2011年5月23日月曜日

その作業は本当に必要なの?

☆余力を持って帰宅しよう !

仕事をしていて、ムダな動きが多いと、その分エネルギーが奪われてしまいます。
できれば毎日余力を残して、家に帰りたいものです。

☆余分な仕事はしない、or簡単にしよう !

毎日くたくたになっている人は、一度仕事の総点検をしてみませんか。
そこで、まずは1日「本当にその作業は必要なのか」を意識してすごしてみると、意外なムダが見えてきます。

・いつも同じ手書きをしている部分がある→スタンプ化・印刷化・シール化できないか
使いにくくて読みにくい書式→社内に差し支えない範囲で改良できないか
・本当にその道具は持ち歩く必要があるのか→もっと軽量化する
・書類を戸棚に取りに行くのに、何往復もしている→まとめて返す、取りに行く
探し物に時間がかかる→整理整頓や、色分けなど、すぐに取り出せるように

☆余分な力はいれないで

そして、どの作業に置いても、「余計な力を入れない」もポイントだと思います。落ち着いて、自分が最も集中力が高まるペースやスタンスで仕事に向き合う方が、成果はぐんとアップ。まずはキーボードをたたく手や肩に、余分な力が入っていないかからチェックしてみてはいかがでしょうか。

☆参考になる本

まずは、図書館で、ムダを省く系の本をずらっと借りてみるのがお薦めです。 ざっと読むだけで、日々の業務改善のアイデアが沢山得られます!

できる人の超★ムダ取り仕事術 (中経の文庫)
オフィスの「事務改善」―残業ゼロの仕事術!ココまでできる
仕事が10倍速くなる 事務効率アップ術
テンプレート仕事術 ―日常業務の75%を自動化する

2 件のコメント:

sazanami さんのコメント...

こんばんは。
だいぶ前に読んだ本ですが、デスクワークをいかにこなしていくか、で参考になった本をご紹介します。

最強のデスクワーク術

自分のような純粋事務屋には参考になるものが多かったです。
コピー一つ取るのでも、やり方一つでその後の作業の進み具合が変わってくるんですよね。
もちろん自分なりの工夫は色々あるのですが、これを読んで始めたものもあります。

参考になれば。

BUSHIDOU さんのコメント...

sazanamiさん、コメントありがとうございます!

みなさん自力で効率化をいろいろ考えていらっしゃると思うのですが、参考本を見ていると意外なアプローチに気づけるのでいいですよね!

「最強のデスクワーク術」是非読んでみます!

また、あまりに効率化しすぎると、「仕事が速い人」と思われて、次から次へと雑用を押しつけられることがあるので(笑)、どんくささも適度に残すべきか悩みどころです(笑)。