2011年3月27日日曜日

手帳術朝食会@名古屋に参加してきました

(カスタマイズされた手帳の表紙たち)

日曜の朝から手帳の活用について意見交換をし合う「手帳術朝食会@名古屋」の第3回に参加してきました。


★手帳術朝食会@名古屋のご紹介

「手帳術朝食会@名古屋」は、休活でおなじみの大田正文さんが東京で主宰されている、手帳術朝食会に刺激を受けられたひろぽんさんが、名古屋で立ち上げられた会です。


ひろぽんさんは行動力があり、みなさん一人ひとりへの心配りがゆきとどいていて、司会力が素晴らしいです。会場確保やタイムキープ、全員によく聞こえる落ち着いた声での進行など、おかげさまで、とても楽しく参加させていただくことができました。 ありがとうございます! 第3回は、次のようにして行われました。

★日時 2011.3.27(日)9:00~10:30
★場所 東急ホテル 1F アトリウムラウンジ グリンデルワルト
★行程
  9:00~  会の説明+自己紹介タイム
  9:20~  ここが困った!手帳術(フリートーク含む)
  10:30   解散
★参加者 10名(うち女性5名)

★手帳で困っていること、全員でコンサルティング!

今回のテーマは「手帳に関するお困りごと」でした。
私が普段困っていることは、

・ペンや表紙をオシャレにして、お気に入りの手帳にしたい。

・旅行をする場合、持ち物や行くお店など、書くことが増えるので、どうしたらよいか


というもの。

今回は、表紙の選び方やカスタマイズについて皆さんにアドバイスをいただいたところ、


→仕事の予定表、ドリームマップ、行きたい国のポストカードなどを表紙にする。

→カバンの中で見つけやすいように、ホワイト系

→元気が出る赤系


など、みなさんのこだわりや、アイデアを教えていただきました。今の表紙は、紙が差し込めるので、色々と工夫ができることがわかりました。色については、次回の手帳選びに役立てたいと思いました。

また、参加者の皆さんの困りごとの一部をご紹介すると、


・休日のスペースが大きい手帳があるといい

・朝7時から23時までのバーチカルの手帳が欲しい

・予定帳とTO DOは別にすべきか

・およそ三ヶ月後くらいにしたい予定は、どこに書いておくか

・予定帳と発想やアイデアは一元化したほうがいいか

・手帳の大きさはどの大きさがベストか

・手帳を見返す習慣をつけたい

・気になること、思いついたことはどこに書きこむか

・スケジュールと、ノート2冊持ち歩くいい方法があるか


などなど手帳好きならではの問題意識があふれ出しました。

みなさん全員で意見交換をし、非常に有意義なソルーションが得られました。

★早速試してみた

私が早速試してみたのは、 “手帳を見返す習慣をつけるために、「手帳を開けたくなるものを貼っておく」”という参加者の方アイデアです。早速手帳の中に、自分が好きな写真を貼ってみました。

これは、アイドルの写真や、ペットの写真、癒しやわくわくドキドキの写真など、なんでもいいと思います。「見たくなるようにする」というのはすごいアイデアだと思いました。勉強用のノートにも貼ろうかな。


★本のご紹介
デキる人の手帳術 決定版 (知的生きかた文庫)

参加者の方から、手帳術の本を教えていただきました。著名人の方々の手帳術が集結しているものです。目次を見ると、内容が非常に充実していました。



主宰者のひろぽんさんはじめ、参加者の皆さま、充実した朝の時間をありがとうございました!


手帳の使い方に思考錯誤していたり、興味のある方は、是非参加してみてください。自分が知らなかった手帳術に必ず出会えます!

0 件のコメント: