2012年9月26日水曜日

自分の強みに集中する!「ウェルダイナミクス」の適性診断にトライした

☆自分の強みを全く生かせてこなかった


レビュープラス様より、ウェルダイナミクスの適性診断のクーポンをいただきましたので早速ためしてみました。

私の結果→直感型のクリエイターで、内向性、外向性は同じくらい。


結果を見たところ、結論としては、「私は、最も適性からかけ離れた職種についている」ということです(笑)。

うすうす気づいてはいました(苦笑)。

私は、元来、直感型、クリエイター気質であり、事務遂行能力や思考力は弱いのです。

しかし、15年も同じ仕事(法律事務所の事務)をやっていると、不思議なもので一応板に追ついてくるようで、

おそらく社内の評価は「まじめでこつこつ、冷静で物事をよく考えている人」だと思います(笑)。

実は、仮りの姿です(笑)。

みなさんも、自分の適性ズバリで働いている方は少ないのではないでしょうか。

☆非常によく分析された適性診断

就職活動の際に、大学で適性診断を受けました。

その際も「クリエイター気質」という結果でしたが、

かなりおおざっぱな診断だったので、あまり役に立ちませんでした。

実際働いてみた後、自分や仕事をよく理解できるようになった今、詳細まで分析される適性診断を受けることは非常に有意義だと思います。

おそらく転職エージェンシーを訪問すればこのような適性診断は受けられるのかもしれませんが、

ウェルダイナミクスの適性診断は、まずは自分を振り返り、将来の仕事を考える上で非常に役立ちました。

仕事の現場での「強み」と「弱み」を客観的にズバリと指摘してくれるので、

「ああ、やはり、多くの人材の中で私はこういう存在なんだな」とはっきりわかります。

有名な「ストレングスファインダー」よりも優れた分析だと思います。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす
マーカス バッキンガム ドナルド・O. クリフトン
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 116

☆一度きりの人生、自分の強みに集中したい

仕事は、人生の大半をささげる時間です。

生活のためというだけで、世間体を整えるためというだけで仕事を選ぶのは、自分に対する裏切りかもしれません。

自分の強みをはっきり認識して、そこに集中した方が、幸せ感はぐんとアップするはずなのです。

会社で無理なら、趣味として、副業として「自分」を取り戻すことができれば、充実した毎日になるにちがいありません。

自分の適性を無視して40代、50歳代を生きるのはちょっともったいない気もします。

☆自分を知る作業

色々な適性診断がありますが、ウェルダイナミクスは実践的です。

下記にサイトがありますが、「自己啓発系の何か」的で、現実主義の私は少し引いてしまいました(苦笑)。

http://jwda.org/whatiswd/base.html

しかし、適性診断は非常に的確でした。やってみてよかったです。

例えば私の結果は、このような感じです(一部のみ抜粋)。

強み:明確なヴィジョンを持つ、創造力が豊か、楽観的、刺激を与える、他人にやる気を起こさせる、利益をすぐに生み出せる、物事を始めるのが得意


成功:物事を予算内に遂行するチームと一緒になり、自由に作り出せる環境があると力を発揮する。商品やビジネスをつくる制作チームの中で、商品開発から販売まで、常に物事を作り出す分野にフォーカスしていると、秀でた才能を発揮する。

フローを生む役割:全体像を見る、ビジネス戦略、ブレインストーミング、商品開発、導入初期、設計、販売戦略

読んでいるだけで、「そうそう!こういうの、自分にとってすごく楽しい!」という結果がでました。



※「ユダヤ人大富豪の教え」などのビジネス書著者の本田健さんと、ウェルダイナミクスの開発者のロジャーの講演が東京で行われるそうです。

http://jwda.org/wdf2012/

ユダヤ人大富豪の教え
ユダヤ人大富豪の教え
posted with amazlet at 12.09.26
本田 健
大和書房
売り上げランキング: 1466

0 件のコメント: