2011年11月15日火曜日

「乙女の勘違い」に答える本を読んだよ。

また、やっちまった!

レビュープラス様より、乙女向け恋愛本を献本いただきました。男性の本音を語る野浪まこと氏の新作です。こういった類の本はふだん読まないので、おそるおそる開いて読みました(笑)。

最初におことわりしておきますが、レビューさせていただく当の私は恋愛マスターでは全くなく(笑)、乙女でもなく(失笑)、恋愛を語るなど、一番自信がない分野です。よって、「私の方が恋愛経験豊富よ!!まかせておいて」という自信がある方は、ぜひ本書をご一読の上、ご意見をくださいね。

★相手をおもいやること、理解すること

さて、恋愛とは、相思相愛の人間関係なので、一生にそれほど体験できるわけではないと思います。学生時代のように、お互いを知る時間が十分にある年代では、一緒に色々な場所に出かけたり、のんびりとすごして、お互いへの気遣いや思いやりを十分伝えることができたのではないかと思います。


一方で、社会人になってからの恋愛は、物理的に「相手と接する時間が少ない」という状態で、恋愛関係にある男性も女性も、お互いをどう想っているかわからないままの人も多いのではないでしょうか。

本書は、特に20代の乙女のみなさんが抱きがちなそのような不安や勘違いをすっかり解消してくれますので、読みがいがあると思います。

また、キャバクラにはまっている男性の心理などについての記載もあり(笑)、非常に社会勉強になります。
そういった男性に一定の理解を示すことができると共に、キャバクラにはまっている男性を見極める視点も養われますよ。

★尊敬と明るさが本物の恋につながる

恋愛は
この人のようになりたいな。この人と一緒にいたいな、と思うところから始まるような気がします。わざわざ「この人みたいになりたくない」、という人と一緒にいたいと思いませんよね。


なぜなら、人は身近な人と影響や刺激を与えあうので、自分が魅力的だと思う人と時間を共有したいからです。

さて、本書で述べられている女性に対する男性の本音の中で、女性から男性に向けても共感できるフレーズがいくつかありました。

① 男性が最終的に求める女性→明るくて精神が安定している人
② 良き彼女は良き上司と同じ。自分を成長させてくれ、想像もしなかった力を引き出してくれる。 ③ 好きだからこそ嫌われることを恐れる

このように、一見、軽いノリのタッチの本書ですが、本質的なことがいくつか書いてありました。

乙女のみなさん、是非いい恋をしてたくさん成長して下さいね!


また、やっちまった!

0 件のコメント: