2011年3月6日日曜日

自作とかカスタマイズとか

★自作やカスタマイズで、愛着が湧くものに

最近、なんでも自作すると、意外に楽しいし、愛着が湧くことを身を持って実感しています。製本したノート、バングラデシュで作ったエコバッグなど、どれも大切なものになっています。既製品であっても、カスタマイズすると愛着が湧くので、何かちょっと手を加えて自分流にしてみてはいかがでしょう。また自分で何かを作ってみると、物を見る目が変わります。完成させるのにかなり時間がかかることが分かったり、職人さんの苦労が想像できたりするようになりました。

今回は、マイ箸を作るワークショップに行ってきましたのでその様子をご紹介します。

(※近いうちに、陶芸とか革製品(靴やカバン)づくりなどにもチャレンジしてみたいなあ、と考えています。 )

★マイ箸ができるまで

3月5日(土)に、岐阜で行われたイチイ(岐阜県の木)を使ったマイ箸作りのワークショップ。のこぎりや鉋(かんな)の使い方のコツを職人さんに習うことが出来て、素人でも上手に作ることができました。

(豆がスムーズにつかめるように、自分の使いやすさを追求して形を作っていきます。)

私の手のひらは、縦の長さ17.2センチなので、持ちやすいサイズの箸は22センチになります。
鉋(かんな)自体初めて触りました。どれぐらい力を入れていいのか分からず、最初はおそるおそる滑らせたら、ほとんど削れませんでした。何事も熟練が大事です…
だんだん熟練してきたところ(笑)。講師の職人さんに撮影していただきました。
【作り方まとめ】
①箸の形をした木を、のこぎりで自分の手の大きさにあったサイズに切る。
②鉋とカッターで整型する。
③サンドペーパーで磨きこむ。
④仕上げに、自然素材の蜜蝋を丁寧に塗りこんで、防水する。
⑤最後に焼き文字を入れて、出来上がり。

★おまけ
【岐阜駅近辺のいい店ご紹介】

ワークシップのついでに寄ったお店をご紹介します。岐阜駅近辺に行かれる方はご参考になさってください。
◆小林製麺(「もつ酒場よつば」。昼は「小林製麺」として営業)
http://www.hotpepper.jp/strJ000789026/
昼ご飯に、前から行きたかった、「もつ入りうどん」を食べました。女性一人でも入りやすくて、とてもいいお店でした。


プリプリのもつが二つ入っています。麺はコシが強くて、量もたっぷり。これで800円。出汁にはラー油が入っています。

◆サカエパン
http://r.tabelog.com/gifu/A2101/A210101/21000648/
昔ながらの製法の良心的なお値段のパンが並びます。温かみのある店構えにほっとします。駄菓子屋に寄るような感覚で、学生さんが訪れていました。サラダやコロッケ、シチューなどが入ったお惣菜パンが豊富でした。

 うのはなドーナツを思わず頬張りました。甘さ控えめで優しい味。手作り感一杯です。

0 件のコメント: