2010年7月12日月曜日

『感じるからだ』

感じるからだ
感じるからだ
posted with amazlet at 10.07.12
光野 桃
文藝春秋
売り上げランキング: 23401
おすすめ度の平均: 3.5
3 ファッション色は薄い
4 からだをゆるめて楽に生きる


光野桃さんの「感じるからだ」を読みました

“触らないと、ゆるめないと、女のからだは乾いてしまうもう一度、女性性を取り戻すために―読むだけで美しくなれる官能的身体論。 ”

表書きだけ読むとちょっとどぎまぎしてしまいますが、からだを意識する言葉にあふれた、美しい読みものでした。

著者の光野桃さんは40代半ば頃、地下鉄の窓に映った自分の姿を見て、枯れていくような危機感を持ったそうです。そんなとき、「からだの使い方を指導するインストラクターの方とともに、山歩きをしながらからだのことを考える」という仕事の企画を引き受け、それがきっかけでそれまでの「からだ観」を大きく変えることになっていきます。

私はアレクサンダーテクニークの教室で、無駄な動きを排除して楽に動く方法を習っているのですが、一度その方法を知ってしまうと、街でかがんだ姿勢で歩いている人や、無意味に動きが過剰な人を見るたびに、「体に変な負担をかけているなあ」と思っていたたまれない気持ちになります。

本書には、形式論だけでなく、美しい体をつくるための心の持ち方が丁寧に描かれ、読むだけで綺麗な体になりたい気持ちが高まります。

五感を大切に、もっと本来の体の機能を発見したり、自分の体を隅々まで知り尽くして、「あっ、ふくらはぎがむくんでいる」とか「インナーマッスルが弱くなっている」など、毎日少しでも気づきながら肉体改造したいと思いました。


                  (イラスト:gooダイエットサイトより)

私も著者のように山歩きをしてみたいのですが、
毎日山に行くことはできないので、近所をジョギングし始めました。

帰宅してご飯を食べた後、日が落ちてから走ります。

呼吸が深くなるので、頭が冴えた感じになって、寝る前までずっと気分がいいです。

走っている最中は、上の図のように、おへそに意識を集中というところをとにかく意識しています。
筋肉増強・有酸素運動・ダイエット・冷え対策などいいことづくめなので、モチベーションが高まります。

Twitterを見る時間やブログを書く時間が減りましたが、健康と美容には変えられません(笑)。

そのうち、空気のいいところへ山歩きにも行ってみたいと思います。

ジョギング初心者向けの情報URL↓

http://diet.goo.ne.jp/member/feature/0805_no1/03.html

2 件のコメント:

シオ爺 さんのコメント...

やべ・・・。
タイトルに釣られたとか、そ、そんなことはないんだからね!?
(ツンデレ♪)

いや、しかし、男女ともに三十路を越えると、体とか健康の事は意識せざるをえませんな。
(みそじぃの独り言)

お互い、お体ご自愛致しましょう・・・(笑)

BUSHIDOU さんのコメント...

タイトルだけ見るとびっくりしますよねー(笑)。

働く人は皆、緊張状態が続くので、例えば肩こりがひどいと、叩いても何も感じなくなってしまうみたいです。

そうなる前にエクササイズ!


ハツラツと健康的に年をとって、本当の爺になってもシオ爺節を炸裂させてくださいネ!