2012年9月15日土曜日

TEDを使って生きた英語とアイデアに親しもう!

☆TEDは生きた表現の宝庫

TEDとは、アメリカで発祥し、学術・エンターテイメント・デザインなど様々な分野の世界中の人物がプレゼンテーションを行ない、アイデアを発表する場として有名です。

NHKでも「スーパープレゼンテーション」という番組が組まれ、毎週TEDの魅力を伝えています。
多くのスピーチの中でも、一般人にわかりやすく、特に面白いものが厳選されており、MITメディアラボ所長の伊藤譲一さんの解説付で楽しめるため、私は毎週録画をしています。

私の印象では、アメリカでは、「素晴らしいスピーチを聴きたい」という文化が一般市民に浸透しており、例えば選挙に向けた政治家のスピーチにも人がたくさん詰めかけています。

確かに、アメリカの有名人のスピーチは、映画や演劇を見に行くのと同じくらい感動や活力が湧いてくるものが多いです。

おそらく、スピーチは「エンターテイメント」のひとつとして考えられているのではないでしょうか。

それに比べると、日本人は「感動を呼ぶ」ほどの演説をするスキルを身につける意欲に劣っている気がします。

TEDのスピーカーを観察してみると、アイデアの斬新さ、話の展開のダイナミックさ、感情表現の豊かさに心を動かされ、私たち日本人が普段意識していなかったスピーチ術を学ぶことが出来ます。

中でも、

①新しいアイデア・考え方・発想を生むこと

②表現力(話に引き込む力)

③生きた英語

を徹底的に身につけたい人には最高の教材となり得るでしょう。

もちろん、日本語の字幕やスクリプトも表示できますので、英語に興味がなくても、スピーチの勉強になります。

☆どのスピーチをみたらいい?


数あるTEDのスピーチの中で、どれを見たらいいのか迷ってしまうのですが、

NHKの「スーパープレゼンテーション」で紹介されているものはどれもわかりやすくて面白いです。
その中で、

「聴きとりやすい英語」
「物の見方が変わる」

という自分なりの基準を持って1つだけ選び出し徹底的にまねしてみる方法がおすすめです

例えば、スーザン・ケイン氏の「内向的な人が秘めてる力」には共感した方も多いようで、色々なところで話題になっていました。外向性だけでなく、自分の中にある内向性をもっと評価し、考えを深める時間を大切にしたいと思えるようになりました。

英語も美しく明瞭です。


もうひとつは、こちらも斬新な統計の見せ方で有名なハンス・ロズリングのスピーチ。

全く興味のなかった統計学にとても興味をかきたてられました。

英語はスウェーデンの英語なので、どちらかというとイギリスアクセントに近いように思いますが、 速度がゆっくりなので、聴きとりやすいです。

☆英語教材としてどのようにつかいこなせばいい?

TEDを使って英語を学ぶ場は、すでにいくつかあります。

例えば、

・東京の学生が中心となって全国的に広がっている、TEDを教材に英語でディスカッション、ショートスピーチをする「TEDee」

 ・オンライン英会話「ラングリッチ」ではTEDをもとにした学習教材が公開されている。 どちらもTEDのよさを生かした学習方法だと思います。 これらの勉強方法を参考にして、効果的なTEDの活用法を考えてみました。

  【私が実行したいTEDの勉強法】
・一人で勉強するにはもったいない。とても面白い教材なので、グループで学ぶ場があるとよい。

・気に入ったスピーチは丸暗記。表現力も真似をすること。(生きた英語を身につけるには、そっくりそのまま真似をすることから始まる)

・スピーチを聴いた後で、感想や意見を英語で述べる訓練をするとよい。

・スピーチを聴いて、「私たちは今後どうすべきか」をエッセイにして書いたり(構成をしっかり考えて書く)、ディスカッションする。


基本的に、どんなことでも勉強した気になってるだけじゃダメで、本当に身に着けるには高いハードルとプレッシャーと発表の場が必要だと感じます。

  一人でこつこつ勉強していると、猛烈な寂しさに襲われるので(笑)

  TEDを使った勉強会、名古屋でも行われるといいな、とひそかに希望しています。

2 件のコメント:

山口由紀子 さんのコメント...

以前Emglish Jounalを読む会ご一緒させてもらったものです。

最近TEDを使った英語の会に参加するようになりました。

いろいろ検索してたらこの日記にたどりついて、もしよかったら一度チェックしてみてください。
https://www.facebook.com/groups/567982353223046/

BUSHIDOU さんのコメント...

山口さん、TED勉強会、名古屋でもいくつかできてきて、是非参加したいと思っていたところでした。

休日午前中開催という形態が一番都合が合いますので、折を見て是非参加させてください。

予習などのハードルが高いほうが参加しがいがあるので、山口さんの勉強会に期待しています!