2010年6月20日日曜日

情熱大陸にも出演された川原医師の講演に行ってきました。

☆偉大な人物を知った
私が医師の川原尚行さんのことを知ったのは、「行列が出来る法律相談所」です(TVでは、以前、情熱大陸にも出演されています)。
その後、スーダンでの医療活動に捧げる情熱的な姿に心を動かされ、忘れることができませんでした。
元大使館医務官で年収1700万円だった川原さんは、30歳台後半で外務省をやめ、スーダンで医療活動を始めました。
妻と子ども3人を日本に残し、外務省のブランドを捨て、無収入になってまでもアフリカの人々
に寄り添い続ける川原さんの医師として人間としての大きさに、ただただ圧倒されるばかりです。
そんな川原先生の講演が、名古屋のJICA中部で行われることを知り、仕事帰りに行ってきました。

間近で生き生きとしたお話や、勇敢な姿を拝見することができたので、強烈な印象が残りました。

私は今後仕事をしていく上でも、川原先生の姿を何度も思い出すと思います。

私が川原先生の圧倒的な行動力から影響を受けたことは、

どんな困難なことでも、逃げ出さず、あきらめない。

どんなに小さな力でも、自分ができることをするだけ。

ということです。

講演の内容は、言葉にできないくらい感動しましたし、

川原先生の笑顔が脳裏に焼き付いて離れません

間違いなく今までの人生で出会った中で最も尊敬できる人の1人になりました。
       (講演の前に、「行列が出来る法律相談所」に出演された際のVTRが上映されました。)

ここでは講演の内容をうまく伝えきれませんが、

信頼関係を最も大切にされ、アフリカでも、部族に溶け込むために、同じ食糧や濁った水も
一緒にいただくという生活をされている姿、

内戦に苦しみ、諸外国からも見放された地域に、個人の意志で救済に行く姿、

九州の小倉高校時代は、ラグビー部の主将をされ、人望厚く、仕事を辞めてまで川原先生を
サポートしているOBの方々、

九大医学部の医局に、今も籍を置いてくれている温かい上司達、

人望があり、スポーツ万能、学業優秀、話が面白くて、表情豊かな美男子で、家族思いで、人類愛に満ち、エリート街道よりも人道支援というポリシーの持ち主、と魅力は数え上げればきりがありませんが、現在44歳という若さであることにも驚きました。

川原先生は、NPO法人「ロシナンテス」を立ち上げていますので、詳しく知りたい方は、HPも参照してみて下さい↓
http://www.rocinantes.org/

「情熱大陸」出演youtube↓




☆できることを精一杯やっているか

講演の後、自問自答したことは「自分の能力やエネルギーを、限界まで他者のために注いだことがあるか」

ということでした。

私は、川原先生ほどのエネルギーを持ち合わせていません。
例えば、アフリカに行ったとたんに下痢などで倒れて、人助けどころではなくなりそうな気がします。

しかし、恵まれた日本にいながら、自分が持っているスキルやエネルギーを毎日出し切っていないの

は、とても情けないことのような気がしました。

大きなことができなくても、せめて「できることは全部した」、と毎日思えるくらいの行動力を

持ちたいと思いました。

☆川原先生の活動がわかる写真集

もうひとつのスーダン 日本人医師川原尚行の挑戦
川原 尚行 内藤 順司
主婦の友社
売り上げランキング: 28595
おすすめ度の平均: 4.5
4 スーダンのリアルな生活
5 ”もうひとつ”が持つ意味は・・・・



会場では、写真集の一部の展示も同時におこなわれていました。引き込まれるような表情の写真ばかりでした。

0 件のコメント: