2010年4月18日日曜日

美崎栄一郎さんの名古屋三省堂イベントに行ってきたよ!

16日(金)に、名古屋三省堂テルミナ店で行われた、『「結果を出す人」の仕事のすすめ方』著者である、美崎栄一郎さんのイベントに行ってきました!!

美崎さんのマインドマップを書いてみました!!
美崎栄一郎さんはアイデアあふれる面白い勉強会をいくつも主宰されている会社員さんです


例えば、「築地朝食会」。早朝に東京の築地でお寿司を食べながら、ビジネス書の著者さんを囲んでお話を聴く会です。寿司ならぬ、著者が回転する(笑)、「回転著者」というキラーフレーズまで飛び出しています。著者さんが各テーブルを回り、参加者は、近い距離で質問をしたり、本にまつわるお話を聴くことができるなんて、心もお腹も頭も満たされますよね。

美崎さんは、普通のサラリーマンでも、アイデアや仲間、やる気次第でおもしろい勉強会ができるということを体現してくれています。勉強会だけでなく、著者さんを複数招いた講演会イベントや、他の勉強会主宰者とのコラボイベントも行い、とうとう、自らビジネス書を出版されるに至りました。

そんなパワフルなアイデアマンがゆえに、今では“スーパーサラリーマン”と呼ばれています。

今回のイベントでは、美崎さんの3冊目のご著書、『「結果を出す人」の仕事のすすめ方』完成までの秘話や、工夫、今後の予定をたっぷりと聴くことが出来ました。

以下は、特に印象的だったお話

・本書執筆に当たり、色々な人から紹介された本を、200冊最初から最後まで全部読んだ。どんな本にも必ず1つは学ぶことがある。

・2010年は、ほぼ1カ月に1冊のペースで出版する。プロのアスリートは自分を追い込んでいる。作家でない会社員でも、このペースで書けることにチャレンジし、色々な人に「自分もできるかも」と思ってもらいたい。

私の感想としては、色々な人へのこまやかな気配りや調整、本を作る、売るにあたっての協力体制の築き方は、三谷幸喜監督作品(例えば「みんなの家」)にみられるような、つながりを大事にするドラマを感じました。

「結果を出す人」の仕事のすすめ方



本書では、各ページの一番下に、色々な方々のおすすめビジネス書が合計200冊、写真付きで掲載されています。美崎さんはこれらを全部読んで、1冊1つは学んだことを「行動」に移そうと提案されています。

具体的なアクションの立て方は読む人次第ですが、美崎さんのアクションプランは、ビジネスマン誰にとってもヒントになります。また、本を読んだら行動する癖をつけたい人にとっては、必読の書です。

私がいつも思っているのは、本を読んで得られるのは、「言葉」のみです。元気が出る言葉を集めるのも大切ですが、せっかくなら、毎日をポジティブに変化させるために「やる」という次元までもっていきたいものですね。

美崎さんの本書専用の名刺。なんと、折り曲げて組み合わせると、本の表紙と同じ絵が出来ます!!

サインと私の似顔絵を書いていただきました。嬉しい!

ん?こっちも似てるって??(笑)

サイン会の時に、美崎さんのトランプ型名刺をひいたら、このカードでした(笑)。

次回美崎さんは、5月22日に名古屋に来られますよ!イベント詳細は、告知までお楽しみに!
********************************************
美崎栄一郎さんのご著書のご紹介
「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)
会社って楽しい?

2 件のコメント:

みさ吉 さんのコメント...

ありがとうございます。

イラストもあざーす!

公式サイトで引用させていただきました。
http://www.note272.net/?p=2321

BUSHIDOU さんのコメント...

美崎さん!コメントありがとうございます☆

講演ではとても心にしみるいい話を
聞くことができました!

美崎さんの本作りは日本のものづくりの心に通じると思います☆

公式サイト引用、とてもうれしいです!
誠にあざーっす!です!