2010年11月6日土曜日

来年の手帳を2冊買いました。

 (私が購入した、学研ツイン手帳と朝活手帳)

☆手帳はライフスタイルの鏡

皆さんはもう、来年の手帳を買われましたか?

名古屋ライフハック研究会でお世話になっている花熊武士さんのブログでは、「手帳選びの基準」について、端的かつユーモアを持って語られています。

そこで、私も早速「手帳選びの基準」を書いてみることにしました。

私が初めて、手帳らしい手帳を買ったのは、佐々木かをりさんのアクションプランナーでした。
仕事もプライベートも一元管理できる、大きなサイズの手帳です。

2011年版 手帳リフィル アクションプランナー
株式会社イー・ウーマン
売り上げランキング: 125



小学生の頃「科学と学習」でお世話になった「学研」が出しているものです。

2011年 日付入りA5ツイン手帳/スケジュール帳(ブラウン)

学研ステイフル
売り上げランキング: 2015



※表紙の紙は外せるので、完全ブラウン一色の、男性でも使える表紙になります。

この手帳の特徴は、2段になっていること!
スケジュールは上段のマンスリーに、ToDoは下段のウィークリーに書き込んで使えます。

この手帳のよさは、

長期と短期のスケジュールを一目で見られる。

②表紙と裏表紙が透明ポケットになっていて、好きな絵葉書や写真などでカスタマイズできる。

③軽くて薄い。

ところです。

アイデア手帳ですね。

イオンやLOFTでも販売していますので、気になった方は、是非手にとって見てみて下さい。


まだ、買ったばかりなので、スタンプや付箋を使うなど、

年間通じて使い方をバージョンアップさせてみたいと思います。

☆早朝を充実させたい方へ

さらに、朝の英語勉強用に、池田千恵さんの朝活手帳も買いました。

朝は、頭がすっきりしているので、社会人の勉強時間には一番向いていると実感しています。
朝活手帳2011
朝活手帳2011
posted with amazlet at 10.10.30
池田 千恵
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 542
おすすめ度の平均: 4.5
4 今までにない手帳
5 朝活人のマストアイテム
この『朝活手帳』では、朝4時から9時までの時間管理をすることが出来ます。

早朝」を計画的に過ごしたい人、楽しく過ごしたい人におすすめ。

朝の過ごし方の池田さんならではのヒントも沢山書かれていますよ!!

7 件のコメント:

しんりん さんのコメント...

手帳選び、参考になりました。私はまだ購入していませんが、やはりフランクリンになりそうです。
ところで、「科学と学習」には、私もはまりまくりました。あの付録のすばらしさ。ワクワクしましたね。

BUSHIDOU さんのコメント...

しんりんさんも「科学と学習」ファンだったのですね!

少子化により、休刊になってしまったようで、本当に寂しい限りです。

フランクリン手帳は、価値観が磨かれるのがとても魅力だと思います。しんりんさんのオリジナルの使い方があれば、また、参考にさせて下さい!

花熊武士 さんのコメント...

冒頭からブログをご紹介いただき、ありがとうございます。

>自分の生活スタイルが確立すれば、手帳選びにも迷いがなくなります。

そうなんです!
おっしゃるとおりです!
この文言が手帳の本質を表してる!と共感しました。

「手帳=生活スタイル」
を具現化したものなんですね。

手帳の選択を迷っているのは、ライフ(=人生)にも迷っているということと感じました。

あと、僕の場合、A5は手の収まりが微妙によくないので、B6です。
この微妙さに関しては、「ある適切な表現」を思いつきました。(というほどでもありませんが。)

今度お会いしたときお話します。

BUSHIDOU さんのコメント...

花熊さんのブログの手帳記事を読んで、

試行錯誤の末に、自分にとっての「究極の手帳」に至った経緯にすごく興味を持ちました。

「ある適切な表現」というのはすごく気になります(笑)。次回じっくり聞かせてください!

花熊さんの文章は、論理的なのにどこかコミカルで、面白すぎるため、おすすめの「究極の思考術」を買って読みました。

今まで持っていなかった視点ばかりで、本当に衝撃でした。対立概念のポイントが整理できる、すごくいい本です!!!

花熊武士 さんのコメント...

「究極の思考術」を読んでいただくとは光栄です。
僕の思考回路のベースになっている本です。
手品のタネ本みたいなものです。

自分のオススメのもので、少しでも影響を与えられたらうれしいものですね。

最近は僕のブログでも写真をなるべくアップするようになりました。
これは、BUSHIDOUさんのブログは、文章と写真との連携が優れているのでモロに影響を受けていますよ。

BUSHIDOU さんのコメント...

花熊さん、

『究極の思考術』は読み物的で面白いのに、出版社はお固い法学書院ですし、「どこでこんな本を見つけられたんだろう?」と謎が深まるばかりです(笑)。

花熊さんのブログの、手帳のエントリーも、
>「はあ?たかが手帳じゃねーか。」←(爆笑)
という、一般の方の意識vsライフハッカーの手帳へのこだわりという二項対立になっていて、面白すぎました。

>自分のオススメのもので、少しでも影響を与えられたらうれしいものですね。

本当にそうですね。

こちらこそ、いつもインスピレーションをいただき、ありがとうございます!

私もお役に立てるよう、色々改善をしていこうと思います。

ひろたん さんのコメント...

i-phoneが最良の手帳だと考えています。
スケジュールは「さいすけ」、「evernote」で気付いたものを取り込んで、「Go tasks」でto-do-listを作成。

アナログもいいけど、デジタルもいいもんですよ。