2011年3月16日水曜日

リスク管理のチェックは「今」しよう!

(緊急時用のアルミブランケット。実際に広げて、体にまとってみたら、想像以上に温かくて驚きました。非常用持ち出し用具に入れてあります。上の写真で畳んである大きさは、にぎりこぶし大です。 )
A&F:エマージェンシー ブランケット【中越沖地震、東海大地震、四川大地震…防災対策】

私は、今回東北地方で発生した大震災は、あらゆる人達にとって「リスクマネジメント」について再認識する重大な機会だと思いました。

あらゆる場面で「事前に最悪な事態を想定し、出来うる限りの防御をしておく」ことは、社会で仕事をする上でも、周りの人たちの命を守る上でも必須だと思います。

今回の震災で多くの方が亡くなったことは、決して無駄にはできません。

私は、まずこの休日に、災害時に必要な3つの危機管理をしました。

① 情報は必ず一次ソースを確認する

音声や文字による沢山の情報に触れたおかげで、煽り気味のニュースや、チェーンメール的なツイートは「ノイズ」としてスルーできるようになりました。

民放のTV放送や、ネット上の情報などには、事実を誇張したり、個人的な意見を付け加えた情報が少なからずあります。そういった情報は、緊急時には判断の邪魔になることが多いので、クールに処理する訓練にもなりました。

知人のツイートであっても、必ず一時情報にあたり、「自己責任」のもとに行動することが大事だと思います。 そうしないと、多くの人に迷惑をかけることになります。

② 防災チェックリストをひとつひとつ点検して備品を確認し、シミュレーションしながら避難訓練をする。

防災ハンドブックを1冊入手したり、公的機関のホームページ上で災害に関する必要知識を拾い、すべてひとつひとつ丹念にチェックしました。逃げる訓練や、火を消す、出口の確保などは、実際にやってみました。 職場では、停電はなかったものの、「懐中電灯にラジオがついたもの」が大活躍したため、職場や家庭で、必須の道具だと思いました。

③ クラウドに災害時に必要な情報を入れておく(免許証コピーなど)

避難時には、銀行からの現金引き出しや、診療を受けるなど、身元確認が必要な場面が出てきます。そこで、免許証、保険証、通帳番号などのデータをクラウドに保存しました。 データを遠方に住む家族と共有できるようにしておくことも有用だと思います。

※災害時にみなで支え合うには、個人個人の余力が必要になります。そのためにも、自立した備えをしておかなくてはならないと思います。

0 件のコメント: