2010年6月29日火曜日

『モチベーション3.0』大前研一訳・ダニエルピンク著

7月7日の発売前に、なんとゲラの段階で送っていただきました。講談社様、レビュープラス様に御礼申し上げます。



モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか
ダニエル・ピンク
講談社
売り上げランキング: 200

こちらが原書です。原題は『Drive』。↓
Drive: The Surprising Truth About What Motivates Us
Daniel H. Pink
Riverhead Hardcover
売り上げランキング: 290
おすすめ度の平均: 5.0
5 文章が面白く、ツールの充実した、あのダニエル・ピンクの新作
5 やる気の素 モチベーション3.0
5 経営者、教育者の必読書


現代社会に生きる私達が何をモチベーションとすれば意気揚々と働くことが出来るのかについての最先端の考察がされている本です。

『A Whole New Mind』(大前研一訳の邦題『ハイコンセプト』)のダニエル・ピンク最新刊であり、本書は、21世紀版『人を動かす』だと言われています。

本書は、個人だけでなく、マネジメント職の方は絶対に読んでおくべき本です。特に、マネジメントを監視やコントロールだと思い込んでいる50代、60代の経営者や上司には、この本を読んでマインドセットするか、さもなくばさっさと退職したもらうかどちらかにしてほしいくらいの素晴らしい内容でした(笑)。

☆ほぼ日サイトにも共通するコンセプトが流れている!

この本を読んで、まず思い浮かんだのは、以前、ほぼ日のサイトで見かけた糸井重里さんの言葉です。

公私混同が上手にできている人は、楽しくいい仕事ができる。

以下ほぼ日就職論から、糸井さんの発言の抜粋

「仕事」と「遊び」のあいだにいい意味での「公私混同」というかな、そんなことが、もっと認められていかないと。

うちの会社では、説得力さえあるなら、ぜんぶOKなんですよ。たとえば昼間、映画に行ったっていいんです。

そのときに「あいつ映画なんか行って」なんて説得力のない場合は、ダメ。「映画に行ってるよ」と言われて、「あ、そう」って、ふつうに言われるやつならそれだけのことをしているということだし、映画に行くということにたいしてもある意味、自信をもって行けるわけです。

(参照URL:http://www.1101.com/job_study/kanai/2007-06-05.html


私は、糸井さんの仕事における「公私混同論」を初めて知った時、衝撃を受けました。

特にクリエイティブ職や経営者は、24時間頭の中で何かが産まれる瞬間を大切にしているはずで、時間や空間を強制されてすごすのではなく、自発的にアイデアや刺激を受ける場に繰り出して、それを仕事に生かすことが大切だということに共感したからです。


(※ほぼ日手帳も、公私混同原論がもととなって出来ている手帳だそうですよ!)

しかし古い体質の会社や、経営者からしたら、「遊びっぽいものは休日にやって下さい」ということになるのが現状です。

私は法律事務所の事務職員で、毎日事務机の上で、手続きの書類を延々と作成したり、事務所の経理などをPCで行っています。

もし私が仕事を楽しくするなら、尋問や弁論を毎回傍聴に行って、相手方の言い分もリアルに聞いてみたいと思います。事件の全体図が俯瞰できるからです。いつもパーツ(手続き)ばかり触っているだけで、あとは想像の範囲でしか知らないのは、なんとなく自分の仕事に大きな意義を見いだせなくなることもあります。

自分がやっていることと、社会とのつながりを現場で知ることが出来ると、モチベーションはずっと維持できると思います。

しかし実際は自分の作業を置いたまま、抜け出して見に行くことはできません。やはり、外に出ている=自分のすべき作業をさぼっているというような感覚が植えつけられているからでしょう。

どんな人でも組織の駒でなく、プレーヤーになって、全体が見渡せる位置で自分を発揮したいと思っているはずです。

☆先進国のプレーヤーから学ぼう!!

そのためには、私達は何を持たなければならないのか、マネジメント職についたら、部下には何を与え、何をしないべきなのか、本書を読めば意識が新たになりますただし、一人だけで読んでいては組織は変わらぬまま、閉塞感につつまれていくでしょう。本書は組織にいる全員が自発的に読むべき本だと思いました。

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか
ダニエル・ピンク
講談社
売り上げランキング: 200


“いまや先進国に残った作業の大半は付加価値を求め、その都度違うことをする、クリエイティブな作業である。”(まえがきより)

大前氏のこの言葉は、非ルーチンワークについている人々に対しては、発想の自由度を阻むような成果主義ではもう立ち行かなくなることを意味しています。

それでは、今後、モチベーションに関して、どのような道を歩めばよいのか、そこには第3の道があることが本書を読むことで明確になります。

先進国においては、既に、“自分で人生を管理したい、新しいことを学び創造したい、そして向上して世界に貢献したい”という人間に内在する欲求をもとに具体的に行動している人達がいます。

そんな人達の行動から私達が学べることがあるはずです。

例えば、本書に挙げられている中でも特に私が注目したのはこの2つの要素です。

自ら方向を決定したいという欲求=自律性(オートノミー)

自分の能力をどんどん上達させていという衝動=熟達(マスタリー)

これらを分析することで、いかに自分を「Drive」(原書のタイトル)させるか、を決定づけることができます。

本書では、非常に示唆に富んだ事例がいくつも取り上げられているのですが、

“「優秀な人を雇ったら、あとは好きにさせること」”

というアメリカのスリーエム社の社長兼会長の先見性のある言葉は、とても的を射ていると思います。

私がいままで生きてきた中で、とても優秀だった人を思い出してみると、

例えば、高校生のころ、国立の医学部に現役合格したような人は、部活動にも熱心で、体育会系部活と文科系部活を掛け持ちし、夏休みには試合のために自主練習さえもしていました。おまけに恋愛話も熱心にしていましたし(笑)、雑誌を読んでおしゃれの研究もあれこれしていました。

首都圏の有名な私立の超進学校では、生徒たちが自分で自分をコントロールする力が強いので、制服もなく校則もゆるい、という話もきいたことがあります。
こういった優れた集中力を持つ人達に、「受験生は部活禁止」とか、「頭髪検査」や「鞄の中身チェック」などをやったら、おそらくのびのびと自分自身の力を発揮できなくなるように思います。

本書を読みつつ私が考えたのは、レベルの高い人たちに対しては第一に『自律性』を尊重しなければいけない、とまで言い切れるのではないかと思います。

☆4つの側面における自律性

本書では、仕事の4つの側面について自律性が尊重されるしくみを作れば、クリエイティブな働きをする人のモチベーションが維持できる、とあり、その4つとは、

◆課題(task)・・・何をするのか
◆時間(time)・・・いつするのか
◆手法(technique)・・・どのようなやり方でするのか
◆チーム(team)・・・誰と一緒にするのか

であると述べられています。

是非自分の仕事を振り返って考えてみてください。上司から与えられたプロジェクトや作業を、勤務時間内に、職場のシステムにのっとって、誰かが決めたチームで行っている仕事の方が多くないでしょうか。すべて他人の手の中にある感じです。これは大企業ほどその傾向が強いような気がします。

逆に、この4つに自律性が与えられれば、仕事そのものに満足度を得ながらやる気を維持できる、ということなのです。

その仕組み作りには具体的にどうすればいいのか、また、あまり優秀ではなく怠惰な従業員に対してはどうすればよいのか、そういった具体的な問題の解決法も本書で発見することが出来ます。

この本は、是非、教育者の方にも読んでほしいと思いました。子どもたちが自律性を持って何かを成し遂げる喜びを知り、立派に成果を上げれば、未来には自律性を重んじる職場がたくさん生まれると思います。

本書は本年発売されているビジネス書の中でも、現状打破のエネルギーを非常に強く感じる内容です。ダニエル・ピンク氏、大前研一氏のファンの方はもちろん、自分の能力を生かし切って、常にモチベーション高く充実した仕事人生を送りたい、すべての人に読んでほしいと思いました。

2010年6月28日月曜日

『マルシェ・ジャポン』で健康生活!

日曜日にノリタケの森に行ってきました。お目当ては広場で開かれているマルシェ(市場)。全国で開かれている生産者の顔が見える『マルシェ・ジャポン』は、旗振り役が放送作家の小山薫堂さんということもあるのか、かわいらしさやおしゃれさが感じられ、従来の「朝市」的なものに比べ若者受けが良い感じでした。

☆医食同源、だから食べるものは大事にしよう。
私は毎日の食事が自分の体を作っているので、味覚や品質ともによいものを選んで適量いただくことを心がけています。こうした市場は、こだわりの安全食材が並ぶのが魅力です。

旬のものや産地直送の新鮮な果物や野菜、特産品の数々が色とりどりに並んでいました。
試食もさせていただけて、小さな子どもたちが食べて遊んでいました。長野の道の駅ブースでは生のトウモロコシをいただいたのですが、その甘いのなんのって…蜜を食べているようでした。



園内は薔薇も美しく、広さも十分で、お散歩にぴったり。のんびりしながら、マルシェを回ることができます。


まるでフランスの市場のように、マルシェかごやジャム、ケーキまで色々なものが並びます。日ごろお世話になっているお友達や職場の人へのプレゼントにもよさそう。



マクロビオティックのお菓子を販売する「CHIE’S KITCHEN」のテントを発見。卵、牛乳、白砂糖を一切使わないクッキーやパウンドケーキ、有機栽培のハーブティなど、アレルギーのあるお子さんでも大丈夫なおやつが並んでいました。








早速バナナとくるみのパウンドケーキを買いました。お値段350円。ぎっしりと生地がつまって、バナナの味とさわやかな甘み、くるみがたっぷりでとても美味しかったです。 低カロリーで体にもいいお菓子っていいですね。
煉瓦作りの建物を背景に並ぶマルシェ。 観光バスの団体さんがやってきて、あっという間に売り切れてしまう食材も!



イタリアン用食材も並び、右上のズッキーニや、他にもオリーブオイルの専門店もありました。あれこれ献立を考えるのが楽しくなります。 おもてなしパーティーとかしたくなるなあ。


下の写真は、なんとにんにく専門のお店。試食を勧められましたが、匂いが気になるので控えました。たけど、めずらしい黒ニンニクがあったので、買ってみればよかったかな。



歩き疲れたら休憩できる椅子も沢山あります。
今日の戦利品の数々。特にお漬物に目がない私は、みそ漬けのゴボウや菊イモ、あっさり大根を買って大満足。私が大好きな恵那市のマルコ醸造さんのものです。これでしばらく白米がいっそう美味しく食べられるので、夕飯の時間が楽しみになりました。


※マルシェでは、値引きしたもらえたり、お土産をつけてもらったりと、色々サービスしていただいてとても嬉しかったです。対面販売はお店の人と色々会話が出来るのが楽しいです。


珍しい食材や、旬のとれたて野菜を楽しみながら買いたい人は、是非マルシェ・ジャポンに出かけてみてください。ノリタケの森自体も見所がいっぱいです。
マルシェ・ジャポンのHP↓

2010年6月26日土曜日

雨上がりを待つ日々

今日は、涼しげにガラスの中に咲くパープルのフラワーアレンジを作りました。桔梗やルリタマアザミの紫色がグリーンに映えて、部屋の中をみずみずしくしてくれます。

ガラスの花器の中にお花畑を作って、外は雨が降っていても家の中で華やかな気分。

私は、アート鑑賞が大好きで、学生時代からよく個展やギャラリーにも行っていました。

絵画は、どちらかというとラテン系のスペイン藝術が好きで、フランス的なものよりも力強さのあるものに惹かれます。

これは、フラワーアレンジ教室に飾ってある、メキシコのアート。

梅雨でじめじめしているせいか、とりわけ太陽を連想させるものに心が惹かれます。

今年は、愛知(名古屋)で、芸術祭「あいちトリエンナーレ2010」が開かれ、街中がアートになるので、

夏から秋にかけてとても楽しみです。

あいちトリエンナーレ2010のHP↓
http://aichitriennale.jp/

2010年6月23日水曜日

朝から“書道”を習ってきました。

☆筆を持ったのは、小学生以来。

今日は、出勤前に書道してきました。洋服が汚れないか心配でしたが、汚れたのは手だけでした。(そういえば、小学生の頃、白い制服に細かい墨がついてる子結構いましたよねw)

私が筆を持ったのはなんと小学生以来。習字の塾にも行ったことがありませんでした。それでも、大人になると、懐かしい勉強とか、日本の文化などに触れたくなることがあります。 今回参加したのは、名古屋環境大学「グリーンプロジェクト」の朝活1日講座「書のススメ」

講師の先生は若手書道家の山本祐司先生(1981年生)で、昔の書道の先生のイメージ(腕カバーをしている)とは違い、おしゃれ感が漂っていました。場所もミッドランドスクエアの会議室で、おしとやか系のOLさん達が集まり、朝からきちんとした気持ちになりました。

☆今、書道ブーム!!

マンガ『とめはね!』がNHKでドラマ化されたり、映画『書道ガールズ』が公開されるなど、書道ブームの波が来ていることもあり、楽しんで、好きな文字を書きたい!という人が多かったように思います。
とめはねっ! 鈴里高校書道部 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
河合 克敏
小学館
おすすめ度の平均: 4.5
4 高校書道部コミック
3 面白いことは面白いが・・・
5 「一」から始める書道
5 予想以上
5 ゆかりが、書道に挑む。


映画『書道ガールズ』公式サイト↓
http://wwws.warnerbros.co.jp/shodo-girls/

パソコンで文字を打つのが日常となった昨今、手書き文字ってやはりいいなと思います。

今日私が書いた作品がこれ↓

書道でも絵などの芸術作品と同様、「作品」と呼ぶようです。

希望の「希」は、自分の名前の中の一文字なのですが、ライフハックでお世話になっている深希さんの「希」でもあります!
この作品には、右肩上がりを夢見て、くじけそうになっても踏ん張って、最後はまっすぐ地に足をつけたいという気持ちを乗せてみました。

今日は、文字を習うだけでなく、 書道用の紙の原料には、ワラ、竹、雁皮(がんぴ)等があり、日本の紙は緻密でにじまない一方、中国製の紙はにじみ、かすれるので、作風によって紙も選ぶ ということと、

筆にも色々あって、鶏の羽毛とか尻尾などの筆があるのに驚きました。小学生用の筆は、書きやすいように、周りはヤギの毛で、中心は硬い毛(馬、たぬき、イタチ等)というように二種類の毛が使われているそうです。
☆書を始めるにあたって

(書を深く知る者は、神彩を上(じょう)となし、形式これを次ぐ。※神彩とは、精神のいろどりのことです。)
授業で一番心に残ったことは、形をうまく書こうとするのではなく、精神の彩(いろどり)や輝きの現れる文字を書くのが良いということ。 書道史に残る名作は、綺麗な字ではなく、味わいのある字なのだそうです。
パソコンで書いたような上手な文字よりも、長く見ていて味わいや趣を感じる文字がいい文字だそうです。
そして何より、墨の香りや、精神統一して書を書くときの気持ちがなんとも心地よく、書道の力を身を持って体験しました。今後、落ち着きたいときには、書をたしなむのもいいなあと思いました。

                       (山本先生にリクエストしたお手本)
山本 先生に書いてもらったお手本「安」。すごい癒し力です。「ほっとする感じの“安”お願いします。」と申し出ると、人がくつろいでいるように見える文字をささっと書いてくださいました。見ているだけで心がゆるむので、部屋に飾っておこうと思います。
☆山本祐司先生のホームページ
8月には安城市で個展も開かれる予定だそうです(以下、山本先生のホームページより)。
【展覧会 2010年 8月5日~8日】

 「山本祐司展 -ヨーロッパ・リトアニアに渡った書-」
  会期 2010年8月5日(木)~8日(日) 9時~17時 (最終日は16時まで)
  会場 安城市民ギャラリー 展示室C (安城市歴史博物館隣 )
  昨年2009年にリトアニアで発表した作品と、本年の新作を展観します。
  本年は例年の秋の個展ではなく、夏に個展を開催します。
山本先生の癒される文字の数々を見ることができます↓

http://www.geocities.jp/sho_art_jp/index.html

2010年6月20日日曜日

三島由紀夫の鮮烈な言葉たち

女神 (新潮文庫)
女神 (新潮文庫)
posted with amazlet at 10.06.20
三島 由紀夫
新潮社
売り上げランキング: 125958
おすすめ度の平均: 5.0
5 面白いです
5 自然と意志
5 やっと二人きりになれたね
5 参考にもなる本
4 女神


☆美について、女性についての本

先週、図書館で三島由紀夫の『女神』を借りてきました。

ある男性が、妻と娘を自分の理想美どおりに教育していくというストーリー。


社交界でも華々しい美を誇った妻は、ある日戦火で顔半分に醜いやけどを負ってしまいます。


妻の美の追求をあきらめたその男性は、今度は娘の美しさに対して情熱を注ぐのです。


例えば、選ぶお酒は、来ている洋服の色と合っていないといけない、とか、

教養についても、女性は美術についてあまり詳しくない方が良いなど、

彼なりのいろいろセオリーがあるのです。


以前、故伊丹十三監督のエッセイ『女たちよ!』を読みましたが、その中にも、見かけから教養まで、理想の女性像が描かれていました。


男性達は勝手なことをいうものだなあ、と思いつつも、確かに素敵な女性像だと思ったものです。


女たちよ! (新潮文庫)
女たちよ! (新潮文庫)
posted with amazlet at 10.06.20
伊丹 十三
新潮社
売り上げランキング: 11125
おすすめ度の平均: 4.5
5 男の美学 女の美学 語りかける皮肉
5 「ホンモノ」を擁護し、「ニセモノ」を厳しく糾弾する。
5 男の美学 女の美学 語りかける皮肉
4 ホンモノとは、何かを学ぶ
4 軽やかに


私は美容よりも、趣味の方が大事なので、大学時代も100円均一の口紅を塗っていたくらいです。

今でもすっぴんで職場に行く日がありますw

そんな感じで美への追求などには縁がない生活をしてきてしまいましたが、

美への執着は精神的な苦痛を伴う、ということはなんとなくわかります。


『女神』は、男性が描いた作品ながら、女性の微妙な心が非常に巧みに描かれているため、



読んでいるとちょっと怖くなりますが、美や恋、愛についての深い洞察が含まれています。



☆三島文学の鮮烈な言葉たち

さて、三島文学は、作品そのものが良くできているだけでなく、鮮烈に心に残る言葉がいくつもみつかります。



そんな言葉に心をえぐられるような瞬間こそが、小説を読む楽しみでもあります。



【従順な娘朝子に対して、ある青年が言った言葉】



“火に対抗するのには氷といふのはまちがひですよ。火には火、もっと強い、もっと猛烈な火になることです。相手の火を滅ぼしてしまうくらいな猛火になることですよ。さうしなければ、あなたの方が滅びます”

への執着の末、顔にやけどを負った妻依子についての描写】



“前半生を美しさの維持とその不安にすごし、後半生を美しさの喪失とその絶望にすごして、まったくただの一度も、彼女自身の生活を送ったことがなかった。”


【良家の婚約者がいながらも、芸術家の青年に恋をしてしまった娘朝子が、不安定な心を抱えている時の心の吐露】

“『パパが教えてくれたのは、心の形骸の生活の作法だけだったんだわ。しかもそれが今の私の、唯一の支えになっているなんて、本当に奇妙なこと』”

結末はちょっと予想外だったのですが、最終的に妻や娘を不幸にはしない設定になっているところに

、三島由紀夫の優しさを感じました。