2011年8月7日日曜日

英語が上達しない5つの理由

英語学習は気楽に始めることが出来ますが、継続し、上達させるには、「帰国子女や、すでに英語をマスターしている人にはかなわない」というようなメンタルブロックを取り除いて、自分にとっての効果的な学習方法を更新し続ける必要があります。
今日は、その第1ステップとして「英語を勉強しているのに、なかなか上達しない」という悩みの背景をさぐってみたいと思います。

【英語が上達しない理由】

① 恥をかくのが怖い
英語学習のうち、日本人が最も苦手とする分野が、英会話だと思います。文法を理解していて、ボキャブラリーが豊富でもなかなかスムーズに喋れないというのが外国語です。スムーズに何でもしゃべれる様になるには、1年くらいは「ぶつ切り単語で会話するのが当たり前」くらいに考えて、変なプライドは捨ててしまいましょう!
他人の英語力をバカにするような人は、そもそも言語習得力がない人だと思います。
人の目など気にしないことです。

② 惰性で勉強している
私がまさに当てはまります。惰性でリスニングなどをしているだけで、ノートにまとめたり復習をしないので、覚えた側からザルのように記憶が漏れます。よって、英語の勉強会などで「自分がしっかり勉強しないと、人に迷惑をかける」というプレッシャーなどを生み出すことはとても有効だと思います。単発でもかまいませんので、英語の勉強会を開いてみてはいかがでしょう。モチベーションと刺激が得られ、惰性から抜け出すことができます。

勉強会はハードルが高いと感じる場合は、まずは自己学習を工夫することから始める必要があります。ちなみに、高校の恩師によれば、「ザルでもいいから続けなさい」といわれていましたので、全くやらないよりは惰性であっても続けたほうが成長できることは確かだと思います。 


③ 中高生の頃、英語の勉強をさぼりすぎた
学校の勉強は基礎中の基礎なので、それをすっとばして英語力をいきなり身につけるのは難しいと思います。高校時代に、構文や文法、例外、イディオム、フレーズ、単語、膨大な量を必死で覚えて、それでもほとんど忘れてしまった、という場合なら問題ないと思います。すぐに復活できます。基礎の上に色々積みあげるのは、建築と同じだと思います。サボっていた場合は、まずは基礎から。

④ 参考書の買いすぎ
「買っただけで勉強した気になっている」。これは、どの学習分野でも最悪なケースだと思います。 

⑤ スランプを乗り越える精神力に欠ける
コツコツ続けるとある日突然出来るようになるのが語学です。テストの点数も飛躍的にあがったり、自分の言いたいことが、英語でしゃべっている意識もなくスムーズに出てきたり…。その瞬間を1度でも味わえば、長いトンネルに耐えらることができます。最低一年は勉強をコツコツ続けてみることをお勧めします。かく言う私も、「突然できるようになった」という体験は今まで2度しかありません。高校2年生の時と、30歳をすぎて、20代はずっと800点台だったTOEICが突然900を超えた時でした。本当に長い道のりでした。最近では、会話力に力を入れていますが、たまに奇跡の瞬間のように言葉が溢れでてくる時があります。しかし、無意識に何でも話せるようになるには、2,3年かかるのではないかと思っています。


※以下は、現在30代の方、40代の方が英語の勉強をモチベーションアップするのにおすすめの本です。知識と経験が増えるほど、使う英語も豊かになると思います。