2012年8月21日火曜日

【書評】優れた経営者はなぜ話が面白いの?『ストーリーとしての競争戦略~優れた戦略の条件~楠木建著』

ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)

★競争戦略を語る楠木教授が熱い!!
【今日のイラスト】クリックして拡大

本書は、2010年の発売当初から話題となっており、当時、読書会の課題本として読みました。

著者は、一橋大学のビジネススクール教授で、競争戦略とイノベーションを研究されています。
というと、論文調の本なのかな、とのイメージを抱きがちです。

しかし、本書のまえがきだけでも目を通せば、まるで話を聞いているかのようなライブ感、リズム感があり、リラックスして読める本だと思います。しかも、内容が骨太です。

著者による、本書の解説が下記リンク先にあります。少しだけ引用してみると、

“すぐれた経営者はあらゆる文脈に対応した因果のロジックの引き出しを持っている。しかもいつ、どの引き出しを開けて、どのロジックを使うかという判断が的確だ。”

是非、ここだけでも読んでみてください。↓
http://president.jp/articles/-/5887


★人は、物語のある事業に魅惑される

私が本書の内容を一言で表すとするなら、以下のようになります。

優れた戦略には、因果論理が十分で持続的に競争優位をもたらすストーリーがある。そして、ストーリー創りにはスキルではなく、人を喜ばせたいという情熱とセンスが必要。

本書には、「話がとにかく面白い」ということが優れたリーダーに共通の特徴のようだとかかれています。

成功する戦略とは、その戦略にかかわる人々を面白がらせ、興奮させ、彼らを突き動かす力があることが絶対の条件だと著者は言います。

確かに、面白い話を聞くと、ワクワクするので、一緒に神輿を担ぎたくなります。参加しよう、協力しよう、購入しようという気持ちになります。
そして、面白い話には、印象的なWHY(なぜ?という根拠・理由)があるようにも思います。

私が「優れたストーリー戦略」と聞いて、真っ先に思い浮かべたのは、発展途上国から世界に通用するブランドを作ろうと起業された山口絵里子さんのコンセプトです。

山口さんのバッグブランド「マザーハウス」のサイトに、そのストーリーが書かれています。↓

http://www.mother-house.jp/story/


私は、このストーリーを実現させてしまった1人の若い女性の行動力に感銘を受け、スタディーツアーに参加して、実際にバングラディシュの工場の見学に行ってきました。確かに、そのストーリーは
工員さん達にも共有されており、バッグ製作中にもアイデアが飛び交うような非常に活気のある現場でした。



山口さんのストーリーに感動した日本の消費者は、マザーハウスの商品を買うだけでなく、そのストーリーも一緒に買っている気がします。

★本書について、もっと知りたい人のために

私の書評は、引用をあまり載せないようにしているので、要約や引用から本書の魅力をたどりたい方には、以下の書評がお勧めです。色々な書評の中でも特に素晴らしいものをピックアップしました。

北海道大学の教授が非常に分かりやすい要約を書かれています。
http://www.jfc.go.jp/common/pdf/ronbun1011_05.pdf

ビジネス書評でおなじみのsmoothさんの『マインドマップ的読書感想文』
http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/51870743.html

魅力的なお店、事業を展開・持続させたい方にとって、本質的な示唆が得られる良書です。
ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)

2012年8月18日土曜日

【書評】最強キャラの瀧本先生から手に入れろ!『武器としての決断思考』

武器としての決断思考 (星海社新書)
瀧本 哲史
講談社
売り上げランキング: 807

京大最強授業と言われ、今最も必要な思考術を説く「武器としての教養シリーズ」の著作が人気の瀧本哲史先生。

星海社のジセダイサイトにアクセスして、初めて瀧本さんが話される動画を拝見した時、まだ学生と言っても通用するほどの若い外見と、とんがったトークに強烈なインパクトを受けました。

一度お会いしたら二度と忘れないであろう存在感に圧倒されながら、本書を読みました。
 
 
★本書を読んで、格闘してみよう

本書には「読書とは格闘技です」と書かれています。是非、瀧本先生を論破する気持ちで、格闘してみてください。

私は、内容を完璧に理解して、さらにクリティカルに読んでみようと鼻息が荒くなってしまいました。


★「武器としての決断思考」のポイントを整理してみた。

決断思考とは知識を判断と行動につなげるための考え方であり、ディベート思考である。

・自分ひとりの考えはゆがみやすい。よって意識的に複数の視点をぶつけ合うことで、「いまの最善解出す必要がある。



一言でいえば、「ある行動をするべきか否かを、賛否両論を比較して答えを出す」ということです。しかも、適当に比較するのではなく、もれなくダブりなく徹底的に!!
 


◆ディベート思考の方法◆

▲論題を特定する→「ある具体的なプランを実行するかしないか」

▲ある具体的な行動を実行したときのメリットとデメリットを比較して、最善解を出す。

▲結論の内容よりも「結論に至る筋道」を重視する(筋道がはっきりしていれば、修正が可能だから)。

(※メリットやデメリットが成立するためには、それぞれ3つの条件があるなど、複雑な部分もあります。本書の具体例を読めば、すっきりと理解できます。)


★自分の人生の決めごとにあてはめる

私は、家計の収支にかかわる意思決定をこの“ディベート思考”で行いました。

なぜなら、最後に責任をとるのは自分なので、思いつきで決めたり、世の中の多数派の行動の真似をしたくなかったからです。

本書を読んだら、自分が決めたいこと(例:個人年金や医療保険に入るか、マンションを買うかなど)にあてはめて、賛否のフローチャートを作ってみるのがおすすめです。

フローチャートの作り方は本書に載っています。

武器としての決断思考 (星海社新書)
瀧本 哲史
講談社
売り上げランキング: 807

2012年8月16日木曜日

経営センスも光る!「エルクアトロギャッツ」のベーグルがおいしい!

☆おいしいベーグルに出会った!

先日、実家に帰った時、帰省していた妹が「おいしいベーグルがあるよ!」と教えてくれました。


普通のパン屋さんで売っているベーグルは、すこし中途半端で、「おお!」というモッチリ感や、練りこんだ具材のバランスが絶妙なお店はなかなかありません。


有名なベーグル店で、名古屋に店舗があるのは、「ベーグル・ベーグル」と「マコーズ・ベーグルカフェ」で、どちらも美味しいのですが、それ以上に美味しかったのが、妹がオススメしてくれた、


「エル・クアトロギャッツ」のベーグルです。


4匹の猫、というなんとも可愛らしいネーミングのお店です。


「エル・クアトロギャッツカフェ」が岐阜県大垣市のイオンタウン大垣(映画館・銭湯あり)にありますので、お近くに行かれた方は是非一度味わってみてください(通販は、楽天サイトにあり)。
ベーグルは朝ご飯にすると腹もちがいいです。
私のオススメは、柚子ベーグルやハチミツくるみベーグル



 




☆「エル・クアトロギャッツ」には経営のセンスがある!勉強にもなります。

店長さんは若い女性で、通販も行われているのですが、もし、下記のすべてを一人で考えて創られているとしたら衝撃です。

①パンの中でも、特に「ベーグル」に特化して販売するという選択

②他のベーグル店との差別化(おいしい、素材が安全、手作りなのに大量生産可能、わりと安価)

③おじいさんから孫へと受け継がれたストーリー

④冷凍により通信販売を拡大するという発想

⑤楽天市場店のサイトのセンス

⑥ロゴ・ネーミングのセンス

など、もしかしたらすごいコンサルタントがバックについているのではないかと思うほど完ぺきに練りこまれています。

地方のパン屋さんがいかにハイレベルな経営を目指しているかという視点で是非見てみてください(楽天のお店のサイト)。↓

http://www.rakuten.ne.jp/gold/els4gats/


個人的には、お店にとって「ロゴ」や「ネーミング」のセンスが良くて、脳裏について離れないことってすごく重要だと改めて思いました。

私もイラストやブログのタイトルなどに、「インパクト」を追求してみたいと思います。

次回のエントリー、ご期待くださいw
ネコのロゴが可愛い。冷凍保存できます。

2012年8月12日日曜日

いい読書会はどうやって選べばいいの?

例えば、こんな感じでアウトプットできたらいいかも!
ビジネス書を読む目的の1つは、「未来をより良くするには、どういうアクションをすべきか」を考えるためだと思います。
 
よって、読書会では、

「こういう点が自分の仕事に役立てられる」とか
「実行してみたら、こんなことに気付いた。」とか、
「本を参考にこんなことをしてみたが、うまくいかなかった。何が問題か」


など、実際のアクションと結びついたアウトプットが飛び交うと、有益な時間になります。

今まで、いくつかの読書会に参加してきて、私が「参加してよかった」と思えた時のポイントをまとめてみました。


★良い読書会の7つの特徴



   ある程度の読解力がある人が集まる

物事を表面的でなく、十分理解しようとする姿勢の人達が集まる方が、意見交換が活発になります。

   参加者全員が事前に読みこんでくる(予習は大事)

予習が十分出来る人は、本業の仕事でも事前準備がしっかりできる人だと思います。事前に情報を共有していないままディスカッションに加わると、スピード感が落ちるので、時間が有効に使えません。

   自分の仕事や経験と絡めてアウトプットし合える

具体的な内容に落としこんで話し合うことで、より理解しやすくなります。

   未来を予測しながら、建設的な語り合いをする

今後どうなるのか、今後どうしたら良いのか、という視点のもとで話し合うことで、よりよい未来を作るきっかけとなります。

   脱線したり発想の転換を交えたり、あらゆる角度からのアプローチがある


会議ではないので、決議は必要ありません。よって本線からそれていくのも俯瞰的な視点の獲得につながります。新しい発想を妨げない寛容さがあると、思いもよらないアイデアが出ることがあります。

   議論を深めるのに十分な時間がある

不完全燃焼感が残らない程度の時間があることもポイントです。

   6人グループがベスト

個人のキャラクターがよくあらわれて、ディスカッションが活発になる人数はズバリ6人程度です。



基本的には、参加者の「読む→考える→未来をよりよく変える行動をとる」という意識が一堂に高ければ、上記は自然に満たされてしまいます。

自分自身が他の人にとって良い参加者になるためにも、この読む→考える→未来をよりよく変える行動をとる」は常に意識して行きたいと思います。


※新しい試みとして、イラストを入れてみました。絵は感性に訴えるので、より伝わりやすい気がします。

2012年8月3日金曜日

飽きずに続けるにはどうしたらいいの?


★「飽きる」をなんとかしたい!




紅茶だって、色々な飲み方ができます。桃やオレンジ、ハーブやマショマロをトッピングなど。


オリンピックを見ていたら、「アスリートは毎日毎日同じ練習を繰り返して、プログラムに飽きないのかな。」とふと思いました。


私自身の体験から言えば、好きな勉強や趣味をしていても、単純に同じこと(同じ参考書など)を繰り返していると脳が飽きてしまいます。

目的意識が明確で、難関の資格試験に合格した知人も、「長期間にわたって、いかに勉強に飽きないかが一番の課題だった」と語っていました。

同じ仕事を続けているとだいたい10年で飽きてくるという話もよく聞きます



★「飽きない工夫」を書き出してみる



先日37歳で現役を続けている、ハンマー投げの室伏広治選手の特集をテレビで見ましたそこで気付いたことを含めて、「仕事・練習・勉強に飽きないようにする工夫」について書き出してみました。



    ゼロベースで全く新しい練習方法に変えてしまう

室伏選手は「赤ちゃんトレーニング」を始めて、根本から体の動かし方を変えたそうです。

↓詳しくはNHKのサイトへ





それまでのトレーニング法を手放して、新しいメソッドを始めるのには勇気がいると思います(結果が出るかどうか不確定のため)。

しかし、理論的に納得できる方法を見つけたら、その方法に完全に切り替えてしまう方が近道かもしれません。

英語の勉強法も、その時の自分のレベルに合わせて「英語でブログを書く」とか「英字新聞を写経する」など、アウトプットの方法をがらっと変えてしまうのも有効なのではないかと思いました。

仕事においても、転職を考える前に、自分の仕事のスタイル(やり方)を完全に変えてしまうという方法があるのではないでしょうか。



    空白期間を作って、熟成させる

 アスリートや舞台に立つ人(バレリーナ、ピアニスト)達は、一日練習をしないと、がくっと力が落ちるといいます。確かに、仕事も勉強も、数日やっていないと、再開した直後は感覚が鈍り、焦ってしまいます。

しかし、私の一般市民としての経験則上、毎日やっていることをしばらくお休みしてみると、飽きるほど続けた時に比べてスキルが上がることが多いです経験や知識が熟成した感じです。例えば英会話も、半年ほど休んだ後の方が「がんばり感」が抜けて自然体で話せることがあります。



    短期集

だらだら長期的に続けるよりも、期限を設けて一気に集中するのが最も飽きない方法だと思います。私の経験では簿記やFP英検などの過去問を解く作業は、3ケ月徹底集中がベストのような気がします。


④ 成長し合える仲間、目標となる人物に合う

 仕事も勉強も練習も、刺激し合える仲間や、目標となる人物がいてこそ続けられます。

1人でやっていると、外界からの刺激がないので飽きやすくなるのではないでしょうか。

やはり、志が似ている友達は大切です。


真面目すぎないことも大事


その他、工夫上手、息抜き上手、遊び上手、も飽きずに続けるポイントだと思います。

なぜなら、ぴんと張った緊張状態が続くと、折れやすくなるからです。

自分に合ったリズムや緩急をつけることが大事で、何事も、真面目にやるだけがいいというわけではないような気がしました。