2011年12月28日水曜日

やってみなくちゃわからないじゃない

「好きなことを仕事にすると、義務感になってしまうので、せっかく好きなことが嫌いになってしまう」という話をよく耳にします。例えば、旅行好きな人が旅行会社に就職したり、添乗員になってしまうと、旅行を純粋に楽しめなくなってしまう、というように。

確かに、想像する限りでは、好きなことが仕事にからむと、「納期に追いつめられる」「クレームを受ける」「あまり納得できない商品でも販売しなくてはならない」というよう、なんとも割り切れないことも多く、失望しそうです。

一方、もともと興味がない分野では、完全に「仕事」とわりきってできるので、冷静で客観的に淡々とこなしていくことができます。 最初から期待がない分、失望もない、という感じです。

他の例では、“医師は、親族を診察すると感情が入って診断を誤る”といいます。手術であればなおさらで、自分の子や親の手術は手元が狂いそうでできない、という話も聞いたことがあります。

愛する対象を前にすると、人は客観性を失ってしまいがちだ、という例です。

私たちはこのような話をよく耳にしているため、大好きな趣味を仕事にしたり、親族を対象にする判断をしたり、友人と共同で事業を興したりすることに躊躇します。いろいろな人から「うまくいかないよ」と言われているから、最初から避けてしまっているのです。

しかし、本当にそうなのでしょうか

私は、今まで私は自分の好きなことを仕事にしたことがありません。教育、英語、旅行、花、執筆、・・・

それは嫌いになるのが怖かったからです。

でも、最近、やってみなくてはわからないじゃない。と思うようになりました

なぜなら、今年、私は、好きだけれど自分にできるかどうか心配だった、あることに実際にチャレンジしてみたところ、想像とはまったく違い、自分に大きな自信がつく結果となったからです。


客観性や冷静さも失わず、理性と感情のバランスもとてもうまくとることができました。

まさに“案ずるより産むがやすし”という体験でした。

想像するのと、実際にやってみるのとは大違いです。

自分の好きなことは、自分を大きく成長させてくれます。あまり好きでないことでは、そこそこの成長しか見込めないことも体験上わかりました。


というわけで、2012年は守りに入らず、おもいきってジャンプしてみようと思います。

2 件のコメント:

ともかず さんのコメント...

いい振り返りっすね。
時間は一度きりなので、飛び込んでやってみるのがいいですよね。
時がたてばすべては経験ですよ。
負けないように来年も跳び込んでいこっと。

BUSHIDOU さんのコメント...

ともかずさん、コメントありがとうございます!
年齢とともに保守的になりがちだったので、「えいっ」という行動をあえておこすというのが重要だと気付きました。

確かに、経験が増えれば、自信もつきますし、2012年、チャレンジャー精神で行きたいですね!!