2010年1月16日土曜日

「思考力」を養う読書法の講座に行ってきた~その2~


◆「『思考力』を養う読書の取り組み方」を聞いて考えたこと
思考力を鍛えるのに有効な方法の1つに、読書があります。

本を読むには、時間がかかります。

文章を読みながら、自分が今まで持っていた情報・知識を総動員して、

「わかりたい!」と藻掻く、格闘の時間です。

文学であっても、イメージや経験を脳内に総動員して、場面や心情を理解しようと努めます。

評論やビジネス書であれば、作者の考え方のプロセスに矛盾がないかをたどる過程があります。

この「格闘」こそが、脳を鍛えるのです。

しかし、それだけではだめで、そこに自分はどう思うか、

どう考えるかという「思考」がないと、依存脳の人になります

依存脳になりたい場合はいいのです。

しかし、依存しすぎて、「あの本に書いてあるとおりにしたのに幸せになれなかった」

などという人達(※昨今のカツマーvsカヤマー対談参照)は、
「自分にとっての幸せとはなにか」「この方法は自分に適しているか」「これなら出来そうだ」

「他にももっといい方法がある」「個人の努力もある程度重要だが、政策で変えられる部分もあるかも」

というようにいろいろ考えを巡らせながら本を読むことも大切だと思いました。

考えながら読まないと、同じ本でも、「毒」か「ただの紙切れ」になってしまうこともあると思います。

私が普段心がけているのは、本を読んでいて、経験上納得の行かないこと、

意味が理解出来ない部分、論理に矛盾を感じるというような文章に遭遇したら、

「調べる」「人に話して意見交換する」「自分の考えに矛盾がないか確かめる」

というようなことをしています。

本は文章が長いので、一文一句しているわけではありません。

さらーっと流して思考停止している時もあります。

しかし、ひっかかった所とちゃんと向き合うのは、色んな考え方があるんだなあ、

と思いながら、その考え方を理解したいがためです。

世の中には、自分の考えがあり、他人のいろんな考えがあります。

創造や問題解決に一番最適なのはどれか考察してみる=複眼思考を広げると、

判断や生き方の選択肢が増えて、自由度が増すと思います。

0 件のコメント: