出した人
の機嫌を損ねるからです。関係者の機嫌が悪くなると、協力してもらえなくなるので、
ロジカル一辺倒でなく、人の心に配慮が必要です。
※例えば、システムをの改良提案の際は、「今使っているシステムのおかげで、相当便利になりました。しかも、今後の変化に対応するための改良を加えやすくなっています。」等、前開発者に対する敬意を込めること。後輩に指導するときも、「ここがダメだからこうしなさい」ではなく、「相当レベルアップしてきたね。次は、このようにやってみたらさらによくなると思うよ!」など、やる気を引き出すこと。
ポイント2:stepを述べるときは、なるべく小さいステップに細分化すること。急激な方法だと、反発を招きます。
※例えば、消費税がそうですよね。いきなり10%なんて、誰も受け入れません。そのために3%、5%と・・・。
◆SDS法(ニュースフラッシュ法)・・・沢山の情報を与えるとき向き
ニュース番組では、冒頭で今日のニュース一覧を見せます。その後に詳細を述べ、最後に振り返ります。
それと同様、まずS(summary)のまとめを伝え、D(detail)の詳細に入り、最後にまた、S(summary)
で、確認をします。多くの内容を記憶に留めてもらうための、構成です。
③の表現力の磨く上で気を付けたい点は、
◆視覚資料はビジュアルをうまく使う
◆話し言葉で話す(親しい人としゃべっている、という感覚で)
◆原稿はキーワードのメモのみ。見ながら思いついたことを話す。
です。
余談ですが、ちなみに、ジェスチャーは“ビジュアルハンド”という呼び方もするそうです。
手で“明確なビジュアル”を創りだすのです。
補助的ではなく、主役的に手を使ってみるのも1つの方法なんですね。
また、アメリカでは、スピーチの際に手を前で組んでいる人は「アダムの葉っぱ」(笑)、
後ろで組んで話す人は「逮捕された人」と言われ、手に表情がないスピーチは、
未熟なものとされるそうです。しかし、日本人で、手の表現が大袈裟すぎるのも、
逆に違和感がありますので、文化に適した、さりげないビジュアルハンドを工夫してみると
いいかもしれません。
※最後に、講師の先生がお勧めされていた、プレゼンテーションのバイブルをご紹介します。
『ブライアン・トレーシーの 話し方入門 ー人生を劇的に変える言葉の魔力』
ブライアン・トレーシーの 話し方入門 ー人生を劇的に変える言葉の魔力
『パワー・プレゼンテーション』ジェリー・ワイズマン (グロービス思考シリーズ)
パワー・プレゼンテーション (グロービス思考シリーズ)
『成功するプレゼンテーション』(箱田忠昭)
成功するプレゼンテーション

2 件のコメント:

修一 さんのコメント...

BUSHIDOUさん

お久しぶりです!田舎者です。

【話し方入門】
自分もかなり重宝してます。

すぐに実践できるし、大事なプレゼン前には
必ず読むようにしてます。

それにしてもこの内容で600円とはうらやましいです。

BUSHIDOU さんのコメント...

田舎者さん、コメントありがとうございます!

>すぐに実践できるし、
>大事なプレゼン前には必ず読むようにしてます。

ブライアン・トレーシーの「話し方入門」は、研修会社の講師の方も“バイブル”
とおっしゃていたので、人前で話す機会
が多い方や、講演のプロの方には、
手放せない一冊なんですね!

私も購入決定です!!