2010年9月17日金曜日

『20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ』は英語学習者必読の書!

☆すべての英語学習者へ。心から信頼できる本です!


20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ
Hiroyuki Hal Shibata
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 654
おすすめ度の平均: 5.0
5 英語を学ぶための「道具」「方法」がわかる

発売前から楽しみにしていた英語学習本、『20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ』 を著者のHiroyuki Hal Shibata (@HAL_J)様のご厚意で、献本いただきました。ありがとうございます!

みなさん、英語の勉強を毎日少しでも続けていますか?諦めてしまってますか?

これからの時代を生き抜くには、あきらめないで下さい!

私は、高校時代(岐阜の田舎の公立高校)から、英語だけは得意だったため、「一生働けるから、英語の先生になろう!」と英米文学科に進学しました。

ところが、大学に行ってみたら、流暢に英語を操る帰国子女や、入学時に既に第2外国語をマスターしている私立高校出身者が多く、愕然とした経験があります。いごこちの悪さはこの上なく、「ただの場違い」ですらあり、英語に対する自信が脆くも崩れ去りました。

青春時代最大の自信喪失体験…、ここが私の英語学習のスタート地点でした。

話せない、書けない…「英語が使えない自分」に対する悔しさ

この感情が、いまでも勉強を続けるモチベーションになっています。

しかし、それから10年余り経っても最大のハードルは超えていません。いまだに話すこと、書くことが出来ないのです。

おそらく皆さんも、英語で話す、書くことについて自信がある方は少ないと思います。


そこで本書を読んだところ、@HAL_Jさんの実体験により、「話す」「書く」ことも、勉強法次第で短期間で身につくことがわかり、鳥肌が立ちました!

@HAL_Jさんは、その方法をとても「誠実」に公開してくださっています。

著者さんの執筆に対する真摯な姿勢がひしひしと伝わってくるため、読み手も本気で勉強し、結果を出さなければ失礼なぐらいです。

☆本書の勉強方法を愚直に真似すべし!

まず、本書のベースとなった@HAL_Jさんのブログ「The Wisdom of Crowds-JP」の記事をいくつか読んでいただければ、画期的な勉強方法や、学びに対する考え方に感銘を受けます。また、@HAL_Jさんがアメリカにインターンシップに行かれるまでの経歴は、帰国子女でもなく、英語の勉強をしている私たちとほぼ同じで、非常に共感できます。


そして、今回、@HAL_Jさんが実際にやってよかった方法が書籍としてまとめられたことにより、系統だった学習方法や、ステップがそのまま頭に入ってくるしくみになっており、まるで英語の勉強方法の辞書のように使うことが出来ます。

最近は、ITツールのおかげで、いつでもどこでも勉強ができるようになり、最も効率よく効果的な勉強方法を簡単に手に入れることができるようになりました。しかし、世に出ている教材があまりに多すぎて、一体何から手をつければよいのか、どれがいいのか迷ってしまいます。その結果、買っただけで手をつけていない問題集が山積みになっていませんか?

@HAL_Jさんの書籍には、本当に効果的な学習方法や、参考書だけがピックアップされています。「えっ!こんな方法があったのか!」と衝撃を受けるものも紹介されており、知っていると知らないのでは大違いだな、と思いました。

本書を読んで、まず私が最初のステップとしてとりかかったのは、

◆瞬間英作文

◆音読100回

です。

そして、やってみたいと思ったのが、

◆音声認識ツールで発音矯正

です。


本書には、その具体的なやり方が書いてありますので、みなさんも是非本書を手に取られて、愚直に真似してみてください。私は@HAL_Jさんの勉強方法をこのまま続けます。さらに、本書を元にした、英語の勉強会もしてみたいと思いました。

☆読み物としても感動が沢山!

本書は勉強法の辞書としても使えるだけでなく、感動の読み物としても楽しむことができます。海外でインターンシップをされた時の様子も目に浮かぶようで、こちらまで実体験しているような気分になります。観察眼がとても鋭く、著者の感受性の賜だと思います。

私も読んでいて、何度もジーンと来ました。物事に真摯に取り組む人ならではの「本当の言葉」に出会えます。

私が何度も読み返したくなったフレーズの1つをここでご紹介します。


最初に断っておきますが、ひとたび英語を道具として使い始めると、本当に数多くのみっともない失敗をすることになります。しかし、めげないでください。失敗を恐れずに挑戦し続けてください。


失敗を恐れている人は、英語力を向上させることは決してできません。みっともない失敗をしなければ、英語力を向上させることはできないのです。(p82)

☆本書を読んで、1年後のあなたを想像しよう!

本書には、この本で書かれた方法を実践することで身に付けられることとして、次のことが挙げられています。

①TOEICで860点以上を取得して、A levelに到達する。

②「読む」「聞く」という受身な英語だけでなく、自分から英語を発信すること、

すなわち「話す」「書く」ことがちゃんとできるようになる。

③Native English Speakerたちと英語で意思疎通できるようになる。


まさに、
使える英語が身につくことを目的としているのが本書です。

「脱・使えない英語」のために、本書の勉強方法で一緒に英語学習を続けてみませんか?



20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ
Hiroyuki Hal Shibata
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 654
おすすめ度の平均: 5.0
5 英語を学ぶための「道具」「方法」がわかる
【今日の気づき】Don't be afraid to embarrass yourself in speaking in English, because it is necessary step toward mastering English.

0 件のコメント: