2012年6月24日日曜日

「日経ビジネスアソシエを読む会@名古屋」1周年記念に坂巻編集長が登場!!~その②~


(じゃんけん大会でいただいた、アソシエオリジナル美文字用シャープペンシル。書き心地がすごくよかったです!)

昨日のエントリーの続きです。

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2012年 07月号 [雑誌]

日経BPマーケティング (2012-06-08)

☆ノート術特集で読書会


日経ビジネスアソシエ7月号の特集は、「仕事に効くノート術」です。

ノートは、自分流にカスタマイズしてこそ、有効活用できるものだと思います。

今回のアソシエ読書会では、職業も、年齢も性別も異なるグループのメンバーたちが、特集の中で参考になったノートの使い方と、各自の活用法ついて語り合いました。
 
どんな話をしたかを一部ご紹介します。

Dグループのディスカッションの内容

・特集記事の中で、自分と同じ職業や同じ手帳(フランクリン)を使っている人がいて、ダイレクトに参考になった。

・特集記事にあるように、文献のサマリーをノートに書いておくと、覚えやすくなる

・やりたいことをノートに書くだけでなく、実際にアクションに移すにはどうしたらいいか

・機能性だけでなく、わくわく感をいかに作り出せるか→見直すためのノートだから。

・調べ物をしたときに、どのようにノートにまとめておくと、自分用のWikipediaができるか(実例を見せていただきました)。

・調査結果を記録する場合、ノートには、事実と評価に分けて書くべきか


 
これ以外にもそれぞれにノートの使い方にはこだわりや悩みがあり、時間がいくらあっても足りないほどでした。この読書会では、坂巻編集長も各テーブルを回り、ディスカッションに参加され、参加者からの質問にも気さくに答えてくださいました。



☆編集長を囲み、ひつまぶしでランチ会!



イベントの後は、名古屋駅近くにある、「やわらかひつまぶし」で有名なうな善さんでランチ会食会が行われました。

アソシエのノート術で取材を受けられ掲載されたTさんや大橋さんも参加され、ダイエットと記録についてのお話をお聞きしたり、ガムテープやリングを使って独自に改良したニーモシネの現物を見せていただくなど、ノートに纏わる話はここでも尽きることがありませんでした。

大橋さんからは、「大橋ノート」のパンフまでいただいたり、自作ノートの作り方や文具や、将来の夢なども熱くプレゼンしていただき、そのころにはもう、オリジナルノートの魅力にどっぷりとつかってしまいました。

(アソシエ7月号の58ページ、59ページに大橋さんのノート術が登場!左のパンフは大橋さん自作のもので、なんと、大橋さんからいただいてしまいました!大橋ノートの秘密がすべてがここに明かされています。ありがとうございました!)
(大橋さんは、文具にも詳しく、動物型クリップの他にも、実用的にもデザイン的にも優れたハンガー型のクリップを見せてくださいました!)


※大橋さんのブログは圧巻です!是非ご覧ください!↓
http://jetosu0505.blog.fc2.com/

坂巻編集長からは、ご自身が取材に関わった文庫本の紹介をいただいたり、アソシエの店長図鑑のコーナーのコンセプトをお聞きできたり、付録作成の秘話が飛び出したり、トークが様々な方向にに脱線していきました(笑)!

(以下、私も脱線)それにしても、以前、講談社のクーリエジャポン編集部にお邪魔した際に、当時の編集長さんのお話を伺った際にも思ったのですが、好きなことを仕事にされている方は、お肌のツヤがいい、ということを確信しました。すごくハードな仕事をされているはずなのに、坂巻編集長もみずみずしいお肌の持ち主なので、びっくりです。


アソシエでも、美文字だけでなく、ビジネスに効く!美肌特集も是非扱ってほしいと思いました。

このたびは、主宰者のおおももさんやお手伝いのスタッフの方のおかげで、とても充実した休日を過ごす事ができました。どうもありがとうございました!



日経ビジネスアソシエ読書会は、本家の東京のほかに、名古屋でも開催されています。平日の朝、名古屋駅近辺での参加が可能で、御興味のある方は、是非Facebookをチェックしてみてくださいね!

0 件のコメント: