2010年7月30日金曜日

Green Drinks NAGOYA vol.1に行ってきました!

29日木曜日の仕事帰りに、気軽なエコのイベント『GREEN DRINKS』に行ってきました!

GREEN DRINKSとは、世界の700都市以上で開催されている、エコや社会についてお酒やお茶を飲みながら、話を聴き、語り合うイベントです。日本でも東京を中心にどんどん広がっていっているそうです。今回は、名古屋開催の第1回。ハーブティーやオーガニックのワイン、ビールが飲めるカフェで行われました。

(イベントURL:http://greendrinks-nagoya.s1.bindsite.jp/

このお店は、インテリアショップでもあるので、石をくりぬいたシンクが地面にディスプレイされていたり、自由で楽しい空間でした。

私が頼んだのは、ハーブティ。オーガニックのワインや有機ビールも美味しそうでした。

このイベントの開催自体はTwitterで知ったのですが、最初に私が参加しようと思った理由は、

・お寺を改装したカフェiCafeのオーナーさんのトークが聞ける

・美味しいハーブティーが飲める家具屋さんでもあるカフェで行われる

という、楽しさ優先のものでした。

ところが、実際に参加してみたら、ゆるい空気の中でも、生活・環境・自分の生き方等、本当に色々とヒントをいただいた、とても濃い時間となり、帰り道は充実感でいっぱいになりました。

発起人&司会者の青木さんは、硬軟うまくミックスされて、参加者が自然体でくつろげるような雰囲気作りがとても上手でした。ゲストの思いや人柄を引き出すのも上手いし、場を一体化させるようなムードメーカーとしての存在が光っていました。

さて、第1回のゲストは、名古屋を中心に地域社会を盛り上げているこのお三方の登場でした。

コミュニティユースバンクmomo 木村真樹さん
http://www.momobank.net/

i-cafeオーナー町田慈子さん
http://konnichiha.net/i-cafe/

大ナゴヤ大学学長加藤慎康さん
http://dai-nagoya.univnet.jp/

それぞれが地域をつなぐ仕事をされているですが、コミュニティバンクmomoの木村さんが、これからの時代のキーワードは「Shareすること」とおっしゃった時、まさしく会場に共感が生まれ、皆でなにかを共有し、共感していく社会こそがあるべき未来の姿だと感じました。確かに、個人個人の欲求が優先されていく社会だと、時間も空間も、皆がバラバラになり、助け合いの精神は薄れ、費用がかさむという弊害があります。

ちょっとしたことでも助け合えば、心も通じるし、物も、貸し借りや大切に受け継いでいくことで、消費地獄に陥ることもありません。そんな古きよき時代の生活をちょっと取り戻したくなりました。

お寺を改装したロハスカフェ、icafeの町田さんは、カフェを立ち上げたとき、最初は勢いがあるので、外に外にと情報を求めて走りまわったそうですが、一度立ち止まってみないと見えないものがあることに気付いたそうです。


それは、今、ここにあるものを生かすこと

色々と外部に求める前に、本当に自分に欠けているもの、足りすぎているものに気付くことが大切だということ。私も最近、特にそう思うようになりました。足元を見つめ直す期間をじっくり取りたいものです。

大ナゴヤ大学の加藤学長は、“街中の誰もが先生”、というコンセプトで、企画力抜群の学びの場を作られていますが、授業の創意工夫が抜群です。例えば、栄の観覧車のゴンドラすべてを教室にしてしまったり(笑)、「愛知県警の女性向け防犯講座」という、お固い、しかも重い講座内容に、“携帯用防犯ブザーのキラキラデコレーション教室”をコラボさせたりと、どこからそんなアイデアが!というほどアイデアの玉手箱。

(大ナゴヤ大学、愛知県警の講座参考URL
http://dai-nagoya.univnet.jp/subjects/detail/51


偉い立場の人に講師をしてもらったり、協賛していただくにあたっても、
フラットな目線で参加してもらうという運営のスタンスがとても印象的でした。上下関係でなく、同じ街の住人として、横並びで参加できる場は、誰もが参加しやすいイメージにつながっていると思います。

最後に、発起人の青木さんが、東京から来られた素晴らしいゲストを皆さんにご紹介下さいました。
画家のAKIさんです。ギリシャの美術館にも展示されるなど、非常に社会的評価が高く、知的障害を持ちながらも、美大の講師としての仕事や、アートを通じての人との交流を活発にされています。非常に前向きで美しい青年の方でした。

Web上でも、彼の作品をご覧いただけます。

http://www.life-aki.com/index.html

あっという間の2時間半でしたが、皆で知恵を持ち寄ったり、ほんのちょっとでも社会にとっていいことをしてみようという気持ちが充満する、素敵な時間となりました。

頑張る、のではなく、自然体で何かしてみようと思えるようなカジュアルなイベントがこれからも色々なところで開かれるといいな、と思いました。

まるで友達同士でカフェで話すように、ね。

2010年7月29日木曜日

優良レビューに選定されました!

先日このブログで取り上げた、ダニエル・ビンク著、大前研一氏訳『モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか』&マルコム・グラッドウェル著、勝間和代氏訳『THE NEW YORKER 傑作選1 ケチャップの謎 世界を変えた“ちょっとした発想”』の発売前レビューが、編集者様により、Wで優良レビューとして選んでいただくことができました。御礼申し上げます。

特典で、完成本を2冊送っていただきました(上記写真)。本当にありがとうございました!

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか
ダニエル・ピンク
講談社
売り上げランキング: 18
おすすめ度の平均: 4.0
5 明快な論旨、あとは実践あるのみ
4 動機付けの理論を総括
1 今さら言われなくても...
5 2010年のベスト・ビジネス書の可能性大の一冊!
5 マネージャではなく、若手こそ読むべき本かも

マルコム・グラッドウェル THE NEW YORKER 傑作選1 ケチャップの謎 世界を変えた“ちょっとした発想” (マルコム・グラッドウェルTHE NEW YORKER傑作選)
マルコム・グラッドウェル
講談社
売り上げランキング: 1249
おすすめ度の平均: 4.0
4 ほんの少し努力して、好奇心を刺激して
5 私は良書だと思います! やはりグラッドウェルは面白い!
3 グラッドウェルはいいけど、、、、
3 内容自体はいいのですが。。。
4 天才達が、何を、どのように考えているか、を、垣間見る



優良レビューは、各50名の応募者の中から約10名が選ばれました。

結果は、こちらのサイトで御覧いただけます↓

『モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか』
http://ca.reviewplus.jp/motivation3/

『 THE NEW YORKER 傑作選1 ケチャップの謎 世界を変えた“ちょっとした発想” 』
http://ca.reviewplus.jp/ketchup/

名古屋の勉強会でお世話になっている「ぬばがっぱのブログ」さんも、「モチベーション3.0」の書評を書かれ、みごと優良レビューに選定されていらっしゃいます。ぬまがっぱさん体験からにじみ出た考察が鋭く、いつも内容が濃い記事を提供してくださっています!

ぬまがっぱのブログ

☆文章力を訓練するには、書評がオススメ!

そもそも、私が書評を書く理由は、情報を理解しながら自分の意見を加え、人に伝わる文章を書きたい思っているからです。訓練訓練また訓練で、私も修行中です。よって、本当は厳しい意見を募集中です。「硬すぎる」とか「ここがわかりにくい」とか、ご遠慮なくコメントいただけると嬉しいです。

本好きな皆さん、是非ブログやツイッターで好きな本の書評レビューをしてみませんか。慣れてきたら、amazonのにレビューをアップしてみたり、
レビュープラスさんから献本を受けて、新しい分野の本の書評にチャレンジしてみるのもオススメです。

☆読んでくれた人にとって、何かヒントになると嬉しい

私がブログを書く目的は、仕事、生活などで、なにかしらの前進の「きっかけ」になったものを書いて、読んでくれる方達に参考にしてもらえたらいいな、というものです。

これからも、皆さんに良い情報を提供できるように、努力していきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

2010年7月27日火曜日

『つぶやき進化論 「140字」がGoogleを超える! 』発売前レビュー

レビュープラス様より、『つぶやき進化論 「140字」がGoogleを超える! 』(原題『Socialnomics』)
の発売前の原稿をいただきました。御礼申し上げます。


つぶやき進化論 「140字」がGoogleを超える!
エリック クォルマン
イースト・プレス
売り上げランキング: 8776

原書はこちらです↓

Socialnomics: How Social Media Transforms the Way We Live and Do Business
Erik Qualman
Wiley
売り上げランキング: 24691

本書は、アメリカ、ドイツ、イギリスのAmazonにて1位に輝いた、ソーシャルメディアの必携書です

このたびとうとう日本語版が出版されるのですが、SNSやTwitterなどのソーシャルメディアを用いてビジネスを活性化させようと考えている人なら、原書を既に手にされているかもしれません。

私が初めて、SNSやTwitterなどのソーシャルメディアを利用し始めたきっかけは、リアルで参加している勉強会や読書会の方々との交流や自己紹介を目的としたものでした。

そして、気ままに日記やつぶやき、イベントの告知を眺めていると、そこに属する人達の集合体としての心理の流れが感じられ、不思議な感覚になったことがあります。 時代の空気のようなものが、個人個人から放出されているという感じです。

これをビジネスの視点で考えてみると、マーケッターや経済学者のような「人間の心理」が勝敗を左右する職業の方達にとって、ソーシャルメデイアで「見える化」された群衆の心理を見逃すことはできないでしょう。そしてそこで感じた心理をどのように理解し、扱うべきかが、最優先の課題だと思います。

ソーシャルメディアでは、具体的な商品の口コミ力も大きく、例えば、私がTwitterやSNSで知って、お金を払った商品や参加したイベントはというと・・・


「ドロリッチなう」や「テキサスバーガーなう」につられて、妙に食べたくなって買ってしまったというベタな経験から(笑)、高級ノートのモレスキン、書籍なら、NHKハーバード白熱授業で有名になったマイケル・サンデル先生の『これからの正義の話をしよう』をAmazonで注文したし、映画は『アバター』を観に行ったし、面白い漫画を教えてもらってTUTAYAでレンタルしたり、サイエンスカフェの著名人の講演や、美術館の展示の情報を知って、足を運んだり・・・

このように、日々の新しい行動のほとんどは、Twitter経由で仕入れた情報が元となっています。しかも、情報を得てから、ほぼ一週間以内に、購入しています。情報の鮮度の高さが、行動の早さにも影響していると言っていいと思います。

私の場合は、知り合いの中でも、特に尊敬している人、面白い人が勧めていたり、使っているものを高く評価しています。情報が信頼できるし、あこがれの人が使っているものは、自分も使ってみたくなるからです。

私は、本書を最後まで読んでみて、ソーシャルメディアであらゆることが見える化されていくと、親切なサービス、質のいいもの、信頼される人、だけが生き残る、ということを確信するに至りました

ものや人は、それ自体を磨くしかありません。それは時代が変わっても、普遍的なことだと思います。しかし、ソーシャルメデイアが世界を網羅して行く時代においては、周辺サービス(情報開示や、顧客とのコミュニケーションを含む)は、今まで殿様商売をしてきた老舗ブランドであっても、一から勉強し直さなくてはなりません。

そのためには、ソーシャルメディアを徹底的に有効活用する方法を知る必要があります。
☆あなたはつぶやきをどう活用しますか?

ビジネスであれ、個人としてであれ、ソーシャルメディアを有効活用したい方は、まずは、『つぶやき進化論 「140字」がGoogleを超える! 』 に書かれている内容を既に理解しているかどうか、ひとつひとつ丁寧にチェックしてみることをお勧めします。

私の場合、本書を読んで、人々の「情報の取り方」が変化していっていることに大変興味を持ちました。Googleが競争相手としているのは、もはや他の検索エンジンサイトではなく、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアである、というくだりでは、検索エンジンvsコミュニティの口コミという構図が面白いと感じました。結局、人は、PCの向こうに、人のぬくもりを求めているのかもしれません。
本書『つぶやき進化論 「140字」がGoogleを超える! 』 では、各章の終わりに、キーポイントがいくつも箇条書きになっており、非常に親切な構成となっています。各章から、ひとつづつピックアップしてみましたので、なにかしらひっかかった場合は、是非本書を読んでみてください!

【第1章のキーポイントから】

ソーシャルメディアで時間を潰すと、実は生産性があがる!

【第2章のキーポイントから】

ソーシャルメディアでは、企業は以前よりも容易に批判的なコメントや投稿を探し出せる。だから問題の「発見」に時間を費やす代わりに、「解決」に心血を注ぐことができる。

【第3章のキーポイントから】

ソーシャルメディアがあれば人々はその場で人生を見直し、いつも人々を悩ませてきた 「私の人生はこれでいいのか?」という問題に答えを出しやすくなる。
今までより多くの人が生産的な活動や社会貢献に関わろうとするようになるため、社会にとってもプラスになる。

【第4章のキーポイントから】

インターネットがなければ、オバマは大統領にはならなかった。ビジネス同様、政治家や政府もソーシャルメディアの進歩に遅れを取らないようにする必要がある。政治の場でうまくソーシャルメディアを活用すれば、大きな恩恵を受けられる。

【第5章のキーポイントから】

ソーシャルメディアのおかげで、みんなが同じことを繰り返さなくてよいので労力が重複しない。結果として効率のよい社会になる。

【第6章のキーポイントから】

ソーシャルメディアの世界で勝つのは、派手なメッセージに頼っているだけの企業ではなく、すぐれた商品やサービスを提供する企業だ。ソーシャルメディア内のつながりは世界最大かつ最強のリファーラルシステムだ。

【第7章のキーポイントから】

ソーシャルメディアライフでは何もせずに過ごすよりも、失敗するほうがよい。

【第8章のキーポイントから】

今後、個人や企業がどれだけ業績をあげられるかは、まさに、ソーシャルメディアをうまく利用できるかどうかにかかっている。

基本的には、ソーシャルメディアのユーザース数が増えれば増えるほど、見える化した情報をもとに、カイゼンを繰り返して、高品質、ユーザー本位の商品をつくり、誠実に双方向のコミュニケーションをすることが可能になったと考えるべきなのですね。それをいつ、誰が、どのようにしていけばよいか、そんな具体例も本書では豊富に取り上げられています。

本書のプロモーションにも色々なソーシャルメディアが使われているので、是非覗いてみてください。

☆原書の公式サイトはこちら
http://socialnomics.net/


☆Facebookには、本書のアカウントもあります

http://www.facebook.com/pages/tsubuyaki-jin-hua-lun140zigaGooglewo-chaoeru/131965496815588

☆公式Twitterをフォローしてみよう!

http://twitter.com/tsubuyakishinka


ソーシャルメディアを有効に使って、活発にビジネスをしたい人、私生活をさらに充実させたい人には、是非読んで欲しい本でした。積極的に活用すると最初は失敗も多いかもしれません。しかし、試行錯誤しながら、公私共に成長していきたいですね!

2010年7月24日土曜日

ビジネスブックマラソンの土井英司さんの講演に行ってきた!


☆アウトプット勉強会の講演ゲストに、土井英司さんが!!

名古屋アウトプット勉強会の講演会イベントに参加してきました。
今回のゲストは、ビジネス書評メルマガ「ビジネスブックマラソン」で有名な、エリエスブックコンサルタントの土井英司さんでした。

本当に貴重な機会で、とても楽しみにしていました。主宰者様、スタッフ様に御礼申し上げます。

いつものように、なるべく近くでお話を聞こうと、一番前の一番右に着席。土井さんは勘の冴えわたるような眼差しとエネルギッシュな雰囲気で、聴衆を一気に集中モードに導かれました。

土井さんは、学生時代、エンターテイメントが本当に人の心を救うか否かに興味を持たれ、エンターテイメントの歴史が一巡している国ギリシャを留学先として選ばれたそうですが、それだけでも、土井さんの目の付け所が、“独自の強い軸”に基づいたものであることが分かります。

☆土井さんの誠実な価値観が滲み出た、面白い講演

今回の講演テーマは、土井さんが監修された『Me2.0』に基づくものでしたが、経済、経営、読書やセルフブランディング、パートナー選びの秘訣に到るまで、皆が何に興味を持っているかをその場で即座に見抜きながら、プリズムのように話を展開されていたのには驚きました。

なぜ、これほどまでに土井さんの話に引き込まれたか。それは、すべてが実感のこもった話だったからです。土井さんのamazon時代や会社経営者としての実体験、感覚がベースとなり、数多くの読書や友人の話を聴く中で、確信に至った事だけを自信を持って誠実に伝えている、ということがよくわかりました。

私は、学生時代に教育実習に行き、1日に数コマの授業を2週間したことがあるのですが、プレゼンター自身が体験をし、腑に落ちていることしか聴衆に伝わらないということをはっきり体験しているため、良い講演をする人には、不断の努力で積み重ねてきた経験や情報分析などの強固な背景があると確信しています。

講演の内容は、土井さんの知的生産物であり商売道具なので、伏せておきますが、

この講演を聴いて、実行したいと思ったことと、読み返したいと思った本を、
自分のフィルターを通した形で記録しておこうと思います。

☆アクションプラン

・「与えられる人」になり、「できる人」についていく

講演の中で、“成果の出せない人は成果の出せない脳をしている”という言葉に、我が身を振り返りました。

成果というのは、企業で言えば最終利益を挙げることです。私自身、従業員であることに甘んじてきてしまったので、経営者脳には遠く及びませんが、従業員でも経営者脳は絶対に必要だと思います。そのためにも、優れた人から学ぶ時間を増やしたいと思いました。そのためには、まずは自分自身が成熟した技能を持っていないと、他者に何も与えられず、相手にもされないため、日々仕事の技術や語学力を磨き、教養や社会的関心を深める努力を続けていきたいと思います。

・他業界の人と話す

私は、法律事務所に勤務しているので、社会のすべての情報が役に立つ面白い職場です。
破産管財事件、ヤミ金、サラ金問題、先物取引、医療裁判、偽装火災保険金請求事件、金融取引詐欺、PL(製造者責任)など、個々の特別な事情は、現場を知る人にしか分かりえないと思います。私は「実情」を知る人の話をできるだけ多く聴いて、井の中の蛙にならないようにしたいと考えています。

一方的なマスコミ報道には偏った報道もあり、例えば、「訴えた人=善、訴えられた人=悪」というイメージが強く植え付けられ、実際は、“訴えた人が不当な請求”をしていても、それを微塵も感じさせない報道があったりします。

自分の知らない世界を、現場の方から、真っ白な気持ちで聴く姿勢を持ち続けたいです。

☆読書プラン

土井さんの講演の中で名前が挙がった本の中から、これだけは絶対に呼んでおきたいと思った本をご紹介します。

・読書成功術

成功読書術 ビジネスに生かす名著の読み方
土井 英司
ゴマブックス
売り上げランキング: 159641
おすすめ度の平均: 4.0
4 良書のアマゾンレビューをまとめた感じ。
4 コーディネーター的役割の本かもしれません
5 さすが・・・。
4 良書との出会いを後押ししてくれる本
4 ビジネスでの成功を目指すだけでなく


・情報の文明学

情報の文明学 (中公文庫)
梅棹 忠夫
中央公論新社
売り上げランキング: 1253
おすすめ度の平均: 5.0
4 情報のあふれた今こそ価値を見直すべきでは
5 「考えること」の最良のサンプル
5 日本の情報社会論の古典
5 情報産業論に学ぶ。
4 情報という言葉なんてあまりに当たり前に使ってしまっているけども。


・ビジョナリーカンパニー3(次回のアウトプット勉強会の課題本でもあります。)

ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階
ジェームズ・C・コリンズ(James C. Collins)
日経BP社
売り上げランキング: 34


・ビジネスマンの父より息子への30通の手紙

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙    新潮文庫
G.キングスレイ ウォード G.Kingsley Ward
新潮社
売り上げランキング: 412
おすすめ度の平均: 4.5
5 お父さんたちの胸に響く本
5 自分が経営者でなくても参考になる良本
5 自分の父親の代わりに相談に乗ってくれる本
5 お勧めの本
4 親父と話すことも大切だ。


・ウェブ進化論

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
梅田 望夫
筑摩書房
売り上げランキング: 1027
おすすめ度の平均: 4.5
2 盲信するなかれ
4 執筆当時の状況が良く分かる
3 情報化社会を紐解く
1 これはGoogleの宣伝本か?
3 ネットのことを’ざっくり’知りたいなら


・ホモ・ルーデンス

ホモ・ルーデンス (中公文庫)
ホイジンガ
中央公論新社
売り上げランキング: 44759
おすすめ度の平均: 4.0
5 文化の底にある「遊び」
3 1938年のオランダ人
3 スポーツは遊びの領域から去ってゆく...消えゆく遊びと小児病。
5 眼を開かされる国際法概念
5 難解だが、今の時代に読み直す必然あり


※新しい道を開拓できそうな本ばかりです。



☆土井英司さんの公式サイトのご紹介

エリエス・ブック・コンサルティングURL(メルマガ登録もできます)↓
http://eliesbook.co.jp/


土井さんのメルマガのバックナンバーをこちらで読むことが出来ます↓
http://eliesbook.co.jp/review/