2010年3月27日土曜日

名古屋アウトプット勉強会「マインドマップ講習会」にいってきたよ

  
いつも楽しみに参加させていただいている「名古屋アウトプット勉強会」。

今月はなんと、「マインドマップ」の講習会でした!

しかも、公式インストラクターさんの授業を非常にお値打ちに受けさせていただくことができました。今回もあっという間に定員約100名を超え、キャンセル待ち状態の方も大勢いらっしゃいました。

名古屋アウトプット勉強会は、非常に人気が高いビジネス書読書会ですので、今回のようなセミナーに限らず、通常の読書会も、mixiを数日開かないと、あっという間に定員に達してしまいます。



参加されている方も、面白いものが好きで、勉強熱心、話題豊富で前向きな方ばかり。お会いするだけで元気がいただけます。今回も本のイベント、オーディオブックや、文房具の情報など、色々と交換させていただくことができました。


さて、今回は、課題本であるトニー・ブザンの『ザ・マインドマップ』を読了していること
を前提に、講義が進められました。

ザ・マインドマップ

☆NLPを活用した脳の使い方!

マインドマップだけでなく、NLPも学ばれた講師の先生だったので、
脳の活用を最大限に生かしたアプローチ法を学ぶことができました。

例えば、「読書会」を例にとって、コーチング的に問答を繰り返すことにより
、より深くまで自分の発想や思考を掘り下げる作業を行いました。

・読書会にとって大切なことは何か?
・それはどうして大切?
・さらにそれはどうして大切?
・なぜあなたはこの読書会を選んだのか?
・読書会で「大切なこと」を感じるときはどんな時か?
・昨年と今年を比較してみてどうか?

というような、「問い」を立てると、答えを出そうとして、頭が働き始めます。

この問いのたて方にも、おそらく色々なメソッドがあると思いますので、学びを深め
たいと思いました。セルフコーチングが自由自在にできる状態が、マインドマップ
作成の上では非常に役立つ気がします。

☆TEFCASって何?

マインドマップを使った仕事術のお話の中で、「TEFCAS」という言葉に出会いました。
「TEFCAS」とは、「試行(Trial)」、「実行(Event)」、「フィードバック(Feedback)」、
「チェック(Check)」「調整(Adjust)」の段階を進み、いつも最終的なゴールである
「成功(Success)」へ向かうという考え方です。

セントラルイメージを「成功している場面」にし、TEFCASそれぞれをブランチにして行けば、
ゴールが現実化するという使い方ができると思います。試験勉強など、目標を達成したい
ことについても使えそうですね。

☆「月刊ビジネスアスキー」の付録「マインドマップ超速習ガイド」に最新情報!

マインドマップは進化し続けているそうです。情報をアップデートして、より効果的なマインドマップ
を描きたい場合は、最新情報に当たる必要があります。

月刊ビジネスアスキー3月号 特別付録『マインドマップ®超速習ガイド』が最新情報のまとめに
なっているそうですよ!
月刊 ビジネスアスキー 2010年 03月号 [雑誌]

☆マインドマップ講習で学んだ、「ジャッジしないで全部書くこと」

今まで、本の内容をマインドマップにまとめていた時は、かなり自己流で、

「メインブランチはMECEに分けなくてはいけないのか」
「メイン、サブなど、同列なブランチには、同じ次元のものを持ってこないといけないのか」

という疑問を持っていました。例えば、メインブランチは、「衣食住」「喜怒哀楽」のように
分けて、その後、細かく分類していくのが正しいのかと思っていました。

ところが、とにかく自由に思いつくものをどんどん書いていけばいい
のだそうです。取捨選択しない、考えない、のがコツのような気がします。


今回の講習で、自己流の殻を破ることができたのは、非常によかったです。

☆マインドマップの読書ノート

読書会向けのマインドマップセミナーということもあって、読書ノートにマインドマップを使う際のアドバイスをいただくことができました。そこからヒントを得て今後、やってみたいこととしては、

・最初に本を読む目的を書きだす
・自分の気付き・感想を書きだす
・いいことが書いてあったページ数を書いておく
・アクションプランを書きだす
・アクション後のイメージを書きだす
・アウトプット勉強会で意見交換したい内容のブランチを作っておく

こうすることで読書会の時間がより実り多いものとなり、行動につなげることができそうです。

☆マインドマップで事件管理&プライベートの使い道

私は、法律事務所に勤務しているのですが、以前モラルリスク案件の内容をマインドマップで
まとめていたら、「つじつまが合わない点」「あやしい点」「調査すべき事項」などが浮かび上が

ってきて非常に驚いたことがあります。膨大なレポートを綴じてあるだけの事件記録より、一枚
で見渡せる事件図・人間関係図は、非常に有用です。是非警察でも使ってほしい!!と強く思
いました。犯人逮捕が早くなると思います。

プライベートでは、旅行計画や、読書ノートに使うのが一番多くなりそうです。記憶に残りますし、
とにかく楽しい。わくわくしながら描ける、というのが最大のポイントだと思いました。


※今回も、アウトプット勉強会を主宰されているタツヤさんはじめスタッフの方々のご尽力のおかげで、刺激的なイベントに参加させていただくことができ、感謝申し上げます!

***********************************************************

【マイ・マインドマップギャラリー】


←今回のワークで作った、「私の好きなもの」についてのマインドマップ。

①思いつくまま
②人に見せるものでなく自分のため

という意識で書くと、沢山のブランチが伸びました。先生はA4の用紙がおススメでしたが、私は、B4の「スケッチブック」がお気に入り。

A4用紙だと、仕事を思い出して窮屈なので(笑)、小学校時代に戻ったような
「じゆうが帳」だと、クリエイティブな気持ちになれます。



←名古屋アウトプット勉強会の課題本を

読んで、以前書いてみたマインドマップです。(上:ジャック・アタリ著「21世紀の歴史」下:クリス・アンダーソン著「FREE」)

本の内容をまとめるので精一杯でしたが、内容が頭に定着しますし、理解が速くなります。








次の目標は、もっと速く書くこと。そして、読書マインドマップの内容をアクションにつなげることに重点を置きたいです。














2 件のコメント:

シオ爺 さんのコメント...

昨日もアウトプット勉強会にご参加頂き有難うございました。

しっかし、「姉さまのマインドマップは別格」というご意見が多かったですね~(^_-)-☆
絵~うますぎ♪

また、マインドマップのコツとか教えて下さいな。

ではでは(^^)/

BUSHIDOU さんのコメント...

シオ爺さん、

サポーターとして、いつも皆のお世話をして下って、本当にありがとう!とても頼りになります☆

受付嬢(じゃなくて爺)姿も
決まってましたよ(^^)/

なんだか誉めていただけて嬉しいです(*^_^*)ありがとう。

私は頭がカタイので、いかんのだけど、
シオ様のように「自由な心」がある人の方が
よいマインドマップを書ける気がします。

酔っぱらって書くのも、面白そうだφ(..)☆!!!