2010年5月16日日曜日

stiloさんナビゲート『The Wish List』ワークショップ開催記録!

☆夢をリストにしたい人達が多数集まった『The Wish List』開催のきっかけ


@stiloさんが案内人となって皆で願い事リストをつくる、『The Wish List』ワークショップを5月15日(土曜日)に実施しました。


1か月以上前から定員に達するほどの人気で、参加者21人の満員御礼となりました。


参加者の方々は、@stiloさんのナビゲートを頼りに、「自分の願い事を100個書き出したい!!」 という共通する想いをもって、土曜日の朝9時前から名古屋駅前菱信ビルに集合。


職業は営業職、エンジニア、専門職、研究員の方々など様々で、女性も7名参加されました。

そもそもこのワークショップのきっかけとなったのは、
名古屋ライフハック研究会のプログラムの最後に行われる、
希望者によるライトニングトークス(LT・・・5分間のプレゼンテーション)です。

@stiloさんは、前回の名古屋ライフハック研究会のLTで、宇宙飛行士の向井千秋さんと
夫のマキオさんが邦訳された『4001の願い』(原題『The Wish List』)をもとに、

「あなたの願い事を100個書いてみましょう」というライフハックを提案されました。

(※向井マキオさんが『4001の願い』について語られる参考URL:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100303-00000001-president-bus_all

4001の願い
4001の願い
posted with amazlet at 10.05.16
バーバラ・アン キプファー
文藝春秋
売り上げランキング: 156160
おすすめ度の平均: 4.5
5 マキヲォォォォォーーー
5 何になりたいんだっけ?
3 小さな幸せの詰まった本
4 何かをしようという気持ちになります
5 プレゼントに好適


The Wish List
The Wish List
posted with amazlet at 10.05.16
Barbara Ann Kipfer
Workman Pub Co
売り上げランキング: 13748


その際、実際に100の願い事を書いてみるのは、意外と難しかった、と感想を述べられましたが、
「ワークショップ形式」で皆で作れば、楽しいし一人で作るよりもどんどん書けるだろう、ということで


参加希望の声も多く、今回のイベントが実現する運びとなりました。

このワークショップは、stiloさんがオリジナルですべての企画をしてくださった

渾身の作品です。stiloさんのライブであり、アートでもありました。

参加できた方は本当にラッキーです。

☆ワークショップのほんの一部をご紹介

冒頭の説明の後、どのようなWish List をつくりたいか、という各自のコミットメントの時間があり、

「自分らしい」「楽しい」「世界で1つしかない」「わくわくするような」といったそれぞれの想いを発表していきました。


(真剣にstiloさんの話を聞き、Wish Listを書きだすコツをつかもうとする参加者の皆さん。 )

【書き方がミソ】


◆誰にもみせない


以前、私はドリームマップの講義を受けたことがあるのですが、最後に皆に見せて発表するのが前提だったので、なんだかかっこいいことばかり並べてしまっていました。その時は、ちょっと人前で発表できないような願い事などは書けませんでした(笑)。

しかし、このWish Listの方針では、誰にも見せないという安心感があるため、自分の気持ちの赴くままに鉛筆が進み、気持ちが溢れてきました。


心を裸にする状態で書くことが重要なポイントになっていることに、書いてみて気付きました。


◆出来るだけ詳しく書かれている願い事の方が叶いやすい


私は、状況をイメージしながら、詳細をストーリー仕立てで書いてみました。そうすると、楽しいだけでなく、身体感覚として印象に残ることに気付きました。さらに、脳に直結するような新たな感覚が生まれることを実感しました。

(集中モードの参加者の皆さん)

100のリストを書きだすために、ノッてくるまでが大変ですが、皆が真剣に書き出していると、1人の時以上に夢中になりやすくなります。


なかなか書き出せない人のために、案内人がヒントとなる質問を与えてくれたり、『4001の願い』の中からトリガーとなりそうな願いを次々に朗読して下さいました。そうすることで、前半には20個程しか書けていなかった人も、後半で一気に100個に到達するなど、Wishの数が飛躍的に伸びていきました。

ほぼ全員が100以上のWishを書きだすことに成功し、雑巾を絞り出すようにして夢のすみずみまで出し切った感じのところで、案内人による「活用方法」のナビゲートがありました。


「Wish List は書いて終わりではない。」


「常に血の通ったWish Listにしておくために、定期的に見直して、自分の気持ちで優先順位をつける、また、冷めてしまった夢は、消す。」


ここに、今回のワークショップの大きな特徴があり、目から鱗の気付きが得られました。

また、Wish Listの応用方法のレクチャーもあり、その中の1つ、

自分の嗜好性が見出せる”

には大いに納得しました。

とても印象的だったので、Twitterにこんなつぶやきを残しておきました↓

【私のつぶやき】今日ワークショップで書きだした『The Wish List』は、自分の本音があふれ出ていて、確かに「嗜好性」が顕著に表れている。自分の一部みたいだ。


本当に自分の一部という感覚に近く「My Wish List」はまるで自分が産んだ子どもみたいだと思いました。


案内人からは、この後、フォローアップのメールも配信されるということで、このワークショップが本当に皆さんのものになるようにとの心遣いにも感激です!!!


案内人stiloさんのおかげで、私は今回165個の濃すぎる「The Wish List」を書きあげることができました。このListのアップデートこそが、今後の人生を豊かにしていくと思うと、楽しみでなりません。
Wish Listアップデート用のノートを作って、いつも持ち歩けるようにしたいと思います。

☆パワーランチ!~行動派の皆さんの熱いトークにつつまれて~

さて、ランチは名古屋ルーセントタワー内、「サイエンスカフェ・ガリレオ・ガリレイ」で行いました。
天井が高いスタイリッシュな空間の中で、ボリュームたっぷりのランチコースを堪能しました。

前菜のサラダには大きなホタテが!ハムも美味しかった!

ピザ2種類とパスタ2種類の中から好きなものを一つ選びます。私はエビのパスタをチョイス。海鮮の香りが濃厚に漂います。

さらに、 お肉とお魚を選べるので、私は、ミラノ風カツレツにしました。さっぱりしていて、トマトが効いていました。 お腹一杯で超豪華です。

デザートは、ココナッツのブランマンジュと夏らしいシャーベット&フルーツ。一気に口の中がさわやかに。薔薇の香りがするアイスティーとともに堪能しました。 すごいランチコースです。皆さん大変喜んでくださっていて何よりでした。
そして、談笑中には、こんなグッズまで飛び出しました!
(@ktamura777さん御持参のiPad・・・ではなく、iPadもどきのPad Note!!!本物そっくりです(笑)!!)
(裏はこんなかんじ。さすがにアップルのマークではありませんw)

(中身は、アプリ開発用の設計ができる様式です。さすが。)
ランチ参加者19名が、8名と11名にわかれて長テーブルに着席し、情報交換が進みました。私のいたテーブルの皆さんは、行動力や情報力が抜群で、スマートフォン、iPad、勉強会、海外旅行の話でもちきりに。
☆本のご紹介
wishリスト作成の参考にしようとktamura777さんが持参された一冊!ただの名所の紹介ではなく、どこで何をするのが究極の経験となるのか、という深みのある旅の紹介本になっています。ツウの方、写真を楽しみたい方にもとても満足のいく内容だと思いました!
いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500 [コンパクト版]
イアン・アレクサンダーほか
日経ナショナルジオグラフィック社
売り上げランキング: 12785
☆心に残る素晴らしいイベントとなりました!
今回の『The Wish Listワークショップ』は、アンケートによると参加者の方々の満足度が91%となり、大成功のイベントとなりました!!!
みなさんの人生に大きなきっかけを与えてくださった、ナビゲーターstiloさん、朝早くから来て下さった
マインドの高い皆さん、このたびは、心に残る素晴らしい時間をご一緒していただき、本当にありがとうございました!

0 件のコメント: