2010年2月6日土曜日

「ドリームマップ」の講座に行ってきたよ!


☆ドリームマップとは

ファッションライターの光野桃さんの御著書を読んでいて、センスのいい人は、

あこがれのコーディネイトの切り抜きを貼って眺めている、という内容に出会ったことがあります。

一度やってみたいな、と思いながら、全く出来ずにいました。

その後、ファッションに限らず、夢を描くドリームマップという存在を知り、

自分の夢をビジュアル化できる素晴らしいツールだな、と思っていました。

(ちょうど今週の『リビング名古屋中央版』(フリーペーパー)にも「ドリームマップ 」が

掲載されていましたので、イメージがわかるように、上の写真を載せてみました。)


楽しく作ることができそうだし、毎日見ていたら潜在意識に働きかけること間違いないと思います。

「ドリームマップ」は、Wikipediaによれば、


“コーチング理論を応用した、行動を導き出す目標達成ツールのことである。目的や目標をビジュアル化するドリームマップは、主体的行動を引き出す効果がある。”

とあり、名古屋にある株式会社エ・ム・ズさんが登録商標を取られています。

☆講座に行ってきたよ

そこで、今日は、つながれっと名古屋(男女共同参画推進センター)で行われた、「ドリームマップ」の

講座に 行ってきました。

午前10時から午後3時まで、途中昼休み1時間はさみ、2日でマップを完成させる講座です。

とても人気がある講座で、私は去年は抽選ではずれてしまいました。

(※受講料は2日間で1200円でした。公共機関の講座は本当にオススメです。)

今日は講習1日目なので、ドリームマップを描くにあたり、

◆「夢を叶える」とはどういうことかを知る

◆自己分析のワークショップ


を行いました。

夢を叶える三原則は

・具体的に思い描く
・叶うと信じる
・周りに伝える

ことだそうです。

具体的に思い描くことが最も大切で、ドリームマップは縮小コピーをして、毎日手帳に

挟んで、眺めるのがよいそうです。

イメージの力の例として、梅干を思い描くと、口の中が酸っぱくなる、ことが挙げられます。

脳は、イメージしたとおりに体に信号を出す、ということをもっと有効に活用していけそうです。

この他、“意識”はどのように働くか実感出来るワークも盛り込まれていました。

例えば、先生とジャンケンをします。参加者は全員後出しジャンケンをしてよいという設定です。

そして、参加者は右手は必ず勝ち、左手は必ず負けなければならない、という両手ジャンケンをしました。

我々は、ジャンケンと言うと、勝たなければならないという刷り込みで生きてきているため、

即座に勝つ手(グー、チョキ、パー)を出すのはスムーズなのですが、負ける手は、一生懸命考えないと

出てこないということに気付かされました。

普段、何を意識しているかによって、俊敏な動きが出来るかどうかが決まってきます。

夢も同じで、夢を具体的に描き、毎日の具体的な行動に落としこんでいれば、反射的に体が動くものなのです。

夢を具体化させ、イメージ写真を眺めて意識レベルに落とせば、

毎日自然と体がそれに向かって動くようになる、というわけです。


自己分析の方法は、「NEED」、「CAN」、「WANT」の要素に分けて、

周りが自分に求めていること、自分ができること、自分がしたいこと、を挙げて行きました。

※この講座を開いている株式会社エ・ム・ズの社長さん、秋田稲美さん著
『"3年後“なりたい自分”になれるドリームマップ―あなたの夢が必ずかなう自己イメージのつくり方" 』
3年後“なりたい自分”になれるドリームマップ―あなたの夢が必ずかなう自己イメージのつくり方

☆お昼休みに発見したラーメン屋さん

さて、鶴舞駅のあたりは、昼ご飯を食べられる店を探すのに苦労しましたが、美味しいラーメン屋さん

を発見。その名も、「鶴の舞」。

味噌のお味がしっかりしていて、チャーシューも美味しかったです。桜えびや柚子味噌などの上品なラ

ーメンもあって、次回試してみようと思います。

店内がモダンでおしゃれなので、女性一人でも落ち着きます。ラーメンの学割もありますよ。



さてさて、来週は、いよいよドリームマップを作成します。


夢なので、遠慮せず大きく描こうと思います!来週は出来上がったマップをアップしますので、

お楽しみに!

6 件のコメント:

どくしん さんのコメント...

ドリームマップというものがあるのですね。
昔望月俊孝氏の「宝地図」と3KM手帳の発想をいただいて、システム手帳にビジュアライズとして挟んでいます。


「毎日寝る前に見る」というのを最近さぼり気味でしたので、このブログを読んだことをきっかけに再度トライしてみます。

BUSHIDOU さんのコメント...

どくしんさん、コメントありがとうございます!

私は「宝地図」や3KM手帳を知らなかったので、今検索してみました!面白いですね!

ビジュアルの効果はすごいと思うのですが、
確かに私も、「毎日見る」のを忘れそうです。

パソコンの壁紙にするか、トイレの真正面に貼るか笑、寝ている天井に貼っておくなど、絶対眼に入るようにしないと、ですね!

コトハリ さんのコメント...

はじめまして。
初めて訪問したのですが、面白そうな講座にいろいろ参加されているので、興味深く読ませていただきました。

よろしければ教えてほしいのですが、勉強会や講演会をどのようにして探されてますか?
私はIT勉強会カレンダーしか知らず、「私も受けてみたい」という講座がちらほらとありましたので、よろしければお教えください。

ドリームマップ関連では、毎朝の習慣として、やりたいこと(+なりたい人)リストを読み上げる。というのを今年にはじめましたが、ビジュアライズはしていないので、ちょっとTryしてみます。

BUSHIDOU さんのコメント...

コトハリさん、コメントありがとうございます。

勉強会は、自分の目的に合ったものについて
アンテナを常にはるようにしています。

例えば、「論理思考の講座を受けたい」
と思えば、地下鉄の広告でスクールの体験講座やシティカレッジの短期講座のお知らせが目に入ってきます。

一番大きいのは、講座に出て、他の方と話していると、「こんな講座もあるよ」と教えてくれることです。参加してみての感想が聞けるので、一番当たりが多いですよ。

印象派プログラマ さんのコメント...

ドリームマップは昔受講しようと思って体調不良で断念して以来、ずっとごぶさたになってます^^;
正規受講すると結構金額するんですよね~。

BUSHIDOU さんのコメント...

プログラマさん、

そうそう、結構しますよねー。

ドリームマップはその気になれば、
自分でもつくれちゃうので、是非
トライしてみて下さい☆

面白かったのは、20代と30代じゃ
夢の描き方が違うこと。。笑
例えば、30代で「プロサッカー選手」
と書くのは抵抗あるかもしれない。

でも書いちゃうのだ!

来週は、午前ドリームマップで、
午後ライフハックにおじゃまします!