2011年2月4日金曜日

バングラデシュから帰国しました


       (船着場で行き交う人々にも、エネルギーを感じます。)

熱気とやさしさの国、バングラデシュから帰国しました。

約一週間の旅を終えた帰りの空港で、不覚にも、涙が出ました。それほど現地の人達との心の交流ができて、とてもいい旅でした。

旅行者らしき人はほとんど見かけないほど観光地化されていない、素朴なままの場所でした。

☆バングラデシュで考えた、人間にとって大切なこと

(子ども達はひとなつっこく、すぐに寄ってきます。デジカメで撮った写真の画面を見せてあげると、ものすごく喜んで、大はしゃぎしていました。)

バングラデシュといえば、マイクロクレジットの創始者ムハマド・ユヌス(ノーベル平和賞受賞)や、情熱大陸で一躍注目を浴びた、マザーハウス(バングラデシュ発のかわいいバッグブランド)の創業者兼CEOの山口絵理子さんについて、ご存じの方も多いと思います。

【ユヌス氏とグラミン銀行についてよくまとまっている、All Aboutの記事】http://allabout.co.jp/gm/gc/50940/

【山口さんの活躍がよくわかるyoutubeの動画】

http://www.youtube.com/watch?v=OmY1Os6dzvA&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=rZV8iktq0OU&feature=related

【バッグブランドマザーハウスのHP】

http://www.mother-house.jp/

お二人とも、経済を循環させながら、この国の人々の精神的・経済的自立を支えている方々です。人間の尊厳を重視して、ビジネスを実現させていることに感銘を受けます。

今回の旅では、日本の寄付により建てられた小学校や、グラミン銀行本部、農村、マザーハウスのマトリゴール工場などを訪れて、工員の方たちと一緒にオリジナルのバッグも作りました。現地の方々との交流を通して、この国の可能性をいたるところに発見しました。


※バングラデシュはインドの東に位置します。私も少し前まで知りませんでした。

            (地図:Wikipediaより)
私が生で体験してきたバングラデシュの今、私に起きた変化について、写真を交えながらこのブログで少しづつご紹介していきたいと思います。

0 件のコメント: