2011年1月23日日曜日

KUSMI TEAの香り

(チューリップとアマリリスを使ったブーケをつくりました。真ん中に立っているのはゼンマイ。春の訪れの雰囲気に。)
☆香りのある生活

毎日寒いし、忙しいし…という中で、殺伐とした生活を送っていませんか?

私の場合、ぼーっとした時間がとても大切で、仕事から家に帰ったら、色々な香りのお茶を入れて飲んだり、花を飾ったりして、ほっと一息をついています。いいお茶はおいしいし、いい香りがします。花は、見て癒されるし、香りが部屋いっぱいに広がります。

☆お茶でアロマテラピー

最近、友人からいただいた、「KUSMI TEA」がお気に入りで、よく飲んでいます。
かつて皇室御用達の茶商だったロシア人のクスミチョフさんがフランスに亡命し、香りを楽しむロシア風の紅茶を販売したのがクスミティのはじまりだそうです。

私は、紅茶派なので、いままで色々なカフェでは紅茶ばかり飲んできましたし、友人からのプレゼントで、色々なお店のお茶を飲んできましたが、「KUSMI TEA」のおいしさは別格だと思いました。香りのつけ方、茶葉との相性がぴったりで、バランスが絶妙かつ自然です。ラベルも可愛いので、コレクションしたくなります。

写真の「グリーン・ブーケ」という中国茶葉にシトラス系の香りをまとったお茶は、私の今一番のお気に入りです。他にも、チャイのフレーバーやチョコレートミント、チョコレートスパイスなどのフレーバーもありますので、紅茶好きな方へのバレンタインなどの贈り物にもいいかもしれません。

 KUSMI TEA正規代理店のHP(とても素敵です。)
http://kusmi-tea.jp/index.html

※名古屋では、DEAN&DELUKAで購入可能のようです。

2011年1月20日木曜日

『ソーシャルメディア革命』立入勝義著・無料献本電子版を読みました!

☆『ソーシャルメディア革命』は航海図だ!


ソーシャルメディア革命
立入 勝義
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 4645
映画も公開中で話題のSNS、「Facebook」や動画投稿サイト、Twitter、ブログ、ゲームサイトなど、わたしたちみんなが表現したり、参加できるソーシャルメディアが、これからの時代を動かしていくことは、もう誰も否定できないと思います。しかし、どんな未来が理想で、私たちはどう関わればいいのかを思いめぐらすことなく、漠然と流されているままの方も多いでしょう。

流されているままでは、自分の仕事も生活も、突然現れる波に飲み込まれてしまいそうです。もっと主体的にソーシャルメディアに関わっていくために、情報を一度整理してみませんか?

私は、早速、ソーシャルメディアの最先端から未来予想まで描かれる『ソーシャルメディア革命』(キャンペーン用電子版)を読んでみました。本書を読むと、新しい知識をどんどん吸収しながら、私たちがつくるメディアの全体図、未来図が描けてきます。それはまるで、ソーシャルメディア社会への航海図を手に入れたような気分でした。

☆ 北米在住の日本人ブロガー作家の視点に学ぶ、脱ガラパゴス的発想

私にとって特に印象的だったのは、以下の3点です。

・ あらゆる読み手の立場に立った文章で、具体例が多く、内容も読み応えがある。
・ 今後の社会を予測するのに役立つ、ワクワクするような事例が盛りだくさん。
・ ソーシャルメディアでリーダーシップをとるための必要条件について、非常に有意義な考察がされている。

北米在住という強みを生かした著者は、アメリカのソーシャルメディアのイベントや、注目されているサービスについて、生き生きと語ってくれます。さらに、国際的視野に立ち、俯瞰した上で、日本人が獲得すべきマインドやスキルについて意見を述べています。

ブロガーとしての心得、「国際的な空間」に参加するために必要な力(英語学習の方法・国際感覚の必要性)など、情報発信側の意識についても学ぶことが多く、のめりこんで読みました。著者の考え方や感覚を見習いたいと思ったので、本書を読みつつ、著者の立入さんが運営されるブログも訪れてみました。 読み始めから
視野がいきなり広がり、別の感覚が生まれる感じです。特に英語の習得法に関する話は、読みふけってしまいました。

【著者の立入勝義(@tachiiri )さんのブログ】
意力(いちから) 
http://ichikara.sakurainternetusa.com/
ZEN ENGLISH  
http://blog.alc.co.jp/blog/2000707

☆無料ダウンロードは20日まで!

本書は、どんな読者が読んでも深い理解にたどりつけるだけの十分な配慮がされています(構成や解説方法などにも非常にこだわりを感じます)。企業広報関係の勉強会はもちろん、大学の授業のテキストとして用いてもよいのではないでしょうか。新しいアイデアを生むきっかけとなるに違い有りません。

本日20日まで、ディスカヴァー21社キャンペーンにて、立入勝義著『ソーシャルメディア革命』の電子版を無料ダウンロードすることができます。興味のある方は、下記URL御参照の上、是非読んでみてください。

※72時間限定!電子版『ソーシャルメディア革命』無料献本キャンペーン!紹介ページ
http://d21blog.jp/discover/2011/01/72-5000.html


ソーシャルメディア革命


2011年1月15日土曜日

英単語を楽に覚えるにはどうしたらいいか?

英単語を覚えるのが苦手という方、多いと思います。

私も、英語の勉強の中で、一番苦労して来ました。

単純な記憶力は25歳をさかいに、下落する」と言ったのは、私の高校時代の同級生です。

その同級生は、社会人になってアタック25で優勝したり、ミリオネアで賞金を獲得したり、あまりに物覚えが驚異的なので、記憶力についてインタビューしたら、そんな答えが返ってきました。

しかし、今までの知識とつなげて覚えるという方法で、着実に新しい記憶は増えていくそうです。

そこで、私が英単語を覚えるときに使うようになった、つなげて覚える方法を公開します。

☆英語ニュースを活用しよう

みなさん何か、英語のニュースを読んでいますか?

いちいちサイトを訪れる情熱がない場合は、無料メルマガで、毎日ニュースを配信してくれるものがあるので、好きなものを探して、気軽に登録してみてください。

ニュースといっても、堅苦しく政治・経済なんて捉えなくてもいいのです。

最初はゴシップなんかで十分です。

「海老蔵事件」など、インパクトが強いものは、事件のイメージと単語が結びつくので、忘れません(笑)。
    (マインドマップに、事件に出てきた単語を書いておきます。)
例えば、

酩酊状態の   intoxicated

監視カメラ   surveillance cameras

看板歌舞伎役者 top Kabuki performer

けんか     fracas, brawl, scuffle

挑発      provocation

加害者     assailant

次にどこかで見たときに、あっ!海老蔵の時に出てきた単語だから、酔って暴力ふるって捕まった感じの単語だな~と思い出すことが出来ます。

まあ、こんな感じで、ニュースを読んでいると、英単語集を丸暗記するよりも印象に残るのです。

この、印象に残る、という感じがミソです。必死で暗記しようと思わない方が、記憶に残ります。

英語のディベートには、何を準備すればいいのか?

英語のディベートを初めて体験する人が、準備しておくべきことを書いておきます。

私も、先週初めてディベートサークルに参加したので、準備不足で、不完全燃焼でした。

ディベートのいいところは、準備さえしっかりしておけば、ある程度予測の範囲で場が進むことです。

☆論題をチェックして、自分の立場を明らかにしよう!

ディベートでは、最初に論題(proposition)が与えられます。

その論題に対し、肯定側、否定側に分かれます

例えば、「Japan should begin its English education at the elementary school level.」

(日本は、小学校段階より英語教育をはじめるべし)

という論題について、賛成か反対か、自分の立場を明らかにします。

「小学校なんて早過ぎる!中学校で十分だ。」「遅すぎる!幼稚園で始めるべき」という意見を持っているなら、反対派です。
「英語教育を小学校から始めるのが最適である。」という意見なら、賛成派となります。

ディベートの練習であれば、必ずしも自分の本音でなくても構わず、論拠を集めやすい立場に立ったほうが、スムーズに話しやすいです。

☆肯定側に立ったら

準備していくことは、3つです。

①問題領域の確認・・・言葉の定義をはっきりさせます。

例えば、「小学校とは、6歳から12歳の児童が通っているところ」「英語教育とは、読む、聞く、話す、書く、がある。」など、具体的に定義します。そうすることで、争点になりそうなことが、予測されてきますよね。

②主要争点の整理

「小学生に英語教育をすること」の重要性、「小学生に英語を教育すること」の弊害など、両者の主張が対立しそうな点を整理します。

③利益と弊害の比較検討

小学生に英語教育をすると、デメリットよりもメリットの方が大きいことを示す証拠を集めます。

☆否定側に立ったら

準備していくことは4つです

①問題領域の確認
②主要争点の整理

ここまでは、肯定側と同じです。

③対抗策(対案)

「小学生ではなく、中学生から英語教育をすべきだ」など、論題よりもbetterな提案を考えます。

④利益と弊害の比較検討

対案のほうが、メリットの幅が大きいことを示す証拠を集めます。
(中学生から英語教育をするメリット-デメリット)>(小学生に教育するメリット-デメリット)
※ーはマイナスを意味します。

☆練習は、声に出す!

紙の上で、主張を整理をするだけでなく、実際に声に出して練習していきます。
テープレコーダーを使って、論理的な矛盾がないかをチェックします。しゃべり慣れない単語は、実際に声に出して練習しないと、確実にかみます。

☆参考図書

英語ディベートの初心者用の本を見つけました。殆どの本はベテラン向けなので、書店で中身を確認して、自分のレベルにあったものを探してみてください。

ディベート自体がわからないという場合は、大学生向けのディベートの基礎本などで、予習しておくと理解が早くなります。

はじめての英語でディベート―TOEIC650点レベルの
土山 真知子
山下出版
売り上げランキング: 1050534

2011年1月9日日曜日

英語のディベートサークルに参加してきた

今年の最大のチャレンジである、英語のディベート会に参加してきました。
目的は、英語で話す力と論理的思考力を同時に磨くためです

約20名ほどの参加者の方々は、学生時代からESSでディベートをされていた方、海外勤務の経験のある方、英検1級保持者など、非常にレベルが高い方ばかりでとても緊張しました。しかし、自分がめざすレベルの方々に囲まれて切磋琢磨できる機会は積極的に得る必要があると思います。プレッシャーが大きいほど人を育てるからです。

今回は、親切な先輩方に、会の後にアドバイスをいただくことができました。
その中でも、特にディベートを理解するために重要な、3つのことを記しておきます。

☆まず、ディベート(論理ゲーム)の本質を身につけよう

・ディベートのルールとコツ【このサークルでは、2回主張2回反論型を用います。】

(議論が進むほど、シンプルになっていく。後半では新しい主張はせず、論点を絞り込んでいくこと。)

①肯定側第1立論、Affirmative 1st Constructive Speech
<否定側からの質問、Cross Examination>
②否定側第1立論、Negative 1st Constructive Speech
<肯定側からの質問、Cross Examination>
③肯定側第2立論、Affirmative 2nd Constructive Speech
<否定側からの質問、Cross Examination>
④否定側第2立論、Negative 2nd Constructive Speech
<肯定側から質問、Cross Examination>
⑤否定側第1反論、Negative 1st Rebuttal Speech
⑥肯定側第1反論、Affirmative 1st Rebuttal Speech
⑦否定側第2反論、Negative 2nd Rebuttal Speech
⑧肯定側第2反論、Affirmative 2nd Rebuttal Speech

・ディベート中に考えるべきこと(三角形を常に頭に描くこと)



・ディベートに役立つ書籍(松本道弘さん、西部直樹さんの著書)

図解 ディベート入門 (1時間でわかる図解シリーズ)
松本 道弘
中経出版
売り上げランキング: 197561
映画『交渉人』から学ぶディベート・英語交渉術 (Screenplay (104))
松本 道弘
スクリーンプレイ
売り上げランキング: 84272

武士道と英語道
武士道と英語道
posted with amazlet at 11.01.09
松本 道弘
スクリーンプレイ
売り上げランキング: 529759


☆PDCAサイクルを回そう(Plan-Do-Check-Action)

何かを始めたら、常に改善してレベルアップしていくために、PDCAサイクルを回していくことが大切です。

前回のブログエントリーで「SMARTに目標を具体化する」フレームワークに当てはめてPlanningをしました。そして実際に行動してきました(Do)。そこで、振り返り(Check)をします。

・S・・・結論1つにつき、根拠を最低3つは述べられるようにする 
根拠は3つ示すことができましたが、抽象的すぎたので、もっと具体的な方がよい、というアドバイスをいただきました。

・ M・・・1ヶ月に最低1回は参加する
1ヶ月に1回ではスキルアップができないので、予定がない限り、毎週参加することにしました。

・ A・・・平易な英語で、ゆっくりわかりやすく話す
語順に慣れていないので、何度も言い直しをしました。


早く話すことよりも、わかりやすく話すことをもっと心がけたいと思います。

・ R・・・出席ごとに毎回ブログで達成度を報告し、次回の課題を書く
今、ブログにて報告し、課題を書いています(笑)。

・ T・・・まずは今年1年間続ける 
とても勉強になったので、今年1年といわず、ライフワークにしたいと思います。

☆課題を具体化しよう

さて、チェックができたので、次のActionをとるべく課題を具体化します。

次回参加までの課題は、下記のとおりです。

・議論に出てきそうなキーワードはすべて調べておく(30個以上)
・自分の主張に合った証拠を文書で持っていく(主張ごとに)
・相手方の反論をある程度予想して、反駁のフレーズを考えておく(最低5個)
・ゆっくり丁寧に話す
・具体的に、とにかく具体的に

みなさんも、是非自分の大きな目標に向かって、目標を細分化、課題を具体化して、すこしづつステップアップしてみませんか?即効で目標達成なんて、夢物語でしかありませんから。

2011年1月7日金曜日

SMARTに目標を具体化する方法

☆目標を具体化させれば即実行出来る

経済評論家、勝間和代さんのメルマガを読んでいたら、行動が具体化できる、覚えやすいキーワード(フレームワーク)を見つけました。このフレームワークは御著書の中にも出てきていますが、みなさんも自分の目標を当てはめてみませんか。すぐに実行に移したくなりますし、習慣化しやすくなると思います。

そのキーワードとは、「SMART」です。

目標を具体化する「SMART」
   1.シンプルにする(Simple)
   2.なるべく数字にする(Measurable)
   3.少し頑張れば達成できることにする(Achievable)
   4.成果が測れるものにする(Result-Based)
   5.期限を区切る(Time-oriented)

とても簡単です。  

私は今年、英語のディベートサークルに参加します。

ディベートとは、あるテーマについて、賛成派と反対派に分かれ、双方が主張と論拠を述べて意見をたたかわせるものです。

今の時点では、英語で自分の意見を言うだけでも大変に思えますし、留学経験もなく、帰国子女でもない私は、正直おじけづいています。ディベート経験も皆無なので、しどろもどろになることは間違い有りません。まして英語の文法など正しく使えるはずがありません


しかし、次のようにSMARTに基づいて計画を立てたところ、俄然勇気が湧いてきました。

・ S・・・結論1つにつき、根拠を最低3つは述べられるようにする 
・ M・・・1ヶ月に最低1回は参加する
・ A・・・平易な英語で、ゆっくりわかりやすく話す
・ R・・・出席ごとに毎回ブログで達成度を報告し、次回の課題を書く
・ T・・・まずは今年1年間続ける 

SMARTで目標を分解する前は、漠然と不安をいだいていたのに、なぜかクリアできそうな気がしてきました。

ほかにもSMARTを使って初めてのことにどんどんチャレンジしていきたいと思います。特に資格試験の勉強には親和性があるフレームワークだと思いますので、是非活用してみてください。

2011年1月3日月曜日

1年のインプット計画を立てる

2011年もスタートをきりました。

まずは、毎月テーマを設定して、インプット計を立ててみるのはいかがしょう?

テーマ設定のいいところは、短期間に集中してそのテーマに触れるので、乱読するよりも自分の骨肉になりやすいからです。

あちこち気が散って、結局1年後には中途半端なことしか身についていなかった、となるよりも、じっくり腰をすえてみませんか?

まずは私の1月~3月のインプット計画の例を挙げてみます。途中で新しいテーマに方向転換するかもしれませんが、仮にでも、テーマを決めておくと、「次に何をしていいかわからない状態」は回避することができます。

まず、1月は、1年のスタートですので、人間にとって本当に大切なこと=「原点回帰」を意識したいと想います。

☆1月 人間としての基礎 (生きる力)

①「森の生活」  本当に必要なものだけで暮らす生活を知る


本書は、『銃・病原菌・鉄』の作者ジャレド・ダイアモンド氏が、人生で最も影響を受けた本だそうです。

文庫本バージョンで上巻下巻が出ているのですが、ブログ“Find the meaning of my life ”の@kazumotoさんより、こちらの新装版の方がオススメと教えていただきました!確かに新訳の方が読みやすそうです。お値段はしますが、大きな図書館にはあるかもしれません。

いい情報をいただいたkazumotoさんに御礼申し上げますm(_ _)m
※kazumotoさんのレビューはこちら!→http://kazumoto.jp/?p=73


ウォールデン 森の生活
ヘンリー・D. ソロー
小学館
売り上げランキング: 41453

②裸でも生きる2  情熱を持って進むために

発展途上国の人々の自立支援を行動に移されている、山口絵理子さんの心意気にとても魅力を感じています。自然体で情熱的なところが魅力。

裸でも生きる2 Keep Walking私は歩き続ける (講談社BIZ)
山口 絵理子
講談社
売り上げランキング: 2893

③幸田露伴    日本の哲学を見直す

幸田露伴の語録に学ぶ自己修養法
渡部 昇一
致知出版社
売り上げランキング: 176918
努力論 (岩波文庫)
努力論 (岩波文庫)
posted with amazlet at 11.01.03
幸田 露伴
岩波書店
売り上げランキング: 6307

④彼女を守る51の方法  天災時に自分と大切な人を守る方法を知るために

この漫画、内閣府のHPでも紹介されています。
http://www.bousai.go.jp/km/gst/ssh19015.html

災害時の人間心理や、性犯罪の防ぎ方まで描かれています。


☆2月 社会を知る (関わる力)
 
2月は、自分と社会(世界全体)とのかかわりに重点をおいてWatchしていきます。

⑤デフレの正体  統計を正しく解釈する方法を知る


お正月にNHKスペシャル「ニッポンの生きる道」を見て、著者の藻谷さんの解説を聞き、数字の読み方や現場の観察眼に感銘を受けました。

デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)
藻谷 浩介
角川書店(角川グループパブリッシング)
売り上げランキング: 12

⑥英語ニュースを毎日聴いて、世界全体の流れをつかむ

ニュースを英語で聞くこと自体が初心者の方には、こちらがオススメ。NHKが放送している国内ニュースをスクリプトと単語集で教材化したサイト。無料です。
http://cgi2.nhk.or.jp/e-news/index.cgi

慣れてきたら、CNNなど海外のサイトを聴いてみるといいと思います。

☆3月 スキルアップ (貢献する力)

3月は、いよいよ今自分が必要なスキルを整理し、徹底的に活用していきます。仕事で常にアップデートをしていても、強化月間があるといつも以上に成果があがります。

⑦クラウドコンピューティングに慣れる

仕事だけでなく、遠くに住む複数の家族や親戚との情報共有(法事日程や管理費用、重要資料の共有など)など、チーム全員で何かを進めるために最適なスタイルをつくりたいと思います。。

クラウドHACKS! ―同期と共有でラクチン・ノマドワークスタイル
小山龍介
東洋経済新報社
売り上げランキング: 185

残業ゼロ! 時間と場所に縛られない クラウド仕事術 (アスカビジネス)
岡田 充弘
明日香出版社
売り上げランキング: 136957

⑧英語で論理思考力を鍛える
英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング
植田 一三 妻鳥 千鶴子
ベレ出版
売り上げランキング: 3120

⑨成年後見制度、債務整理(民事再生・自己破産・破産管財)の手続きについて、マニュアルにのっていないイレギュラーな要素を整理しておく
法律事務職員簡単倒産マニュアル―破産手続・個人債務者再生手続 (お助けBOOK)
パラリーガルクラブ
弘文堂
売り上げランキング: 180448


3月なんて本当にあっという間です。

仕事とルーチンの毎日の中でも「視点の移動」をしたり、「新しい方法」を学び、ほとんどのことはスムーズに解決できるようになりたいものです。

流されているだけだと、やわな自分になってしまうという自戒の意味を込めて。