2010年10月30日土曜日

対話力がある人になるには【その①】(読書会に参加して)

☆あなたには、生き方についての明確なポリシーがあるか。

私は、ポリシーとは、経験や背負うものがふえてくるごとに、磨かれていくものだと思う。

20代の頃の、「自由にやらせてほしい。」という自分中心の考え方を経て、30代に入ってからは、人を大切に思う意識の枠が広がり、ちゃんとした対話ができる相手との絆も強くなった。周りの人への配慮の範囲が格段に広くなった。

それは、父の死、家族の結婚、甥の誕生を経て、「大切な人達との長期的な関係」に意識が向くようになり、おちついてまわりを見渡すことができるようになったからだと思う。

それまでは、「今を楽しくすごそう」「なんとなく暇をつぶす」「資格試験の勉強に集中したい」というような、平面的な生き方だった。

今後、もっと開かれた、立体的な生き方をしていくのに最も大切にすべきことは、対話(価値観の交換)をすることだろう

一般的に「コミュニケーション」と呼ばれるような情報伝達に留まらない、価値観の交換である。

何が好きで、何を大切に思っていて、何に怒りを感じ、どういう生き方を望むのか。

そういった話をしながら、周りの人々と理解しあえることが、
一番充足感を覚えるだろうし、他者の価値観を知ることで、他者への配慮の深みも増す。

☆サンデル本は、世界中の様々な価値観をあぶり出すリトマス紙

NHKの「ハーバード白熱授業」で馴染みのマイケル・サンデル先生のソクラテスメソッド(対話)式の授業は、様々な立場の人の価値観をたくみに引き出しながら、これからの「政治哲学」にとって欠くことができない要素に気づかせられるようにできている。

サンデル先生もハーバードも、基準はまずアメリカに存在する価値観から出発しているので、日本の道徳観とは異なる面も多い。

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
マイケル・サンデル Michael J. Sandel
早川書房
売り上げランキング: 16
おすすめ度の平均: 4.5
5 難しいですね。
1 ?でした。
5 哲学を身近に引き寄せる本
3 良くも悪くもアメリカン
2 これ、正義?!

私は、サンデル先生の『これからの「正義」の話をしよう』を読んで、勝手に、「サンデル先生のものさし」というものを作ってみた。



サンデル先生が唱える、正義に対する3つのアプローチ(幸福の最大化・美徳の推進・自由の尊重)をトライアングルにしたもので、ある価値判断がどのようなバランスかを測ることができる(もっとも、「美徳」は数値化できないので、感覚的になるが、美徳に対する配慮の度合いを数値で示すことで、ある程計量化出来るであろう。)。

これを、自分の考え方や、会社や国の理念に当てはめてみると、何を大切にして判断しているかがわかる。

そして、三角形のバランスや大きさが似ている人とは協力しやすいし、違う人とは補いあう必要も出てくる。

友人関係や家族なら、なるべく似ているほうが争いは少なくなるが、国際社会ではそうはいってはいられない。

続く。

2010年10月24日日曜日

名古屋ライフハック研究会vol.10に参加してきました!

10月23日(土)に名古屋ライフハック研究会vol.10が行われました!

☆充実した話がたくさん出来た一日だった

今回は、ワールドカフェ方式で「ライフハック」を語り尽くすことがテーマでした。
ファシリテーターはコーチングや対話型解決法のプロフェッショナルの中小企業診断士・武藤郷史先生。

武藤先生持参の小道具のセンスはとてもオシャレで、例えば、トーキングオブジェ(これをにぎっている人だけが発言者) にフェアトレードショップで購入のストーンを用いられたり、イーゼル付きのミニウェルカムボードを用意してくださったり、 とてもハートフルな優しい先生でした。
(ハートのストーン:東区のウィルあいち1階のフェアトレードショップで購入することが出来ます。)

  (各テーブルに置かれたwelcomeボード)

冒頭の解説では、ワールドカフェスタイル以外にも、ダイアログ(対話型)のアプローチが紹介されました。 例えば、

・AI
・OST
・フューチャー・サーチ
・ソリューションフォーカス

どれも一度は体験してみたくなります。
ワールドカフェの手法については、以前の当ブログ記事にも紹介がありますので、ご参考に。
http://senobidou.blogspot.com/2010/09/blog-post_12.html

☆「会議」の概念を覆そう!

人は7人以上集まると本音が言えなくなるという武藤先生の言葉どおり、話し合いのグループは、4人ぐらいが一番話しやすく、傾聴しやすく、最適人数だと思いました。

ワールドカフェの手法は、以前のブログでもご紹介したとおりですが、今回特に印象的だったのは、
顔なじみの人と4人ぐらいでグループを組むと、「深い話」が出来ることです。

今回のお題は

① イチオシのライフハック
② そのハックの特徴、コツ、注意点
③ これからしてみたいライフハック

という流れだったのですが、

私達のグループ(@kakobonさん、@kosstyleさん、@miki_bluecloverさん)では、「そもそもライフハックに出会ったのはいつ?」という 話から入り、「自分とライフハックの出会いとその根本にあるもの」という価値観の話ができ、新鮮でした。

特に、@kosstyleさんの「“デジタルやIT”を活用したライフハックをさらに追求したいという考えは、名古屋ライフハック研究会参加者としてはとても刺激的でした。

ちなみに、私とライフハックの出会いは、勝間和代さんの本を読んで、“今後の人材に求められるスキルは、「英語・会計・IT」”という提言に共感し、ITをもっと活用して仕事をスムーズにしたり、面白くしたいと思っていた折に色々調べていたのがきっかけです。

☆各テーブルで紹介されたライフハックの数々
「TaskChute」(毎日繰り返し行うタスクの登録を自動化する)
参考URL:http://cyblog.jp/modules/weblogs/195
・議事録ドリブン(会議中に議事録を完成させてしまう&その場でスクリーンに決定事項が文章化され、承認を得る。)
参考URL:http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0610/24/news008.html
・「Eye-Fi」(ワイヤレスメモリーカード)
参考URL:http://www.eyefi.co.jp/
・「eClip」(検索タイプの簡易クリップボード履歴ツール)
参考URL:http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se408720.html
・「鉄」ソフトウェア(鉄道マニアな方向け)
参考URL:http://www.tetsunet.net/system/system.php?mode=dir&path=07/


☆差し入れのお菓子のセンスが抜群!

ワールドカフェは、コーヒーやお菓子を食べながら、わいわいと話をするcafeスタイルです。
今回もライフハック研究会スタッフセブン(@seven777)さん持参のすごいスイーツに目が釘付けでした!
なんと、石川県限定・辻口パティシエのドーナツです!!!!!
このドーナツを頂けるのは女子限定ということで、早速6つのフレーバーのうちイチゴと菜っ葉味をゲット。 フレーバーの風味が効いていてフンワリ感抜群でもう一個食べたくなるぐらいでした。

セブンさんはいつも遠方から来られ、研究会の運営に尽力してくださっていいます。さらに、温かい心配りで、情報感度抜群のお菓子を買ってきて下さり、場をぱっと明るくするような仕掛けをして下さいます。嬉しい!本当にありがとうございます!!

そして、今回は、勉強会アイドルうっちーこと「@Takao_U」さんが髪を茶色に染められたことについてあちらこちらで話題沸騰!!!!!
そのうっちーさんが、かわいいワッフル型のお菓子を差し入れしてくださいました!
私たちのテーブルでは、このワッフルが大人気で、半分近く消費していた感じがします。ストロベリーが特に美味しかったです。

ファッションも、アルマーニ風のジレを着こなされ、“休日のセレブ”的雰囲気を醸し出していたうっちーさんに一体何が!?
この続きは、是非ライフハック研究会や勉強会(@kakobonさんのぐるぐるマインドマップ等)に参加して、 うっちーさんに直接“尋問"してみてください(笑)。

☆思ったこと・感じたこと
さて、このワールドカフェスタイルのように、受身的に講義を聞くのではなく、主体的に参加するのは断然楽しいです。

参加者の方たちの価値観に触れられたり、雑談のようにして情報交換が出来たりするため、初参加の方が溶け込みやすいのも メリットの一つだと思いました。

☆6名によるLTのエッセンスご紹介!
今回も熱い参加者による熱いLT(ライトニングトークス=ショートスピーチ)が行われました。
そのエッセンスのみ抽出してご紹介します!

・@pylokzさんの就職前線よもやま話「ある社長の言葉:従業員とは、社長の夢を一緒に実現するのが仕事」

・@mick_kamiharaさんの英語術「わからないことはわからないと言う+簡単な言葉でシンプルに」

・@kei_designさんのイラスト術「キャラクター化させて楽しく記録する。スタンプを使ったり、無機質な物体にも顔を描く等」

・たのしんごさん(=後述のシークレットゲスト)による「文章を絵で表すと、一瞬で楽しく理解できる術」

・@gordy322さんの護身術(実演あり!)

・@ shinrinさんのお気に入りライフハックの数々(以下の写真参照)

ガッツポーズは、いいことがあった後だけでなく、大事なことの前に「気合を入れる」ためにしてみる
重要な局面で瞬時にチェックすべき項目をリスト化しておく。スポーツや重要な仕事のときなど。

アンチエイジンググッズ。柿のエキスの石鹸(しんりんさん絶賛)やインディアンシャンプー。フェイスリフティングの体操。

そして、しんりんさん開発のミッション管理ソフト「Check4Life」!!!iPhoneでも使えます。しんりんさん開発ツールなだけに、下から二番目の「会員情報設定」を「女性会員専用」に空目してしまいました(笑)。失礼。

☆シークレットゲストも登場!~懇親会とか二次会とか~

今回は「田野しんごさん」(さあ、誰でしょう???)というシークレットスターが参加され、 会場も大興奮!ワールドカフェの段階から参加されていたのですが、一緒のテーブルの方はすごくラッキーでしたね!

しんごさん(笑)には、ご自身が制作された『マンガでわかる!スピード仕事術』と「(TaskChute)タスクシュート」の紹介をいただきました。 (答えがわかったかな?)
(『マンガでわかる!スピード仕事術』)http://www.otogaku.com/item/463/1.html

マンガで仕事術という視点が斬新で面白いと思いました。イラストレーターふじたきりんさんの絵は、見ているだけでなごみます。iPhoneからも読めるそうですので、是非チェックしてみてください!

懇親会も二次会もアットホームな人数だったので、興味深くて刺激的な話が出来、心があたたまってとても楽しかったです。

今回も、スタッフの方々のご尽力や武藤先生のナビゲートのおかげで、いい一日になりました。

次回名古屋ライフハック研究会は12月18日(土)。

あっという間の師走ですが、次回もとても楽しみです。


2010年10月21日木曜日

サウンドバイト的読書術

             (写真:BBCサイトより)
☆サウンドバイト時代の読書術とは
Soundbiteという言葉、聞いたことがありますか?

「サウンドバイト」とは、メディア側が、セレブや一般の人々に対するインタビューの一部を断片化して伝え、趣旨と異なるように伝えてしまう現象のことです。

芸能人や政治家の発言は、編集されて、意図的に一部のみが伝えられることが多いですよね。

本来、全体の一部のみ「短く切り取られること」は他人に発言を操作されることでもあるため、コワイことだと思います。

情報にあふれた現代社会では、短い文章のつまみ食いや、ざっと読み・聞きをすることがほとんどだと思います。
しかし、切り取った一部を見て強い興味を惹かれ、全体をちゃんと知りたいと思うとすれば、知的好奇心が健全に働いていると言えるでしょう。

さて、先日、BBSサイトで、サウンドバイト時代と読に関する面白い記事を見つけました。
(具体的な記事)
(実際のyoutube)


これは、短い文章に慣れてしまった若者たちが古典を読まなくなっていることを嘆いた人達が考案した読書術です。
一言でいうと、「長編の書籍をパーツに分解して、ボランティアがYoutube上で朗読してくれる」というものです。

☆サウンドバイト的読書術を応用してみよう

BBCで取り上げられている長編作品は、スペインの「ドン・キホーテ」なのですが、「最も有名な作品かつほとんど読まれていない作品」という皮肉めいた紹介がされています。日本で言えば源氏物語あたりでしょうか。原作をすべて読んだことがある人は少ないでしょう。

Don Quixote: Complete and Unabridged (Signet Classics)
Miguel de Cervantes Saavedra
Signet Classics
売り上げランキング: 72791

源氏物語文庫(10巻セット)

講談社
売り上げランキング: 244492

サウンドバイト的読書術・・・あたかもiPhoneアプリの「美人時計」のように、イケメン俳優や美人女優が登場して、1人1ページづつ朗読してくれたらそりゃあいいなーなどと空想してしまいました(笑)。

長編だけでなく、苦手な分野の本や、字が細かくて読みづらい本なんかもかわるがわる朗読してもらいたいものです(オーディオブックだと、ずっと同じ声なので聞いている側も単調です。著者側がエネルギー切れしているときもありますよね(笑))。

さて、「サウンドバイト的読書術」は、「パーツ」にしてつなげることなので、他にも色々応用がききそうです。
例えば、
◆10人くらいの読書会で、自分の気に入った章を朗読し、感想を述べ合う×10人分

とか、

◆本を廃品回収や中古市場に出す前に、ツイッターで「気に入った箇所(10ヶ所ほど)」と「本のタイトル」をハッシュタグをつけて呟く

などです。

たまにツイッター上で、出版社さんが、新刊の本の中身を小出しにしながらつぶやいている時がありますが、これもサウンドバイト的読書ですね。

☆短い文章を味わう、精読する

短い文章でも意外と著者のDNAって宿るものです。

慣れてくると、歌謡曲のイントロクイズのように、出だしだけで著者が当てられるとか、文体で勝間本だとわかるとか、感覚も養われそうですね。

そのうち、読書好きで集まって、ビジネス書イントロ著者当てクイズなど、やってみたいものです。

2010年10月19日火曜日

なわとびと英語の意外な関係


☆すいすい覚えられる!画期的な英語暗記法

とうとう画期的な勉強法を発見してしまいました(笑)!

なわとびしながら、英語の重要フレーズ(単語)を暗記する方法。


体力づくりにもなり、まさに一石二鳥です!!

ぴょんぴょん飛んでいるリズムが英語にちょうどぴったりなんです(というか、ラップ調になりますww)。


うちの母は英語は三拍子だ(ワルツ?)と教えてくれましたが、

確かにイギリス英語はそんな感じで上品かもしれません。

しかし、英語教材で聞くアメリカ英語はほとんどなわとびのリズムです。

やり方は簡単!


縄跳びしながら、英文を10回繰り返して声に出すだけ。

この方法、飛んでいる時の集中力を利用するので、暗記の定着力がハンパなくいいのです

体で覚えられるといってもいい。

いままで、早朝のぼんやりした頭や、仕事で疲れた頭で勉強していたので、

ザルのようにいろいろとこぼれていっていましたが、スポーツ頭を使うと、暗記がはかどる!!!

ということを身を持って体験した次第です。


☆教材は家にあるものでOK!新しく買うより使い倒すべし

ちなみに私が暗記しているのは、「実践ロイヤル英文法」に出てくる例文です。

色々参考書が出ていますが、この基本書で十分です。

しかも私は英語教材なら、「旺文社」と決めています。

表現のための実践ロイヤル英文法
綿貫 陽 マーク・ピーターセン
旺文社
売り上げランキング: 3617
おすすめ度の平均: 4.5
5 「表現のための」というタイトルは秀逸。まさにこの本のこと。
4 和文の英文法書では最高峰・・・ただし名前は@@
5 のどから手が出るような!
5 他の文法書とは一味違う
4 これは良書ですね

☆英語のディベート訓練を始めようと思います

私、英会話は苦手です。なぜなら日常語がわからないのと、スラングが多すぎるからです。

「洗剤」とか「蛍光灯」とか、家にあるものの単語すらぱっと出てきません。

しかし、考えを述べる、とか議論をする場合だと、高校英語でなんとかなりそうです。

また、論理的思考力の勉強にもなります

結論と根拠をしっかり述べて、対話しなければならないからです。

というわけで、年内には、ディベートのサークルに参加してみようと思っています。

2010年10月15日金曜日

つるやのサラダパンを応用してみた。


☆なにごとも自分で試さないと解ったとはいえないことに気付く

「秘密のケンミンSHOW」で紹介されてから、気になっていたこのパン。

滋賀県の湖北部に住む方々にはおなじみなのだそうですが、このサラダパンの中身、な、なんと、たくあんをマヨネーズであえたものだそうなのですよ!!!

たくあんは好きだけど、マヨネーズで和えるとか、パンに挟むとか、まったく想像がつかないし、美味しいのかなー。
そこで、何事も自分で試すまでは本当のことは解らないというポリシーの持ち主である私は、自分で作ってみることにしました。

普通に真似してコッペパンに挟むだけでは面白くないので、パーティーメニューのようにカナッペとして応用してみました
其の写真がこちら!

結婚式の引き出物で頂いた、食用の金粉をふりかけて、見た目をゴージャスに(笑)。

さらに、食べてみて、びっくりです。

たくあんとマヨネーズの相性がよすぎて、まったく別の食べ物のようでした。

間違いなく美味しいです。


食感もポリポリ。ブラックペッパーをかけると更に美味しい。

大人の味なので、お酒のつまみにもなります。

いやー、またしてもB級グルメの威力に感動しました。

☆食べることも遊ぶことも仕事も、好奇心から始まるんだ。

こういうちょっとした実験みたいなことって意外と大事だと思います。

ちょっとした好奇心ですね。

「どんな味なのか食べてみたい」
「どんな場所なのか行ってみたい」
「どんな仕事なのかやってみたい」


そんな好奇心が毎日を活性化したり、楽しく生活するコツだと思いました。

毎日1つ実験ができたら、1年で365つも実験できますね。

人生は色々と実験の繰り返しなので、失敗するのもまた楽し。

☆元祖サラダパンの情報



サラダパンのことが気になった方は、web上にも情報がいくつかありますので、チェックしてみてください。

つるやパンのニュース
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091185971961.html

お店の公式URL

http://tsuruyapan.cart.fc2.com/


2010年10月13日水曜日

ハワイのシロノワール!?

☆ハワイ版シロノワール!
ハワイのパンケーキ店として有名な“エッグスンシングズ"。日本一号店が表参道に出来てからしばらく立ちましたが、休日はまだまだ行列が絶えないそうです。


先日、たまたま平日に東京に行く機会があったので、朝の開店時間直後に行ってみると、すぐに入ることができました。

エッグスンシングズHP:http://www.eggsnthings.com/

これ、プレーンのパンケーキに、ホイップのトッピングをつけたものです。

すごい。。。このボリューム。一人で食べるのが大変でした(笑)。しかも右下の丸いのは、アイスクリームではなくて、バターです。。。

なんとなく、形だけは名古屋の有名喫茶店「コメダ珈琲店」のシロノワールっぽいですね

このお店のパンケーキは、日本のオーソドックスなホットケーキとは違い、癖になるおいしさでした机の上にはグアバやココナッツのシロップが並んでおり、トロピカルな味付けにすることもできます。

上品なケーキもいいのですが、こういうがっつりスイーツも食べ応えがあって楽しいですね。

オムレツなどのサイドメニューも沢山ありますので、機会があったら是非行ってみてください。

2010年10月9日土曜日

色を見る時間

       (色々な果実を引き立てて、季節感を感じられるようにアレンジ。)
☆色の配分を考えたり、色彩の心理効果を感じて、ビジュアル力を磨いてみる

普段、色を意識する時間はどれぐらいですか?

街をあるいていて、色合わせが素敵な服装をしている人にはっとすることがあります。

すべてにおいてセンスのよさそうな感じがし、興味を惹かれます。

特に、アートやグラフィックの仕事をされている方は、服装のセンスも抜群にいいので、見ていると勉強になります(美術館などで見かけると、「デザイナーさんかな」、なんていうことがなんとなくわかりますよね)。

さて、私がフラワーアレンジを続けているのは、感覚を磨けるからです。
普段使わない脳の部分をめいっぱい使う感じです。

フラワーアレンジに限らず、絵を描いたり、色を塗ったり、アート作品を見に行ったり・・・

感動的な色の組み合わせを知ると、色々なところで役立ちます。

例えば、食事づくりや、服装、プレゼンテーションで、ビジュアルの完成度を高めることにつながります。
☆芸術の秋、展覧会にいくのもいいですね
芸術の秋、今気になっている展覧会は、岐阜県現代陶芸美術館で開催されているハンス・コパー展です。

参考URL:http://www.cpm-gifu.jp/museum/tenraninfo/03_1index.html


イギリスを本拠地とする陶芸家のシックな造形美が見られます。

また、11月になったら、暇をみつけて行ってみたいと思います。

2010年10月7日木曜日

縄跳びをはじめてみた。

☆運動って本人のやる気次第だ!!

私の職場の近くに、午後5時になると縄跳びを始めるおじさんがいます(笑)。
二重跳びをしているときは“なんだか楽しいことでもあったのかなあ、"というほど嬉々としているので、見ているこちらもほほえましい気分になります。

いつも挨拶をしてくれるそのおじさん。50歳代半ばにしてはお腹も全く出ていないし、ほどよい筋肉がついていて、健康的。もう何年もぴょんぴょん飛び続けています。

働き盛りの人達が「運動する時間がない」というのは単なる言い訳で、本人の工夫とやる気次第で、いくらでも機会を創りだすことができるのだと思いました。



早速私もちゃんとした縄跳びをゲット。

雨でジョギングができない日には、縄跳びをすることにしました。

朝は日焼けを気にしてジョギングをしない方針だったのですが、「縄跳び」なら日陰を選べばできます

☆実際に飛んでみて

◆ジャンプ力、リズム、腕の力、集中力を動員するので、鍛えられる部分が多いです。

◆音楽や英語を聞きながらできます。

◆意外に飽きません。

二の腕が引き締まるといいなあ、と思いながら気ままにやっていきたいと思います。

2010年10月1日金曜日

肉食ってこういうことだったのか!

先日ソウルをぶらぶら旅して考えたことの最終章です。

私が思うに、旅の醍醐味は裏路地にあります。

旅の2日目、朝9時30分いかにも観光地的なところから外れるのが好きな私がたどり着いたのは・・・


このお店。

店の片隅でおばさんが、せっせと肉を千切りにしています。

完全に地元民向けのお店のようです。

朝のこんな時間に既に1人のお客さんが 食べ終わって出て行く様子です。

☆草食系日本人に捧ぐ「朝から肉食のすすめ」

さて、私が日曜日に楽しみにしている番組の一つに、「たかじんのそこまで言って委員会」があります。

その番組内で、大阪市立大学教授の朴一先生が、

日本では草食男子が主流だが、韓国男子は1日で丸々1頭分の肉を食べる位の勢いだ

という趣旨のことをおっしゃっていました。

ソウルへ来て納得。出てくる肉の量が日本と違います。

日本人も肉をしっかり食べないと、国際競争力の点で心配になってきました(笑)。

さあて、このお店の正体は、「ユッケ専門店」でした!一万ウォン(約700円)でお皿に山盛りの生肉が・・・。夕方から一杯引っ掛けるお店ではありません。朝9時からのお店です!!!
レバ刺しも激安だったので、調子にのって生レバーも頼んだら、センマイまで付いてきて、グロテスクな姿に少々焦りました(ユッケは美味しかったですが、レバーは臭みがあり、センマイは食べられませんでした・・・)。

☆お次はなんと!ドラム缶で食べる焼肉店へ

そして、昼ごはんには、焼肉が食べたくなり、庶民的な店を探していたら、ドラム缶の上で食べる立ち食い焼肉店を発見!!!

肉を食べたらさっさと店を出て行くお客さん達。バーベキュー場でなくて、お店としてこういう場が普通に成り立っているのがすごい文化ですね。肉の味付けは最高に美味しく、つけダレは持って帰りたいくらいでした(笑)。ステーキぐらいの分厚さの肉をはさみで切って食べるので、食べ応え十分。脂身も少なく、いくらでも入りそうなほど柔らかいお肉です。

そして、街中では、鶏もまるごと並んでいます。日本だとこういうダイナミックな姿を見かけることはあまりありませんよね。。。
もちろんサムゲタンはお約束で食べてきました。朝鮮人参や栗や木ノ実がたくさん入って、鶏の出汁とニンニクがカーッと効いていて、体の疲れがふっとびました。毎日食べたら健康で美しくなれそうです。

お肉を食べると本当に元気が出ます!!

というわけで、お肉のおかげで、旅先でもびっくりするほど快活になったので、

これからはもっと積極的に肉を食べて体を鍛え、筋肉を増強したくなりました。