2012年11月11日日曜日

美崎栄一郎さんの「本質を考える力」に圧倒された!名古屋ライフハック研究会vol.20

美崎さんは全国を飛び回られています。是非講演を聞いてみてください。

 
1110日(土曜)午後13:30より、名古屋駅前ウインクあいちにて行われた名古屋ライフハック研究会vo.20(ちょうど20回記念!!!)に参加してきました。
 
会場には、スタッフの著名ブロガー、コウスケさんセレクトの、ボサノヴァ風のバカボンの曲が心地よく流れ、
 
受付のスタッフ@seven777さんとkomatsunaさんのお心のこもったおもてなしがあり、温かな気持ちになりました。
 
そして、sevenさんのお土産の上品なお菓子がふるまわれ、このままお茶会をしたい気分に駆られました。本当においしかったです。
 
セブンさんのチョイスはセンス抜群。繊細なお味です。
 
 
今回のゲストは、美崎栄一郎さん。
 
テーマは「机術」でした。

美崎さんがゲストの時は、女性参加者が増えるので、とても華やかな場となりました。
 
甘みが上品。石川県を訪れたくなります。
 
 
オフィスの机改造大作戦!

 

オフィスの机は、誰もが毎日使っているにもかかわらず、意外と最適化していないものです。
 

美崎さんの講演を聞き終わった後には、早く職場に行って、机周りを徹底的に大改革したい衝動に駆られました。「早く月曜日にならないかなあ!」と土曜日に思ったのは初めてですw
 

オフィスの机は、家の机と違って制約が多いもの。
 
不便が多くても、しょうがない、と諦めてしまって、画期的な改造をしていない人も多いと思います。しかし、美崎さんのヒントをもとに自分の机を見直すと、改善点が山のように出てくるのです。
 

美崎さんの視点は、

・人間関係

・自分の仕事のフロー

に重点を置き、オフィスの道具の選び方や置き方を考えるというものでした。

 
LTのまとめは、次回のエントリーに。お楽しみに。

美崎さんの「机術」に関する新刊が楽しみです!

 

最初に机術ありきではなく、仕事の本質の部分から考えるというアプローチに感銘を受けました。

例えば、

  パソコンのモニターを置く角度、位置は人間関係から考える(上司の様子を察する、好きな異性を見られる位置などw)

  机上台の上にモニターを置いて、下にキーボードをしまう。

  右利きなら電話は左に。

  机の上は「アピール」に使える(ex.やってみたい仕事に関連する書籍を置く、山積みの仕事を演出など)

  仕事仲間の机の上には、その人の仕事の遂行能力が現れる。(中尾彬状態になった電話のコード、PCに古い付箋がびっしり貼ってある、机の下に書類を置いている人)

 

など、サラリーマン時代につぶさに色々な人のデスクを観察したり、自ら工夫してスムーズに仕事が進むように編み出された名案を次から次へとお話されました。
 

来年、美崎さんは机術に関する本を出版される予定だそうですので、是非読んでみたいと思います。

 

美崎さんの2013年手帳やこれまでの著書のご紹介

 

美崎さんの強みは、ズバリ、「驚異の気づき力」だと思います。

 

おそらく子どもの頃から、色々なことをつぶさに観察し、物事の変化や違いなどをとらえて「なぜだろう」と考え抜かれているはずです。講演や懇親会でのお話すべてに「ものの見方の丁寧さ」「アイデア」を感じました。

 
本質的で科学的で楽しい「仕事術」を身につけたいビジネスマン必読のご著書をご紹介します。私の一押しは『気づかいの極意』です。思いやりの表現の仕方が絶妙です!

美崎栄一郎の「結果を出す人」のビジネス手帳2013
美崎 栄一郎
永岡書店
売り上げランキング: 20899
「結果を出す人」の手帳の秘密
美崎 栄一郎
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 63372
Facebookバカ  友達を365日たのしませる男の活用術
美崎 栄一郎
アスコム
売り上げランキング: 11502
アイデアは才能では生まれない
美崎 栄一郎
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 20380
[書類・手帳・ノート・ノマド]の文具術 楽しんで仕事の効率をあげる!
美崎 栄一郎
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 27482
枠からはみ出す仕事術
枠からはみ出す仕事術
posted with amazlet at 12.11.11
美崎 栄一郎
サンマーク出版
売り上げランキング: 235499
通勤どこでも仕事術
通勤どこでも仕事術
posted with amazlet at 12.11.11
美崎栄一郎
ぱる出版
売り上げランキング: 423552
がんばる人ほど見落としている気づかいの極意
美崎栄一郎
フォレスト出版
売り上げランキング: 23801

0 件のコメント: