2010年6月3日木曜日

210円の万年筆で書いてみた。

万年筆が210円で買えることを知っていましたか?
かっこいいものもいつかは欲しいけど、

なくすのが怖いとか、
まずは万年筆に慣れたい

という人におススメです。


その名は、「Preppy」。

プラチナ万年筆社から出ています。

インクの色は黒、ブルーブラック、緑、黄色、赤など、カラフルに揃います。
私は、黒とブルーブラックを買ってみました。(安売りの文具店だったので、定価の5%引きで
1本200円で買うことができました。)

プラチナ萬年筆 万年筆 プレピー【ブラック】 PPQ-200 1-2
プラチナ萬年筆
売り上げランキング: 2494


実際に書いてみたところ、水性ペンのすごく書きやすいものに比べると、
まだまだ慣れませんが、万年筆ならではの味わいがあって、筆跡に気持ちが乗ります。
今回は、名文を転写するということをやってみました。
文章がうまい人の文を実際に自分の手で書いてみると、色々な気づきが得られます。
具体的にどんな気づきが得られたかは、また、来週。

4 件のコメント:

友 さんのコメント...

万年筆はともかく、冒頭の達筆にやられました・・(@@ ☆

ずっと友達でいて欲しいと思わせる、すばらしい知性です。

BUSHIDOU さんのコメント...

友さん、コメントありがとうございます。

達筆に見えるのは、万年筆のおかげです。(^^ゞ

ボールペンで書くと、ただの乱雑な文字になるので、よく上司に「読めるように書いてください」と叱られています・・・

ペン習字とか習字を習ってみたくなりました!

masa さんのコメント...

達筆ですね!勝間さんに伝授していただきたい。

BUSHIDOU さんのコメント...

masaさん、こんにちは!

ありがとうございます。昔の武士などの筆跡を見ると、男性でもやたらと字がうまいのでびっくりします。

ITの時代は、勝間さんのように親指シフトの方が有用性が高いので、たまに文字をかかないと、字を書く筋肉が弱りそうですね。!