2010年7月24日土曜日

ビジネスブックマラソンの土井英司さんの講演に行ってきた!


☆アウトプット勉強会の講演ゲストに、土井英司さんが!!

名古屋アウトプット勉強会の講演会イベントに参加してきました。
今回のゲストは、ビジネス書評メルマガ「ビジネスブックマラソン」で有名な、エリエスブックコンサルタントの土井英司さんでした。

本当に貴重な機会で、とても楽しみにしていました。主宰者様、スタッフ様に御礼申し上げます。

いつものように、なるべく近くでお話を聞こうと、一番前の一番右に着席。土井さんは勘の冴えわたるような眼差しとエネルギッシュな雰囲気で、聴衆を一気に集中モードに導かれました。

土井さんは、学生時代、エンターテイメントが本当に人の心を救うか否かに興味を持たれ、エンターテイメントの歴史が一巡している国ギリシャを留学先として選ばれたそうですが、それだけでも、土井さんの目の付け所が、“独自の強い軸”に基づいたものであることが分かります。

☆土井さんの誠実な価値観が滲み出た、面白い講演

今回の講演テーマは、土井さんが監修された『Me2.0』に基づくものでしたが、経済、経営、読書やセルフブランディング、パートナー選びの秘訣に到るまで、皆が何に興味を持っているかをその場で即座に見抜きながら、プリズムのように話を展開されていたのには驚きました。

なぜ、これほどまでに土井さんの話に引き込まれたか。それは、すべてが実感のこもった話だったからです。土井さんのamazon時代や会社経営者としての実体験、感覚がベースとなり、数多くの読書や友人の話を聴く中で、確信に至った事だけを自信を持って誠実に伝えている、ということがよくわかりました。

私は、学生時代に教育実習に行き、1日に数コマの授業を2週間したことがあるのですが、プレゼンター自身が体験をし、腑に落ちていることしか聴衆に伝わらないということをはっきり体験しているため、良い講演をする人には、不断の努力で積み重ねてきた経験や情報分析などの強固な背景があると確信しています。

講演の内容は、土井さんの知的生産物であり商売道具なので、伏せておきますが、

この講演を聴いて、実行したいと思ったことと、読み返したいと思った本を、
自分のフィルターを通した形で記録しておこうと思います。

☆アクションプラン

・「与えられる人」になり、「できる人」についていく

講演の中で、“成果の出せない人は成果の出せない脳をしている”という言葉に、我が身を振り返りました。

成果というのは、企業で言えば最終利益を挙げることです。私自身、従業員であることに甘んじてきてしまったので、経営者脳には遠く及びませんが、従業員でも経営者脳は絶対に必要だと思います。そのためにも、優れた人から学ぶ時間を増やしたいと思いました。そのためには、まずは自分自身が成熟した技能を持っていないと、他者に何も与えられず、相手にもされないため、日々仕事の技術や語学力を磨き、教養や社会的関心を深める努力を続けていきたいと思います。

・他業界の人と話す

私は、法律事務所に勤務しているので、社会のすべての情報が役に立つ面白い職場です。
破産管財事件、ヤミ金、サラ金問題、先物取引、医療裁判、偽装火災保険金請求事件、金融取引詐欺、PL(製造者責任)など、個々の特別な事情は、現場を知る人にしか分かりえないと思います。私は「実情」を知る人の話をできるだけ多く聴いて、井の中の蛙にならないようにしたいと考えています。

一方的なマスコミ報道には偏った報道もあり、例えば、「訴えた人=善、訴えられた人=悪」というイメージが強く植え付けられ、実際は、“訴えた人が不当な請求”をしていても、それを微塵も感じさせない報道があったりします。

自分の知らない世界を、現場の方から、真っ白な気持ちで聴く姿勢を持ち続けたいです。

☆読書プラン

土井さんの講演の中で名前が挙がった本の中から、これだけは絶対に呼んでおきたいと思った本をご紹介します。

・読書成功術

成功読書術 ビジネスに生かす名著の読み方
土井 英司
ゴマブックス
売り上げランキング: 159641
おすすめ度の平均: 4.0
4 良書のアマゾンレビューをまとめた感じ。
4 コーディネーター的役割の本かもしれません
5 さすが・・・。
4 良書との出会いを後押ししてくれる本
4 ビジネスでの成功を目指すだけでなく


・情報の文明学

情報の文明学 (中公文庫)
梅棹 忠夫
中央公論新社
売り上げランキング: 1253
おすすめ度の平均: 5.0
4 情報のあふれた今こそ価値を見直すべきでは
5 「考えること」の最良のサンプル
5 日本の情報社会論の古典
5 情報産業論に学ぶ。
4 情報という言葉なんてあまりに当たり前に使ってしまっているけども。


・ビジョナリーカンパニー3(次回のアウトプット勉強会の課題本でもあります。)

ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階
ジェームズ・C・コリンズ(James C. Collins)
日経BP社
売り上げランキング: 34


・ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙    新潮文庫
G.キングスレイ ウォード G.Kingsley Ward
新潮社
売り上げランキング: 412
おすすめ度の平均: 4.5
5 お父さんたちの胸に響く本
5 自分が経営者でなくても参考になる良本
5 自分の父親の代わりに相談に乗ってくれる本
5 お勧めの本
4 親父と話すことも大切だ。


・ウェブ進化論

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
梅田 望夫
筑摩書房
売り上げランキング: 1027
おすすめ度の平均: 4.5
2 盲信するなかれ
4 執筆当時の状況が良く分かる
3 情報化社会を紐解く
1 これはGoogleの宣伝本か?
3 ネットのことを’ざっくり’知りたいなら


・ホモ・ルーデンス

ホモ・ルーデンス (中公文庫)
ホイジンガ
中央公論新社
売り上げランキング: 44759
おすすめ度の平均: 4.0
5 文化の底にある「遊び」
3 1938年のオランダ人
3 スポーツは遊びの領域から去ってゆく...消えゆく遊びと小児病。
5 眼を開かされる国際法概念
5 難解だが、今の時代に読み直す必然あり


※新しい道を開拓できそうな本ばかりです。



☆土井英司さんの公式サイトのご紹介

エリエス・ブック・コンサルティングURL(メルマガ登録もできます)↓
http://eliesbook.co.jp/


土井さんのメルマガのバックナンバーをこちらで読むことが出来ます↓
http://eliesbook.co.jp/review/


2 件のコメント:

印象派プログラマ さんのコメント...

講演会ではお疲れ様でした。
「Me2.0」出版記念講演の時に聴いた土井さんのお話も相当濃いものでした。
また武士道さんにシェアしますね^^

BUSHIDOU さんのコメント...

印象派さん、土井さんの講演は聴きごたえがあって、一瞬一瞬がエンターテイメントでしたね!

プレゼンの方法の本を出して欲しいな、と思いました!

>「Me2.0」出版記念講演の時に聴いた土井>さんのお話も相当濃いものでした。

また是非お話を聞かせて下さい。